メインメニューを開く

グリース2』(原題:Grease 2)は、1982年制作のアメリカ合衆国ミュージカル映画。『グリース』の続編。前作からキャストを一新し、前作で振付けを担当したパトリシア・バーチが監督した。

グリース2
Grease 2
監督 パトリシア・バーチ
脚本 ケン・フィンクルマン
製作 ロバート・スティグウッド
アラン・カー
製作総指揮 ビル・オークス
出演者 マックスウェル・コールフィールド
ミシェル・ファイファー
音楽 ルイス・セント・ルイス
撮影 フランク・スタンリー
編集 ジョン・F・バーネット
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 パラマウント映画=CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年6月11日
日本の旗 1982年12月18日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,200,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $15,171,476[2]
前作 グリース
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

前作から2年後の1961年9月、新学期が始まったライデル高校にイギリスからマイケルという青年が転校してくる。マイケルは早速、学校内のレディース・グループ「ピンク・レディーズ」のリーダーのステファニーに一目惚れするが、彼女はマイケルのような優等生タイプには興味がなく、全く彼を相手にしない。

彼女の理想の恋人がクール・ライダーであることを知ったマイケルはクール・ライダーになるべく、アルバイトでお金を溜めてバイクを購入、秘かに運転を練習をする。数日後、男子生徒のグループ「T・バーズ」が敵対するバルミュードのグループと一触即発になった時、黒ヘルメットに黒レザーのライダーが出現し、素晴らしい腕前を披露する。ステファニーはたちまちそのライダーに恋をする。

その後、学校でレビュー・ショーが開かれ、ピンク・レディーズとT・バーズが優勝したが、例のライダーがいないため、ステファニーだけは表情が浮かない。そこへ、バルミュード一味のバイク軍団が現れて大暴れする。その時、例のライダーが出現、バルミュード一味をやっつける。そして、ライダーはヘルメットを外す。その正体はマイケルだった。

キャスト編集

※テレビ放送:フジテレビゴールデン洋画劇場1986年3月22日 (DVDに収録)

脚注編集

  1. ^ Grease 2 (1982) - IMDb
  2. ^ Grease 2 (1982) - Box Office Mojo”. www.boxofficemojo.com. 2019年3月25日閲覧。

外部リンク編集