グリーン・リヴァー

アメリカ合衆国のロックバンド

グリーン・リヴァー (Green River) は、アメリカのバンド。1984年にワシントン州シアトルにて結成され1988年まで活動していたバンドで後にグランジとして1990年代前半のアメリカで大流行するジャンルの先駆者として知られる。メンバーの内ストーン・ゴッサードジェフ・アメンパール・ジャムマーク・アームスティーヴ・ターナーマッドハニーというグランジシーンの中で重要な役割を果たすバンドを構成することとなる。

グリーン・リヴァー
Green River
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州
アバディーン
ジャンル オルタナティヴ・ロックグランジヘヴィメタル
活動期間 1984年 - 1988年、2008年 - 2009年
レーベル ホームステッド・レコード
サブ・ポップ
共同作業者 リンプ・リチャーズ
Spluii Numa
マッドハニー, マザー・ラヴ・ボーン, ラヴ・バッテリー, テンプル・オブ・ザ・ドッグ, パール・ジャム, ブラッド, スリー・フィッシュ
メンバー ジェフ・アメン
マーク・アーム
スティーヴ・ターナー
アレックス・ヴィンセント・シャムウェイ
ストーン・ゴッサード
ブルース・フェアウェザー

2008年に再結成し、いくつかのライブを行なっている。

歴史編集

グリーン・リヴァーという名は、同名の渾名で知られるアメリカの連続殺人犯ゲイリー・リッジウェイに由来する。1984年にヴォーカル兼ギターのマーク・アーム、ギターのスティーヴ・ターナー、ドラムのアレックス・ヴィンセント、ベースのジェフ・アメンらによって結成される。因みにグリーン・リヴァーという名前は結成された後に名付けられた。 バンドは結成後はしばらくシアトル周辺でライブを中心に活動していたが1984年12月に最初の作品となるEP、『カム・オン・ダウン - Come On Down - 』の制作を開始。1985年の初めにはレコーディングを完了。同年5月に発売する。しかしこの頃にギターのターナーがバンドのヘヴィメタル的な音楽性、趣味を嫌い脱退。代わりにブルース・フェアウェザーが加入。 1986年の3月には後にシアトル・サウンドなどと呼ばれ後にグランジシーンで大きな影響力を持つようになるサウンドガーデンメルヴィンズ等と共に参加したコンピレーションアルバムディープ・シックスがC/Z Recordsよりリリース。この頃から太平洋岸北西部を中心にしてライブ活動を再開。着実に人気を得ていった。 1986年6月に二枚目となるEP、『ドライ・アズ・ア・ボーン - Dry As A Bone - 』の制作を開始。プロデューサーにジャック・エンディーノを迎え、レーベルもホームステッドからブルース・パビットの新しいレーベルサブ・ポップに移籍。新体制の下制作されることとなったこのEPだが、パビットに年内にこのEPを発売する余裕がなく、発売は延期。その間にシングル"トゥゲザー・ウィール・ネヴァー"を地元のレーベルから発売した。 最終的に録音から丁度一年経た1987年7月にサブ・ポップからドライ・アズ・ア・ボーンを発売した。このEPはサブ・ポップに「世代の文化的な差を駆逐し、グランジというジャンルを越えた」と宣伝され、オールミュージックのスティーヴ・ヒューイは「グリーン・リヴァーの最高且つ個性的なリリースで、彼らの淫らさを完成させ、1970年代のハードロックとポスト・ハードコア・パンクの騒々しい結晶」と評された。 その後ドライ・アズ・ア・ボーンリリースと同時といってもいい程の速さでより多くの曲を含むアルバムである『リーハブ・ドール - Rehab Doll - 』の制作にとりかかった。 この頃になるとバンドはシアトルのグランジシーンにおいて中心的なバンドとなっており、順調に活動していると思われたが、アメンとゴッサード、そしてマークら他のメンバーに音楽性の違いが生まれ内部抗争が発生していた。アメンとゴッサードは積極的にメジャーレーベルへ移籍したがっていたが、マークはインディーズへ留まることを望んでおり、アメンとゴッサードの二人を出世をあまりにも考え過ぎ商業主義に走っていると見ていた。 1987年10月になると内部抗争は発展し、ロサンゼルスでのショウでアメンが他のメンバーへ知らせることなくメジャーレーベルの関係者達を大量に客として招いたらしく、代わりにバンドの友人達が犠牲にされたにも関わらず関係者は二人しか姿を現さなかった。 同月31日、アメン、ゴッサード、フェアウェザーらは「リーハブ・ドール」をこれから3ヶ月の間に発売することに合意したが、バンドを去りたいと言明し、グリーン・リヴァーはここに解散した。 解散後の1988年6月「リーハブ・ドール」が発売された。オールミュージックのネッド・ラゲットはこのアルバムを「グランジファン層とメタル層の間のファン層を掴んだアルバム」と評した。

再結成編集

グリーン・リヴァーは1990年11月30日に行われたパール・ジャムのコンサートの最中に一時的に再結成した。また2008年に4つのショウの為にアメン、アーム、ターナー、ヴィンセント、ゴッサードが集まり再結成した。最初のショーはリハビリとして2008年7月10日にシアトルのサンセット・タヴァーンで行われ、次に7月13日マーリープーア・パークでサブ・ポップ発足20周年を記念し行われ、オレゴン州ポートランドにて2008年11月28日、翌日にスーパーサッカーズの結成20周年のショウに出場し、2009年5月22日と23日にメルヴィンズの結成25周年のショウに出場した。

作品編集

スタジオアルバム編集

アルバム情報
1988 リーハブ・ドール - REHAB DOLL

コンピレーションアルバム編集

アルバム情報
1990 ドライ・アズ・ア・ボーン - DRY AS A BONE
  • リリース: 1990年9月13日
  • レーベル: サブ・ポップ (SP-11b)

EP編集

アルバム情報
1985 カム・オン・ダウン - COME ON DOWN
  • リリース: 1985年5月
  • レーベル: ホームステッド (031)
  • 形式: CD, LP盤
アルバム情報
1987 ドライ・アズ・ア・ボーン - DRY AS A BONE
  • リリース: 1987年7月
  • レーベル: サブ・ポップ (031)
  • 形式: CD, LP盤