メインメニューを開く

グリゴリー・ドロストGrigory Drozd1979年8月26日 - )は、ロシアプロボクサー、元空手家、元ムエタイ選手。ケメロヴォ州プロコピエフスク出身。元WBC世界クルーザー級王者。プロモーターはワールド・ボクシング所属。

グリゴリー・ドロスト
基本情報
本名 グリゴリー・アナトリェビッチ・ドロスト
通称 Pretty Boy(プリティーボーイ)
階級 クルーザー級
身長 186cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 (1979-08-26) 1979年8月26日(40歳)
出身地 ケメロヴォ州プロコピエフスク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 40
KO勝ち 28
敗け 1
テンプレートを表示

来歴編集

鉱山労働者の一家に生まれる。12歳の時にたまたま見た新聞広告で空手をはじめて、ムエタイも平行してはじめた。

15歳の時にライトコンタクト制空手のユースロシアチャンピオンになり、アジア選手権で3位になる。1995年にムエタイデビュー戦となったCSIトーナメントで優勝。17歳のときにムエタイ世界選手権で3位に入賞した。

その後、ムエタイヨーロッパ選手権で2度優勝し、2001年にムエタイ世界選手権で優勝を果たす[1]

その後、アマチュアボクシングで3戦した後、プロボクシングへ転向した[1]

2001年4月13日、プロデビュー戦を行い、6回3-0の判定勝ちを収めた。

2002年8月25日、ウラル&シベリアクルーザー級王座決定戦をテイムラズ・ケケリデゼと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2003年8月31日、ヤン・クルコブとロシアクルーザー級王座決定戦を行い5回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2004年3月30日、アメリカのカリフォルニア州でサウル・モントラとIBOインターコンチネンタルクルーザー級王座決定戦を行い、9回2分2秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年7月29日、ドイツのオーバーハウゼンでマウロ・アドリアン・オルディアレスとWBCインターナショナルクルーザー級王座決定戦を行い、3回2分15秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年10月28日、ドイツのシュトゥットガルトでフィラット・アルスランWBA世界クルーザー級挑戦者決定戦を行い、プロ初黒星となる5回2分28秒TKO負けを喫しヴァージル・ヒルへの挑戦権獲得に失敗した。

2007年7月28日、ドイツのデュッセルドルフでジャン・クラウド・ビコイとWBOアジア太平洋クルーザー級王座決定戦を行い、3-0(3者とも120-106)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年11月17日、ドイツのマクデブルクでラウデリオ・ホセ・バロースと対戦し、8回2分22秒KO勝ちで初防衛に成功した。

2008年12月6日、ニジニ・ノヴゴロドでロブ・キャロウェイと空位のPABAクルーザー級王座、ABCOクルーザー級王座並びにWBOアジア太平洋クルーザー級王座を懸け対戦し、キャロウェイから初回に1度、2回に1度、3回に2度、4回に1度、5回に1度、6回に1度、7回に1度の合計8度のダウンを奪うなど優勢に試合を運び、7回1分25秒TKO勝ちを収めPABA王座獲得、ABCO王座獲得、WBOアジア太平洋王座再獲得に成功した。

2009年7月2日、モスクワでダーネル・ウィルソンと対戦し、ウィルソンの10回終了時棄権によりPABA王座とWBOアジア太平洋王座の初防衛に成功した。

2012年12月17日、ジャン・マルク・モンロスとWBAインターナショナルクルーザー級王座決定戦を行い、12回3-0(120-106、2者が119-107)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年10月5日、モスクワのオリンピック・スタジアムEBUヨーロッパクルーザー級王者マテウシュ・マステルナクポーランド語版に挑戦。11回53秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2014年3月15日、モスクワでジェレミー・オウアンナと対戦し、初回2分40秒KO勝ちで初防衛に成功した。

2014年9月27日、モスクワのダイナモ・スポーツ・パレスでWBC世界クルーザー級王者クシシュトフ・ヴウォダルチクと対戦し、12回3-0(118-109、2者が119-108)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2014年10月9日、WBCはドロストを2014年10月度の月間優秀選手に選出された[3][4][5]

2015年5月22日、モスクワで元WBC世界クルーザー級王者でWBC世界クルーザー級5位のクシシュトフ・ヴウォダルチクとダイレクトリマッチで対戦予定だったが、ヴウォダルチクが感染症にかかり試合の約1週間前に欠場が決まった[6]。そのため、代わりにWBC世界クルーザー級19位のウカシュ・ヤニクと試合を行い、9回50秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[7]

2015年8月13日、同月11月4日にロシアでイルンガ・マカブと対戦予定だったが、ドロストがトレーニング中に負傷したため延期となった[8]

2016年3月11日、同年4月8日にモスクワのルジニキ・パレス・オブ・スポーツで延期になっていたWBC世界クルーザー1位のイルンガ・マカブと対戦し2度目の防衛を目指す予定だったが、ドロストが練習中に手を負傷したため中止になった[9][10]

2016年3月16日、WBCはドロストが上記の指名試合が行えないことを理由に休養王座に認定した[11]

2017年4月10日、WBCは最新ランキングを発表し、2017年4月度のWBC世界クルーザー級ランキングから除外した[12]

2018年1月9日、負傷部位の回復の見込みがないことを理由に現役引退を表明した[13]

獲得タイトル編集

  • ウラル&シベリアクルーザー級王座
  • ロシアクルーザー級王座
  • IBOインターコンチネンタルクルーザー級王座
  • WBCインターナショナルクルーザー級王座
  • WBOアジア太平洋クルーザー級王座
  • PABAクルーザー級王座
  • ABCOクルーザー級王座
  • WBAインターナショナルクルーザー級王座
  • 第22代WBC世界クルーザー級王座(防衛1)

脚注編集

  1. ^ a b Q&A: Grigory Drozd”. RING (2014年9月24日). 2015年10月7日閲覧。
  2. ^ 35歳ドロズド、WBCクルーザー級新王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月28日
  3. ^ WORLD BOXING COUNCIL RATINGS WBC公式サイト 2014年10月9日
  4. ^ 小原佳太、大平剛がWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月10日
  5. ^ Mayweather is WBC boxer of the month WBC公式サイト 2014年10月13日
  6. ^ Ill Krzysztof Wlodarczyk withdraws from rematch with Grigory Drozd”. ESPN.com (2015年4月14日). 2015年5月17日閲覧。
  7. ^ ドロズドが代役をTKO、WBCクルーザー級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月23日
  8. ^ Notes: Crawford-Jean being worked out”. ESPN.com (2015年8月13日). 2015年8月13日閲覧。
  9. ^ Grigory Drozd Injured, Makabu Defense on 4/8 Card Canceled”. Boxing Scene.com (2016年3月11日). 2016年3月20日閲覧。
  10. ^ ドロズド負傷、トロヤノフスキーvsクエンカⅡ挙行 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月25日
  11. ^ Drozd out with injury, Makabu-Bellew to clash for vacant WBC cruiserweight belt Fightnews.com 2016年3月16日
  12. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年4月10日
  13. ^ Ex-champ Grigory Drozd retires Fightnews.com 2018年1月9日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ローレンス・タウアサ
第10代PABAクルーザー級王者

2008年12月6日 - 2010年6月(返上)

空位
次タイトル獲得者
アリ・イスマイロフ
前王者
クシシュトフ・ヴウォダルチク
WBC世界クルーザー級王者

正規:2014年9月27日 - 2016年3月16日
休養:2016年3月16日 - 2017年4月10日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
トニー・ベリュー