メインメニューを開く

グリンチ(英:Grinch)は、1957年ドクター・スースが発表したアメリカの児童向け絵本いじわるグリンチのクリスマス』の主人公の名前。 この絵本は嫌われ者の醜い緑色の怪物グリンチが、大嫌いなクリスマスの奇跡を通して改心する物語で、アメリカではサンタクロースに並んで“クリスマスの代名詞”とされる国民的キャラクターとされる。

日本では、1971年に日本パブリッシングから渡辺茂男訳により『いじわるグリンチのクリスマス』のタイトルで絵本が出版された。後述の実写映画版公開と同年の2000年には、アーティストハウスから井辻朱美の訳により『グリンチ』のタイトルで再出版されている。

これまでに3回映像化がされた中で[1]ジム・キャリー主演の実写映画版ベネディクト・カンバーバッチ主演(日本語吹き替えは大泉洋)の3Dアニメ映画版が日本上陸している。

概要編集

みんなが楽しみにしているクリスマスを村から盗んでやろうと、いつも意地悪なモンスターであるグリンチは画策する。

映画化編集

脚注編集

[ヘルプ]