グリーンドリンクス

グリーンドリンクス(greendrinks)とは、イギリスで始まり世界に広まったイベントで[1]、環境やサスティナビリティー、働き方、地域活性化などのテーマに沿ったトークセッションやワークショップなどを食事などを楽しみながら行う[2]。それぞれ地域ごとにオーガナイザーが、テーマやイベントを企画する。主催する団体はNPO法人や企業、グループ、個人などがあり、それぞれのグリーンドリンクスは独立して運営している[3]

概要編集

環境やエコ、サステナビリティー(持続可能性)などをテーマに市民が語り合うパーティー。世界の700を超える都市で開かれている。1989年にロンドンのパブで始まり、日本では東京や大阪、横浜、金沢など10都市以上で開かれている[1]

沿革編集

1989年
ロンドンのパブで始まる[1]
2007年
秋田県秋田市において、第1回目のグリーンドリンクスが開催される[4] 。「greenz.jp」リニューアル記念パーティとして第1回目のグリーンドリンクス東京が開催される[5]
2008年
横浜で、環境に関する活動を実施する団体・事業者やエコロジーに興味のある参加者が集う「green drinks Yokohama」が開催される[6]
2011年
千葉県松戸市の松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」が、green drinks 松戸をスタート[7]横浜市では横浜コミュニティデザインラボとノガンが、「Yokohamaを楽しくするキーパーソンが 気軽につながる呑み会」として、green drinks yokohamaをスタート[8]
2013年
東京都世田谷区下北沢を拠点とする4つの地域メディアが集まり「green drinks下北沢 vol.2 地域メディアが複眼的に見る、今の下北沢」が開催。[9]
2014年
京都、東京、横浜、谷町、西条、石巻の6地域でそれぞれgreen drinksを展開するオーガナイザーが集まり「green drinks Japan サミット」を開催[10]川崎市でもキーパーソンが集って、green drinks kawasakiが始まった[11]
2017年
東京都渋谷区で、「渋谷をつなげる30人」プロジェクトがスタート。渋谷区の地域課題を、企業・行政・NPO・市民など様々なセクターから集まった30名がクリエイティブなアイデアで解決していく、まちづくりプロジェクトが発足。そこからgreen drinks Shibuyaへと発展した[12]
2018年
静岡県静岡市のグリーンドリンクス静岡で、旧静岡市立青葉小学校で、旧校舎に自由に落書き体験できたり、体育館で音楽コンサートなど企画した[13]

2020年

  NPOグリーンズが、新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛を受けて、オンラインイベント「green drinks STAY HOME !!!」を開始した[14]

グリーンドリンクスのルール編集

グリーンドリンクスは、原則的に誰でも、各地域でオーガナイザーとして開催することができる。開催するにあたり、オーガナイザーが共有しているルールがある[15][16]

  1. Open(オープン) — 誰でも参加できる。
  2. Freeform(自由)テーマは自由。
  3. Regular(定期開催)
  4. Simple to Organise(シンプル)
  5. Self-replicating(自己複製型)
  6. Local(ローカル)
  7. Agenda Free(自由な議論の場)
  8. Decentralised(分散型) — それぞれの地域で、それぞれの主催団体・企業のやり方でできる。
  9. Non Profit(非営利)
  10. Run Responsibly(責任のある運営)
  11. Fun(楽しい!)
  12. Start A Green Drinks in Your City(あなたのまちではじめよう)

日本のグリーンドリンクス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c グリーンドリンクス - 朝日新聞2010年07月26日夕刊2社会(コトバンク
  2. ^ “関内で「グリーンドリンクス」”. ヨコハマ経済新聞. (2016年7月3日). https://www.hamakei.com/headline/9844/ 2019年9月5日閲覧。 
  3. ^ エコでソーシャルな飲み会「green drinks」の未来って? 6つの地域が“いま”と“これから”を見つめ直した「green drinks Japan サミット」 - グリーンズ(2014年9月20日)
  4. ^ 秋田の「グリーンドリンクス」が100回目 地ビール片手に交流深める”. 秋田経済新聞. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ 「green drinks Tokyo」の歴史 - グリーンズ
  6. ^ “BankARTで環境がテーマの「green drinks」-横浜で2年ぶり開催”. ヨコハマ経済新聞. (2010年2月26日). https://www.hamakei.com/headline/4834/ 2019年9月6日閲覧。 
  7. ^ a b green drinks 松戸 vol.11 レポート - MAD City(2012年5月20日)
  8. ^ a b グリーンドリンクス横浜 vol.01 -Party Night Thinking- - ノガン
  9. ^ Web Across green drinks下北沢”. Web Across. 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ 「エコでソーシャルな飲み会「green drinks」の未来って? 6つの地域が“いま”と“これから”を見つめ直した「green drinks Japan サミット」 - グリーンズ(2014年9月20日)
  11. ^ これまでのグリーンドリンクス川崎 | グリーンドリンクス川崎(green drinks kawasaki)” (日本語). 2019年10月2日閲覧。
  12. ^ グリーンズ, greenz jp. “5/18(木)green drinks Shibuya「シブヤ区のこれから」(ゲスト:澤田伸さん、小宮山雄飛さん、野村恭彦さん)” (日本語). greenz.jp. 2019年10月2日閲覧。
  13. ^ うまれかわりの文化祭[静岡市葵区]|アットエス” (日本語). @S[アットエス]. 2019年10月15日閲覧。
  14. ^ 第1回 green drinks STAY HOME!!!『いかしあう働き方』(ナカムラケンタ×兼松佳宏)” (日本語). Peatix. 2020年4月25日閲覧。
  15. ^ グリーンズ, greenz jp. “green drinks Tokyo ! | greenz.jp | いかしあうつながり” (日本語). greenz.jp. 2019年10月15日閲覧。
  16. ^ せたがや, Green Drinks (2010年10月10日). “green drinks せたがや ブログ: The Green Drinks Code – 11のルール”. green drinks せたがや ブログ. 2019年10月15日閲覧。
  17. ^ “秋田の飲み会「グリーンドリンクス」が50回-延べ1000人が参加”. 秋田経済新聞. (2012年2月16日). https://akita.keizai.biz/headline/1393/ 2019年9月6日閲覧。 
  18. ^ グリーンドリンクス静岡
  19. ^ これまでのグリーンドリンクス川崎 - green drinks 川崎
  20. ^ グリーンドリンクス京都
  21. ^ ソーシャルって何なのか、グリーンズの小野さんに聞いてみよう。green drinks Okayamaをレポート! - グリーンズ
  22. ^ “「サステナブルなビジネスの現在地」”. シブヤ経済新聞. (2019年9月3日). https://www.shibukei.com/culture/157/ 2019年9月6日閲覧。 
  23. ^ green drinks 大阪「関西を南からソーシャルデザインする!」” (日本語). Peatix. 2020年4月25日閲覧。

関連項目編集