グリッター きらめきの向こうに

グリッター きらめきの向こうに』(原題: Glitter)は、マライア・キャリー主演の2001年のアメリカ映画である。

グリッター きらめきの向こうに
Glitter
監督 ヴォンディ・カーティス=ホール
脚本 ケイト・ラニアー
原案 シェリル・L・ウェスト
製作 ローレンス・マーク
出演者 マライア・キャリー
音楽 テレンス・ブランチャード
マライア・キャリー
撮影 ジェフリー・シンプソン
編集 ジェフ・フリーマン
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年9月21日
日本の旗 2001年10月20日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000[1]
興行収入 $5,271,666[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

キャスト編集

評価編集

北米1202館で公開され、初週末に241万4596ドルを稼いで初登場11位となった[2]。製作費は2200万ドルであるが、全世界での累計興行収入はその半分にも満たない527万1666ドルに終わった[1]

また評論家からも酷評され、Rotten Tomatoesでの評論家の支持率は86のレビューで7%、平均点は10点満点で2.8点となっている[3]

同年のゴールデンラズベリー賞では6部門で候補に挙がり、同賞を立ち上げたジョン・ウィルソンからは「マライアは『バトルフィールド・アース』の女優版だ」と言われた[4]

受賞とノミネート編集

賞・映画祭 部門 対象者 結果
2001 ゴールデンラズベリー賞[5] 最低作品賞 ノミネート
最低主演女優賞 マライア・キャリー 受賞
最低助演男優賞 マックス・ビースレイ ノミネート
最低監督賞 ヴォンディ・カーティス=ホール ノミネート
最低脚本賞 シェリル・L・ウェスト、ケイト・ラニアー ノミネート
最低スクリーンカップル賞 マライア・キャリーと彼女の胸の谷間 ノミネート
2004 ゴールデンラズベリー賞[6] 25周年最低ミュージカル賞 ノミネート
2009 ゴールデンラズベリー賞[7] 2000年代最低女優賞 マライア・キャリー ノミネート

出典編集

  1. ^ a b c Glitter (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月10日閲覧。
  2. ^ Weekend Box Office Results for September 21-23, 2001” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月10日閲覧。
  3. ^ Glitter (2001)”. Rotten Tomatoes. 2011年6月10日閲覧。
  4. ^ M・キャリー、ワースト女優候補に”. シネマトゥデイ (2002年2月7日). 2011年6月10日閲覧。
  5. ^ 2001 RAZZIE® Nominees & "Winners"”. ゴールデンラズベリー賞. 2011年6月10日閲覧。
  6. ^ 2004 RAZZIE® Nominees & "Winners"”. ゴールデンラズベリー賞. 2011年6月10日閲覧。
  7. ^ 30th Annual Razzie ® Award Nominees for Worst Actress of the Decade”. ゴールデンラズベリー賞. 2011年6月10日閲覧。

外部リンク編集