メインメニューを開く

グラン・カナリア島

グラン・カナリア島西: Gran Canaria)は、北大西洋カナリア諸島を構成する。行政的にはスペインカナリア諸島州に含まれる。島名は「犬の島」を意味する。

グラン・カナリア島
Gran Canaria
Gran Canaria NWW.jpg
Las Palmas panorama.jpg
(上)グラン・カナリア島の衛星写真
(下)ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
座標 北緯27度58分 西経15度36分 / 北緯27.967度 西経15.600度 / 27.967; -15.600座標: 北緯27度58分 西経15度36分 / 北緯27.967度 西経15.600度 / 27.967; -15.600
面積 1,560 km²
海岸線長 236 km
最高標高 1,949 m
最高峰 ピコ・デ・ラス・ニエベス
最大都市 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
所在海域 大西洋
所属諸島 カナリア諸島
所属国・地域 スペインの旗 スペイン
地図
グラン・カナリア島の位置
テンプレートを表示

目次

歴史編集

15世紀にスペイン人によって攻め落とされる前には、グアンチ人スペイン語: Guanches)が住んでいた。どのような状況の下でグアンチ人が入植し、島を開拓して住んできたのかは完全に解明されていない。グアンチ人とはもともとテネリフェ島の原住民のみを指していたため、グラン・カナリア島の原住民はむしろ元カナリア人と呼ばれることが多い。洞窟内に石を用いて建てた円形の住宅に住んでいた。

島には数多くの犬が居たため、ラテン語の「インスラ・カナリア」(ラテン語: Insula Canaria、犬の島)が島名の由来であるとする説がある。しかし、アフリカの北東部に住むベルベル人の一民族であった「カナリイ」から派生したとする説のほうが有力である。

カスティーリャ地方の知事ペドロ・デ・ベラ英語版は、1483年4月には原住民との戦闘を正式に終結した。島はそれ以来、スペインの支配下にある。

地理編集

最高峰は1949mのピコ・デ・ラス・ニエベスである。島内にはカナリア・ビエラ・イ・クラビホ植物園がある。

何世紀にもわたって人間による森林破壊が行われたが[1]、20世紀以後には植林も行われている[2]。主に亜熱帯気候である。

行政区分編集

 
行政区分
 
グラン・カナリア島の旗

スペインに17ある自治州のひとつとしてカナリア諸島州が設けられており、スペインに50あるのひとつとしてラス・パルマス県が設けられている。グラン・カナリア島はカナリア諸島州ラス・パルマス県の一部である。また、カナリア諸島の主要7島にはそれぞれ島庁英語版が設置されており、グラン・カナリア島にはグラン・カナリア島庁がある。島は21のムニシピオ(基礎自治体)に分かれている。

自治体編集

最大都市はラス・パルマス・デ・グラン・カナリアであり、ラス・パルマスはテネリフェ島サンタ・クルス・デ・テネリフェと共同でカナリア諸島州の州都を務めている。

  1. アガエーテ
  2. アグイーメス英語版
  3. アルテナーラ英語版
  4. アルーカス英語版
  5. フィルガス英語版
  6. ガルダル英語版
  7. インヘニオ英語版
  8. ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
  9. モガーン英語版
  10. モジャ英語版
  11. サン・バルトロメ・デ・ティラハーナ英語版[3]
  12. サン・ニコラス・デ・トレンティーノ英語版
  13. サンタ・ブリヒダ英語版
  14. サンタ・ルシーア・デ・ティラハーナ英語版
  15. サンタ・マリーア・デ・ギア英語版
  16. テヘーダ英語版
  17. テルデ英語版
  18. テロール英語版
  19. バジェセコ英語版
  20. バルセキージョ英語版
  21. ベガ・デ・サン・マテーオ英語版

交通編集

島の東部にグラン・カナリア空港がある。カナリア諸島の各島に向かう便、スペイン本土に向かう便、ヨーロッパ各地に向かう便が運航されている。島内の主要な交通機関としてバスが運行されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集