グランヴィル・レドモンド

グランヴィル・レドモンド(Granville Richard Seymour Redmond、1871年3月9日 - 1935年5月24日)はアメリカ合衆国の画家である。「トーナリズム」や「カリフォルニア印象派」を代表する画家である。聴覚障害者で、チャールズ・チャップリンの友人となり、チャップリンの映画にも出演した。

グランヴィル・レドモンド
Granville Redmond
Granville Redmond - Self-portrait.jpg
自画像
生誕1871年3月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, フィラデルフィア
死没1935年5月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, ロサンジェルス

略歴編集

 
チャップリンとレドモンド

フィラデルフィアで生まれた。2歳半の時、猩紅熱に罹り、3歳で回復したが聴覚を失った。家族はレドモンドの教育の機会を与える目的もあって、カリフォルニア州サンノゼへ移住し、レドモンドはバークレー聾学校に入学した。1879年から1890年まで、バークレー聾学校で学び、芸術的才能を見出され、聾学校の教師、デステラ(Theophilus D'Estrella:1851-1929)から絵画を学んだ[1] 。卒業後、サンフランシスコの美術学校(California School of Design)に入学しマシューズ(Arthur Frank Mathews)やジュラン(Amédée Joullin)に学んだ。カリフォルニアで活動していたピアッツォーニ(Gottardo Piazzoni)といった画家と親しくなり、ピアッツォーニはアメリカ式手話を覚え、共同生活を送った。1893年にカリフォルニア聾学校の奨学金を得て、パリの美術学校、アカデミー・ジュリアンに留学し、ジャン=ポール・ローランスジャン=ジョセフ・バンジャマン=コンスタンに学んだ。カリフォルニア聾学校の卒業生で彫刻家のティルデン(Douglas Tilden)と同室に住みパリで学び、1895年のサロン・ド・パリへの出展が受理された。

1898年にカリフォルニアに戻り、ロサンジェルスに住んだ。1899年に結婚し、3人の子供が生まれた。ロサンジェルスに住んでいる間にチャールズ・チャップリンと友人になった。チャップリンはアメリカ式手話を使う障害者の表現力に着目し、サイレント映画の技法に助言を求めた。チャップリンは画家の技量を認め、撮影所にスタジオを与え、レドモンドの作品を収集した。「街の灯」の彫刻家の役など俳優としても起用した。

画家としては多くの風景画を描いた。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Gannon, Jack (1981). Deaf Heritage–A Narrative History of Deaf America. Silver Spring, MD: National Association of the Deaf. p. 136. http://saveourdeafschools.org/Deaf_Heritage_by_Jack_Gannon_page_136.pdf 

外部リンク編集