メインメニューを開く

グリゴーリ・ナウーモヴィッチ・チュフライロシア語: Григо́рий Нау́мович Чухра́й, ラテン文字転写: Grigorii Naumovich Chukhrai, 1921年5月23日 - 2001年10月28日)は、ソビエト連邦映画監督脚本家[1]。息子は、同じく映画監督のパーヴェル・チュフライ[2]

グリゴーリ・ナウーモヴィッチ・チュフライ
Григо́рий Нау́мович Чухра́й
生年月日 (1921-05-23) 1921年5月23日
没年月日 (2001-10-28) 2001年10月28日(80歳没)
出生地 Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic (1919-1929).svg ウクライナ社会主義ソビエト共和国メリトポリ
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
職業 映画監督脚本家
主な作品
『人生は素晴しい』
テンプレートを表示

フィルモグラフィ編集

  • 『女狙撃兵マリュートカ』 - Сорок первый (1956年、監督)
  • 『誓いの休暇』 - Баллада о солдате (1959年、監督・脚本)
  • 『晴れた空』 - Чистое небо (1961年、監督)
  • 『君たちのことは忘れない』 - Трясина (1978年、監督・脚本)
  • 『人生は素晴しい』 - Жизнь прекрасна (1980年、監督・脚本)

脚注編集

外部リンク編集