メインメニューを開く

グリーンハウス (フードサービス)

フードサービス

株式会社グリーンハウスは、東京都新宿区に本社を置く、会社、工場、学校、病院、シルバー施設などの食堂運営、給食提供の業務やレストラン、デリカショップ運営、ホテルの経営受託などを行う企業。

株式会社グリーンハウス
GREEN HOUSE CO.,LTD.
新宿さぼてん デリカ
新宿さぼてん デリカ
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9689
1990年11月 - 2006年3月22日
本社所在地 日本の旗 日本
163-1477
東京都新宿区西新宿三丁目20番2号 東京オペラシティタワー17階
設立 1959年2月20日
業種 サービス業
法人番号 8011101032089
事業内容 コントラクトフードサービス事業、食資材事業、レストラン事業
代表者 田沼千秋(代表取締役社長
資本金 21億4304万円
発行済株式総数 6,359,267株
売上高 838億6400万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 35億2000万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 42億7700万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 30億9500万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 162億2000万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 318億9600万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 26662人(連結,2012年3月31日現在)
支店舗数 2224(連結,2012年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 グリーンハウスフーズ 87.11%
主要子会社 シニリトルジャパン、日本グリーンハウス、東日本グリーンハウス、ウェルネス伯養軒キャニー
関係する人物 田沼文蔵(創始者)
外部リンク http://www.greenhouse.co.jp/
特記事項:創業は1947年4月1日
テンプレートを表示

概要編集

1947年、創業者の田沼文藏が、慶應義塾大学の学生寮の管理を任され、食堂を運営したのが給食事業のはじまり。

1955年、記念館建設のため食堂の立ち退きを大学から言い渡されるが、移転して事業を継続。

1960年頃から、主の慶応大学OBとのつながりから事業を急速に拡大し、国内でも屈指の給食事業会社に成長した。

沿革編集

  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 田沼文蔵が慶應義塾大学の嘱託となり、大学予科食堂を経営。
  • 1954年(昭和29年)3月 - 有限会社グリーンハウスを設立。社名は、慶應義塾の塾生から公募した。
  • 1959年(昭和34年)2月20日 - 横浜市港北区日吉に資本金200万円にて株式会社グリーンハウスに改組する。
  • 1989年4月 - グリーン食品株式会社を合併。
  • 1994年 - グリーンハウスフーズから、中国料理「謝朋殿」が営業譲渡される。
  • 2002年2月 - 株式会社ジー・ティー・フードサービスを合併。
  • 2006年3月22日 - グリーンハウスフーズと株式交換。
  • 2008年 - 「西安餃子」「粥餐庁」等をグリーンハウスフーズへ営業譲渡する。
  • 2009年 - 「謝朋殿」をグリーンハウスフーズへ営業譲渡する。

主なレストラン編集

主な関連会社編集

脚注編集

外部リンク編集