メインメニューを開く

有限会社グランド牧場(グランドぼくじょう)とは、北海道日高郡新ひだか町に本場を置くサラブレッド競走馬の生産・育成牧場である[1]勝負服色は「赤、白山型二本輪、紫袖」[1]。牧場名義で生産馬の所有も行うオーナーブリーダー(馬主兼生産者)。

目次

歴史編集

1927年開場[1]。創業者の伊藤幸太郎は貴族院議員であった伊藤繁太郎の甥で、元は繁太郎のもとで競走馬生産を行っていた。創業以来長らく散発的に重賞勝利馬を出す程度の中小牧場であったが、1985年に父から経営を継いだ3代目・伊藤佳幸から急速な拡大路線が採用され、繁殖用支場と育成施設が各地に整備された。これに伴い従来15頭前後であった繋養繁殖牝馬は約100頭まで増加。ダートグレード競走を中心に活躍したプリエミネンススマートボーイアメリカで重賞勝利を挙げたフェスティバルなど、安定して活躍馬を輩出する有力な牧場となった。2002年には生産馬の獲得賞金総額で第4位を記録している。

2005年、スズカマンボが天皇賞(春)を制し、開場78年目でGI競走初制覇を果たす。2009年にはラブミーチャン全日本2歳優駿を制し、2歳馬として史上初めて地方競馬年度代表馬に選出された。

海外からの繁殖牝馬導入にも積極的で、2018年の米ファシグティプトン・ノベンバーセールでは前年のエクリプス賞最優秀2歳牝馬カレドニアロードを230万ドル(当時のレートで約2億6,450万円)で落札している[2]

日本中央競馬会調教師(美浦TC所属)である伊藤圭三は、現社長・伊藤佳幸の実弟。また、同じくJRA調教師の角居勝彦、元調教師の沖芳夫が牧場に勤務していた。

所有施設編集

繁殖編集

  • グランド牧場本場(新ひだか町)
    • プリモファーム(新ひだか町)[1]
    • 高江繁殖場(新冠町[1]
    • 真歌繁殖場(新ひだか町)[1]

育成編集

主な生産馬編集

2005年天皇賞(春)優勝馬スズカマンボ[3]、2009年度NARグランプリ年度代表馬・ラブミーチャン[4]、2015年チャンピオンズカップ優勝馬サンビスタ[3]などを生産している。

※括弧内は生産馬の優勝重賞競走。地方競馬限定格付けのものは含まない。競走名強調はGI級競走、馬名強調は生産所有馬。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h グランド牧場 - 会社案内”. グランド牧場. 2016年1月9日閲覧。
  2. ^ 日本人生産者がケンタッキー州で優良牝馬を購買(アメリカ). 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2018年11月21日付). 2019年2月20日閲覧
  3. ^ a b (有)グランド牧場 - 基本情報”. JBIS-Search. 2016年1月9日閲覧。
  4. ^ ラブミーチャン - 基本情報”. JBIS-Search. 2016年1月9日閲覧。
  5. ^ マリーンカップ競走優勝馬 - 南関東4競馬場公式  2015年4月16日閲覧
  6. ^ 2015年佐賀記念レース結果 - JBISサーチ 2015年2月16日閲覧
  7. ^ 2015年レース結果 - netkeiba.com  2015年4月1日閲覧
  8. ^ クイーンマンボ - netkeiba、2017年10月6日閲覧

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集