グリマルディ家(グリマルディけ、en:Grimaldi family)とは、モナコ公国の公爵家であり、代々モナコ公国を統治する家。現在の当主(モナコ公爵)は、アルベール1世である。家祖は、フランソワ・グリマルディ。元は、ジェノヴァの貴族の家柄であった。

グリマルディ家
Grimaldi family
王家
Great coat of arms of the house of Grimaldi.svg
モナコの旗 モナコ
領地 モナコの旗 モナコ
家祖 フランソワ・グリマルディ
現当主 アルベール2世
民族 フランス人イタリア人

概要編集

グリマルディ家の初代モナコ統治者は、「狡猾な男」としても知られる、フランソワ・グリマルディである。

現在は、その直系の子孫ではないものの、グリマルディ家がモナコの領主であり続けている。現在の公は、国事遂行不能となった老父公レーニエ3世の摂政であったアルベール2世。その子供であり公世子は、現在のところジャック・ド・モナコ公子である。その姉に、ガブリエラ公女、非嫡出子に、ジャズミン、アレクサンドルという子がいる。

2020年3月19日新型コロナウイルスに感染したことが発表された。プリンセス・グレース病院の専門家から治療を受けており[1]、健康上の問題は無く、宮殿自室からの公務を継続する旨を発表した。

沿革編集

 
国旗
 
アルベール2世

グリマルディ家の出発編集

ジェノヴァ共和国は、神聖ローマ皇帝である、ハインリヒ6世から1191年にこの土地を与えられた。そして、1228年に現在の「モナコ市」を建設したのであった。

そのころ、ジェノヴァ共和国の都市貴族の家柄として、グリマルディ家は出発した。オットー・カネッラの子孫であり、彼の長男であるグリマルド・カネッラから名前をとったグリマルディ家は教皇派(ゲルフ)ジェノヴァ人の中で古くから優勢であった一家である。彼らは教皇派と皇帝派の派閥争いから逃れるために、フィエスキを含む、他の様々な教皇派の家を引き連れてモナコに来ていた。

それから100年ほどのちの1297年、グリマルディ家初代当主であるフランソワ・グリマルディは、ギベリン(皇帝派)に占領されていたモナコの要塞に、フランシスコ会の修道士姿に変装し法衣の下に武装して侵入した。そして、グリマルディらは、ギベリンが占拠していた要塞の占拠に成功した。グリマルディは、現在のモナコ公家の始祖となった。そのため、グリマルディは、「狡猾な男」とあだ名される。フランチェスコ・グリマルディは、ジェノヴァ共和国の主権の下で、1297年に、グリマルディ王朝を始めることとなった。しかし、実際にはフランソワフランチェスコ)は4年後にはモナコの地を追われている。グリマルディ家のモナコ支配が固まるのは15世紀初めであり、現在のグリマルディ家はフランチェスコの直系子孫ではない(Anne Edwards The Grimaldis of Monaco)。


その後1346年にマントン、1355年にロクブリュヌ=カップ=マルタンに支配を広げた。 1338年には英仏海峡での軍事行動に、フランスやジェノヴァの軍隊とともに、カルロ・グリマルディ率いるモナコ軍艦が参加した。その際に手に入れた、サウサンプトンからの略奪品はモナコに持ち帰られ、公国の繁栄に寄与した。[2]

正式なモナコの支配の開始編集

1419年、それまであくまでも僭主であったグリマルディ家は、アラゴン王国から正式にモナコの地を購入し、正式な支配者となる。1528年アンドレア・ドーリアがジェノヴァの貴族層と庶民層の合体を企て、そのために政権を特定の28氏族へ集中させた。グリマルディ家はその一つに数えられた。そこから、そのころにはもう相当な名門に数えられるようになっていたということを意味する。

また、グリマルディ家は、1612年から「prince」の称号を自称し始め、オノレ2世の時代にはフランス王ルイ13世の保護下に入ることでスペイン(アラゴン王国の後身)の支配を抜け出した。歴代のモナコ公は独立君主であると同時にフランス王の臣下(ヴァランティノワ公爵)として宮廷で高い地位を占めた。そして、フランス保護国となることでグリマルディ家のフランス化も進んだ。また格式を保つため領民には重が課せられた。

近代編集

 
現代のLa Roche (岩山)

1793年、フランス革命軍がモナコを占領・併合した。1814年までモナコはフランス第一帝政の直接支配下におかれた。1815年に催されたウィーン会議の結果、モナコはサルデーニャ王国の保護下に入った。サルディーニャはジェノヴァの後継国家である。

サルディーニャ王国がザヴォイアとニース地方を売却するも、マントンとロクブリュヌをフランスに売却し、見返りにモナコの主権を復活、イタリア王国に発展・解消したのちもモナコはイタリアの支配下であり続けた。1911年憲法を制定したことで立憲君主制となるも、モナコ大公は依然として絶対君主として振る舞い、モナコ大公・アルベール1世はすぐに憲法を停止した。

イタリアで革命がおこったとき、モナコは独立国として名実ともに振る舞うようになった。

現在編集

ルイ公が1949年に死去すると、孫のレーニエ3世が即位した。1956年にはハリウッド女優のグレース・ケリーと結婚した。1962年、新憲法を制定した。

2005年、レーニエ3世が死去し、息子のアルベール2世が即位した。

先代の故レーニエ3世公の下では、主に観光業工業化学精密機器等)を中心に発展したモナコであったが、現在の公・アルベール2世公は経済分野の一層の多様化に向けて、金融業の他、環境バイオテクノロジー医療研究等の高付加価値産業を重視している。大西洋、地中海におけるマグロの乱獲に反対している。

系図編集

モナコ公家
 

アルベール2世
シャルレーヌ公妃


 
家祖・フランソワ・グリマルディ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ・グリマルディ
 
レーニエ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レーニエ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンブロワーズ
 
アントワーヌ
 
ジャン1世
 
ルーク
アンティーブ領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カタラン
 
ニコラス
アンティーブ領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クローディーヌ
 
ランベール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン2世
 
リュシアン
 
オーギュスティン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オノレ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル2世
 
エルキュール1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オノレ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルキュール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ1世
 
カトリーヌ・シャルロット
アントワーヌ3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントワーヌ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャック・フランソワ・ゴワイヨン
・ド・マティニョン
ジャック1世
 
ルイーズ=イポリット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オノレ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オノレ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オノレ5世
 
フロレスタン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル3世
 
フロレスティーヌ
=ウラッハ公ヴィルヘルム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルベール1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピエール
ポリニャック伯
 
シャルロット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レーニエ3世
 
グレース・ケリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルベール2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャック
 

その他編集

アルベール2世のスキャンダル編集

アメリカ国籍のウエイトレスをしている女性がモナコを訪問した際、その女性はアルベール2世と知り合い、連日共に過ごした。その後女性はアメリカへ帰った。しかし、そののち妊娠していることが分かり、その知らせを受けたアルベール2世はたいそう喜んだ。その女性と電話で連絡を取るようにしていたが、他人に気づかれ、連絡がとれなくなってしまった。

その後女の子が産まれ、現在は16歳になり、グリマルディ家を名乗っている。

脚注編集

  1. ^ Prince Albert of Monaco tests positive for COVID-19 coronavirus”. euronews. (2020年3月19日). 2020年3月20日閲覧。
  2. ^ Internet Archive. “Monaco and Monte Carlo”. 2009年10月19日閲覧。

関連項目編集