グリーン・オニオン

グリーン・オニオン」(原題:Green Onions[1]は、インストゥルメンタル・グループのブッカー・T&ザ・MG's1962年に発表したデビュー・シングル。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では183位にランクされている[2]

グリーン・オニオン
ブッカー・T&ザ・MG'sシングル
初出アルバム『Green Onions
B面 Behave Yourself
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 テネシー州メンフィス
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル スタックス・レコード
作詞・作曲 ブッカー・T・ジョーンズ
スティーヴ・クロッパー
ルイス・スタインバーグ
アル・ジャクソン・ジュニア
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ブッカー・T&ザ・MG's シングル 年表
グリーン・オニオン
(1962年)
Jellybread
(1962年)
ミュージックビデオ
「Green Onions」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

本作品はメンバーのブッカー・T・ジョーンズスティーヴ・クロッパー、ルイス・スタインバーグ、アル・ジャクソン・ジュニアの4人によって書かれた(ドナルド・ダック・ダンがスタインバーグと替わり加入するのは1964年のことである)[3]

1962年5月、スタックス・レコードの傘下のヴォルトから「Behave Yourself」のB面として発表された。同年9月、A面とB面を入れ替えてスタックスから再発。同年9月29日付のビルボード・Hot 100で3位を記録した[4]。ビルボードのHot R&B Singlesチャートで1位、キャッシュボックスで3位を記録しゴールドディスクに輝いた。同年10月発売のアルバム『Green Onions』に収録された[5]

アメリカン・グラフィティ』(1973年)や『さらば青春の光』(1979年)の挿入曲として使用された。

カバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ 当時の邦題が単数形であったこと、現行の日本のCD(ワーナーミュージック・ジャパン)もそれに則っていることから本稿の表記は「グリーン・オニオンズ」ではなく「グリーン・オニオン」とした。
  2. ^ Booker T. and the MG's, 'Green Onions' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  3. ^ Guralnick, Peter (1999). Sweet Soul Music: Rhythm and Blues and the Southern Dream of Freedom. Back Bay Books. p. 158. ISBN 978-0-316-33273-6. OCLC 41950519. http://www.isbnlib.com/preview/0316332739/Sweet-Soul-Music-Rhythm-and-Blues-and-the-Southern-Dream-of-Freedom 
  4. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF SEPTEMBER 29, 1962
  5. ^ Booker T. And The MG's / ブッカー・T.アンド・ジ・MG's「GREEN ONIONS / グリーン・オニオン」|ワーナーミュージック・ジャパン