グリーンシャトー

グリーンシャトーという名の競走馬は2頭いる。

  • 1974年に日本で生まれた競走馬、繁殖牝馬
  • 1997年に日本で生まれた競走馬。
グリーンシャトー
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1974年2月10日
死没 1987年7月30日(13歳没・旧14歳)
シャトーゲイ
クインビー
母の父 テューダーペリオッド
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 榊牧場
調教師 松元正雄(栗東
北橋修二(栗東)
競走成績
生涯成績 19戦6勝
テンプレートを表示

以下、前者について記述する。


経歴編集

1976年11月に中央競馬競走馬としてデビュー。重賞に出走することはなかったが条件戦で堅実に走り、6勝を挙げた。管理した北橋修二によると性格は神経質で食が細い面もあったが勝負根性があり道悪が上手かった[1]

1979年4月のレースを最後に競走馬を引退し、北海道新冠町の錦野牧場で繁殖牝馬となった。しかしまもなく錦野牧場は経営難に陥り1987年に倒産した。グリーンシャトーも人手に渡り複数の牧場を転々とすることとなり、1986年の秋よりマエコウファームで繋養されていたが、1987年7月に腸捻転を起こして死亡した[1]。神経質な馬のため、この年は種付けをせず大事を取っている中での急死であった。

繁殖成績編集

錦野牧場の倒産と時を同じくして産駒のタマモクロスが連勝を開始し、重賞6勝(うちGI3勝)を記録、1988年JRA賞年度代表馬および最優秀5歳以上牡馬およびに選出された。さらにミヤマポピーが1988年のエリザベス女王杯を優勝した。

産駒一覧編集

エピソード編集

  • 錦野牧場倒産後、牧場にいた繁殖牝馬はちりぢりばらばらになった。グリーンシャトーは消息が確認されたものの、他の牝馬はどこに行ったのかも不明である[2]
  • 錦野昌章は、たび重なる不渡りによりグリーンシャトーを手放すこととなったのは断腸の思いであり、自分がグリーンシャトーを殺したようなものだと語っている。また、神経質で気性が激しく、錦野以外の人間には頑として従わなかった馬であるため、見ず知らずのところへ移されて神経的に参ったのだろうと推測している[3]
  • グリーンシャトーの素晴らしい体つきには、マエコウファームの松本和夫が何故これほどの馬が売りに出されたのかを不思議に思うほどであった。また、「あれほどの牝馬は大手の牧場にだってそうざらにはいません。例えタマモクロスが走っていなくても、そのうちいい仔を出したはず」[1]と、タマモクロスが宝塚記念を勝利した後のインタビューで答えている。この言葉通り、同年の秋にはミヤマポピーがエリザベス女王杯を勝利した。
  • グリーンシャトーは北橋が騎手時代に乗って3勝をあげ、4勝目は調教師としての北橋の初勝利となった。北橋夫人がプレゼント代わりにメロンを食べさせたところ、グリーンシャトーの大好物となった。それからというもの、カイバを食べなくてもメロンだけは食べた[1]

血統表編集

グリーンシャトー血統ハイペリオン系 / Hyperion4×4=12.50% Son-in-law5×5=6.25% Pharos,Fairwey5×5=6.25%) (血統表の出典)

*シャトーゲイ
Chateaugay
1960 栗毛
父の父
Swaps
Khaled Hyperion
Eclair
Iron Reward Beau Pere
Iron Maiden
父の母
Banquet Bell
Polynesian Unbreakable
Black Polly
Dinner Horn Pot au Feu
Tophorn

クインビー
1966 鹿毛
*テューダーペリオッド Owen Tudor Hyperion
Mary Tudor
Cornice Epigram
Cordon
母の母
コーサ
*ヒンドスタン Bois Roussel
Sonibai
*ミスチヤネル Channel Swell
Constant Chatter F-No.21-a


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 優駿』1988年8月号 通巻536号 pp.142-143
  2. ^ 『優駿』1988年6月号 通巻534号 p.140
  3. ^ 『優駿』1989年1月号 通巻541号 p.130

参考文献編集

  • 『競馬SLG 名牝ファイル2』サラブレッド探偵局(編)、光栄、1995年。ISBN 4-87719-215-8

外部リンク編集