メインメニューを開く

グリーンマイル

スティーヴン・キングの小説

グリーンマイル』(The Green Mile[1]は、スティーヴン・キング1996年に発表した、1932年の大恐慌時代死刑囚が収容されている刑務所を舞台とするファンタジー小説

アメリカではネタばれを防ぐために(その後日本でも)6冊が毎月1冊ずつ6か月連続で刊行され、話題となった。

目次

ストーリー編集

1932年アメリカ刑務所死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、一人の大男が送られて来る。双子の少女を強姦殺人した罪を持つ死刑囚ジョン・コーフィは、その風貌や罪状に似合わないほど弱く、繊細で純粋な心を持っていた。これと同時期に、知事の妻の甥であるパーシーが看守となり、傲慢な態度で他の看守たちから嫌われる存在になる。

ある時、コーフィは触れるだけでポールの重い尿路感染症を治してしまう。彼はその後も、パーシーに重傷を負わされたネズミMr.ジングルスの命を救い、これを見た看守たちは、彼はその不思議な力を神から授かった特別な存在なのではと考え始める。同時にポールは悩む。コーフィが電気椅子に送られること、それを行う自分たちは大きな過ちを犯しているのではないかと。

しばらくして、ウィリアム・ウォートン―通称“ワイルド・ビル”という凶悪な死刑囚が送られてくる。コーフィは刑務所所長のハルの妻・メリンダから吸い取った病気をすぐに吐き出さず、パーシーに移した。パーシーは錯乱状態となってウォートンを銃で撃ち殺し、まもなく精神病院に送られた。それからコーフィはポールの手を取って双子の少女の殺人事件の真相を伝え、ポールはウォートンが双子の少女を殺害した真犯人だったと知る。

しかし、コーフィの冤罪を覆す証拠は存在せず、死刑執行が決定される。ポールたちはコーフィに脱獄を勧めるが、「毎日のように、世界中の苦しみを感じたり聞いたりすることに疲れたよ」と言いコーフィはそれを拒否して死ぬことを選んだ。数日後、コーフィは電気椅子に送られ、ポールの手で処刑された。

その後、ポールは108歳になっても健康に生き続け、Mr.ジングルスも60年以上生き続けていた。これはコーフィの力の副作用によるものだったが、ポールは自分がコーフィを処刑したことで神から罰を与えられ[2]、家族や友人全員より長生きすることになると信じている。そしてMr.ジングルスの異常な長寿ぶりから、自分が死ぬのは遠い先のことだろうと考えている。

主要登場人物編集

ポール・エッジコム
グリーンマイルの主人公。コールド・マウンテン刑務所Eブロックの看守主任。在職中、78回の死刑執行の指揮をとった。ジョン・コーフィに尿路感染症を治療してもらってから、彼が本当に双子の少女を殺害したのか懐疑的になる。
ブルータス・ハウエル
Eブロック副主任。ポールの相棒であり、正義感の強い大男。「ブルータル(乱暴者)を自称しているが、これは冗談であり、体格は良かったが、必要に迫られなければ蠅1匹殺せない男であった」とポールに称されている。独身。
パーシー・ウェットモア
看守の1人。州知事と義理の血縁関係にあり、コネがあるのをいいことに好き放題振る舞っている。「筋金入りに残酷な男で、冷酷で不注意でバカと3拍子揃っている」とポールに評されている。囚人のドラクロアとは非常に相性が悪い。
ディーン・スタントン
看守の1人で比較的若手である。縁なしのメガネを着用している(映画では眼鏡をかけていない)。繊細で涙もろい。看守の中で唯一幼い子供がいる。
ハリー・ターウィルガー
看守の1人。冷静で物静かな性格。
ハル・ムーアズ
コールド・マウンテン刑務所の所長。妻・メリンダが難病を患っており、そのことで頭を抱えている。ポールとは家族ぐるみで仲が良い。
カーティス・アンダーソン
コールド・マウンテン刑務所の副署長。映画には登場しない。
ジョン・コーフィ
もう一人の主人公。双子の幼女を殺害した罪でコールド・マウンテン刑務所に投獄されることになった、大男の黒人(ブルータスよりもさらに巨体)。身長2m、体重126kg。深みと静かな響きのこもった声質。まるで子供のように暗闇を恐れ、不思議な力[3]を持っている。
アーレン・ビターバック
劇中では最初に処刑される囚人。通称「首長(チーフ)」。ネイティブ・アメリカンだが、キリスト教徒である。酒に酔って喧嘩で人を殺し、死刑を宣告された。ウォシタ・チェロキー評議会長老のビターバックの死刑は「上首尾の死刑」と称され、何の支障もなく執行された処刑の例として挙げられている。
アーサー・フランダース
死刑囚。通称<大統領>。映画版では登場しないが原作では処刑される前に減刑となりEブロックを離れ、電気椅子に座ることはなかった。その後受刑者同士の争いにより殺害される。
エデュアール・ドラクロア
通称「デル」。南部系フランス人の死刑囚(名前の日本語表記が曖昧で、エドワール・デラクロアなどと表記されることもある)。ミスター・ジングルスと名付けたネズミを飼育している。少女を強姦し、死体をアパートの裏で燃やしたところ、建物に燃え移り、中の住人6人が更に死亡。うち2人は子供だったという。心配そうな顔つきの物腰穏やかな小男であり、頭は禿げあがり、長く伸びた髪の先がシャツの後ろ襟をこすっている。看守のパーシーとの相性が非常に悪く、デルの死刑執行の際、パーシーの悪戯[4]により、処刑が残酷な結果になってしまい、派手に惨死する末路を迎える。
ウィリアム・ウォートン
通称は「ワイルド・ビル」だが本人はこの呼び名を嫌っており、「ビリー・ザ・キッド」を自称している。凶悪な囚人であり、強盗を犯し多数を殺害(そのうち1人は妊婦だった)。少女2人を殺害した真犯人でもある。コーフィの力で錯乱状態に陥ったパーシーによって銃殺される。
バート・ハマースミス
コーフィの事件を取材したジャーナリスト。映画ではコーフィの弁護人に変更された。黒人に対して独特の考えを持っている。
Mr.ジングルス
突然グリーンマイルに現れた利口なネズミ。デルによく懐いている。一時パーシーに踏み潰されたがコーフィに治してもらう。
原作ではミスター・ジングルスは死亡するが、映画版は不明。名付け親はデルであり、原作では当初はポール達に「スチームボート・ウィリー」と呼ばれていた。
ジャック・ヴァン・ヘイ
電気椅子のスイッチ担当の目立たない看守。
トゥート=トゥート
模範囚。最も長くコールドマウンテン刑務所に服役しているため、ある程度の自由が認められていて刑務所内での物資調達などを行っている。死刑執行のリハーサルの囚人役などを担当している。
クラウス・デタリック
綿花農園主で、殺された双子の少女の父親。コーフィを犯人と考え、激しく憎んでいる。憎しみのあまり常に興奮状態にあり、事件の翌年に脳卒中で死亡している。
マージョリー・デタリック
双子の少女の母親。同様にコーフィを憎んでいて、夫と共にコーフィの死刑執行の立会人となる。
エレイン・コネリー
老人ホームで暮らしている、老ポールの友人の女性。
ロブ・マッギー
コーフィを逮捕した保安官助手。

作品解説編集

形式としては主人公のポール・エッジコムが1992年に老人ホームで友人のエレインに60年以上前の話を聞かせるといった形となっている。

主な舞台は回想の1932年だが、この時代はコールドマウンテンの刑務所において未だに死刑電気椅子が使用されていた時代であり、また恐慌時代で多くの人が就職難に苦しんでいたため、職を失うことを現代よりも恐れているといった設定になっている。事実、コールドマウンテンはノースカロライナ州に属する都市だが、ノースカロライナ州では電気椅子による死刑は廃止されている。

映画編集

グリーンマイル
The Green Mile
 
監督 フランク・ダラボン
脚本 フランク・ダラボン
原作 スティーヴン・キング
製作 フランク・ダラボン
デヴィッド・ヴァルデス
出演者 後述
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 リチャード・フランシス=ブルース
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
ドリームワークス
配給   ワーナー・ブラザース
  ギャガ
公開   1999年12月10日
  2000年3月25日
上映時間 188分
製作国   アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[5]
興行収入 $286,801,374[5]
65.0億円[6]  
テンプレートを表示

グリーンマイル』(The Green Mile)は、1999年アメリカ映画ジャンルドラマ

上記の小説を原作とする。トム・ハンクス主演。フランク・ダラボン監督。2000年アカデミー賞では音響・脚本・作品賞、マイケル・クラーク・ダンカンアカデミー助演男優賞にノミネートされた。日本での公開は2000年3月25日

フランク・ダラボンは映画化に際し、原作を8週間程度で脚本を執筆している[7]。撮影はカリフォルニア州ウェスト・ハリウッドのワーナー・ハリウッド・スタジオ、テネシー州シェルビービル英語版ノースカロライナ州ブローウィング・ロック英語版で行われた[8]

予告編では、スティーヴン・スピルバーグが「途中で堪えきれずに、4回号泣してしまった」とコメントしていた。

概要編集

映画版は時代設定が1999年現在(公開された年)であり、回想の主な舞台は1935年になっている。また、原作に登場するブラッド、アーサー・フランダースは登場しない。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
ポール・エッジコム トム・ハンクス 江原正士
ブルータス・“ブルータル”・ハウエル デヴィッド・モース 石塚運昇 森田順平
ディーン・スタントン バリー・ペッパー 堀井真吾 鳥海勝美
ハリー・ターウィルガー ジェフリー・デマン 佐々木敏 池田勝
パーシー・ウェットモア ダグ・ハッチソン 平田広明 山寺宏一
ハル・ムーアズ ジェームズ・クロムウェル 糸博 稲垣隆史
ジョン・コーフィ マイケル・クラーク・ダンカン 大友龍三郎 銀河万丈
ウィリアム・“ワイルド・ビル”・ウォートン サム・ロックウェル 成田剣 堀内賢雄
エデュアール・“デル”・ドラクロア マイケル・ジェッター 牛山茂 麦人
ジャン(ジャニス)・エッジコム ボニー・ハント 唐沢潤 山像かおり
メリンダ・ムーアズ パトリシア・クラークソン 野沢由香里 鈴木弘子
バート・ハマースミス ゲイリー・シニーズ 仲野裕 登場シーンカット
アーレン・ビターバック グラハム・グリーン 渡辺寛二 郷里大輔
トゥート=トゥート ハリー・ディーン・スタントン 後藤敦 斎藤志郎
クラウス・デタリック ウィリアム・サドラー 内田直哉
老人のポール・エッジコム ダブス・グリア 小林恭治 内藤武敏
エレーン・コネリー イヴ・ブレント英語版 斉藤昌 京田尚子
ジャック・ヴァン・ヘイ ビル・マッキニー英語版 高橋翔
ロブ・マッギー保安官助手 Brian Libby
ビル・ダッジ ブレント・ブリスコー 辻つとむ

フジテレビ版:初回放送2002年9月14日『ゴールデンシアター

評価編集

Rotten Tomatoesでは132件のレビュー中80%が本作を支持し「新鮮保証」印がつけられ、平均点は6.8/10となった[9]Metacriticでは36名の批評家レビューに基づいて61点となった[10]

ロジャー・イーバートは四つ星満点中三ツ星半を与え、「映画は3時間以上の長いものです。これによって何か月間、何年間もの刑務所の時間を感じることができたことに感謝しています」と批評している[11]

脚注編集

  1. ^ 実際には1マイルもなく「遠い道」を意味し、獄舎から電気椅子へとつながる古ぼけた緑色の通路を指している。
  2. ^ John Coffey、つまりJesus Christと同じJ.C.であり、『キリストの磔刑』を表象している。
  3. ^ 触れた相手から病気を吸い取って黒い粒子として吐き出す。触れた相手の心を読み取り、他人にそれを見せる事ができる。
  4. ^ 電気椅子による処刑では、確実に脳天から電気を通すべく頭と電極の間に濡らしたスポンジを挿むのだが、この一件においてパーシーはスポンジを濡らさずに挿んだ。
  5. ^ a b The Green Mile (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月15日閲覧。
  6. ^ 2000年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2017年10月30日閲覧。
  7. ^ About the Film”. 2011年11月1日閲覧。
  8. ^ Darabont, Frank (Director) (December 10, 1999). The Green Mile (Motion picture). United States: Warner Bros. 
  9. ^ The Green Mile”. Rotten Tomatoes. 2012年2月1日閲覧。
  10. ^ The Green Mile”. Metacritic. 2012年2月1日閲覧。
  11. ^ “The Green Mile”. (1999年12月10日). http://www.rogerebert.com/reviews/the-green-mile-1999 

外部リンク編集