グラン・ポール県(Grand Port District)は、モーリシャスの県。 2015年の人口は11万2979人、面積は260.28km2、人口密度は434人/km2[1]。 県都はマエブール。 グラン・ポール県の名は、オランダ人がこの島を発見したとき最初に上陸したオールド・グランド・ポートに由来する。 それはグラン・ポール海岸に沿ったマエブールの街の中心部に位置する。 ここはオランダ人によって建設され、フランス人によって引き継がれて、現在でも植民地時代の面影を残している。

グラン・ポール県

Grand Port District
グラン・ポール県の位置
グラン・ポール県の位置
モーリシャスの旗モーリシャス
県都 マエブール
面積
 • 合計 260.28km2
人口
(2015年)
 • 合計 112,979人
ISO 3166コード MU-GP (Grand Port)

県の北部は森林に覆われた渓谷と川と山が多い。 東部はなだらかな丘陵が連なり、中央高地へと続いている。 気候は涼しく、茶畑が広がる地域である。南部は平原が広がり、サー・シウサガル・ラングーラム国際空港がおかれている。

グラン・ポール県には美しい海と風景があるため、多くのホテルやリゾートがあり、たくさんの観光客が訪れる。

脚注編集

  1. ^ City Population閲覧日:2016年11月21日