メインメニューを開く

グリーン (ポケットモンスターSPECIAL)

ポケットモンスターSPECIAL > ポケットモンスターSPECIALの登場人物 > グリーン (ポケットモンスターSPECIAL)

グリーンは、漫画ポケットモンスターSPECIAL』に登場する架空の人物である。

目次

プロフィール編集

  • 本名:オーキド・グリーン
  • 性別:男
  • 誕生日:11月22日
  • 星座:射手座[1][2][3]
  • 年齢:11歳(第1章)・13歳(第2章)・14歳(第3章)・16歳(第5章・第6章)
  • 血液型:AB型
  • 身長:175cm(第13章時点)
  • 体重:60kg(第13章時点)
  • 家族:祖父(オーキド・ユキナリ)・姉(オーキド・ナナミ)
  • 出身地:カントー地方・マサラタウン
  • 特技:ポケモンの育成
  • 資格:トキワジムジムリーダー
  • 賞歴:第9回ポケモンリーグ準優勝
  • 初登場:第1話 VSミュウ
  • 登場章:第1章・第2章・第3章・第5章・第6章・(第7章)・(第9章)・第12章
  • 登場巻:1-7・9・12-15・22-26・(27)・(28)・29・(37)・(38)・(42)
  • 持ち物:ポケモン図鑑(初代→4代目)・ポケギア・ボイスチェッカー・バトルサーチャー・トライパス・レインボーパス・オーキド博士のペンダント[4]・大地の奥義書・ノートパソコン・リザードナイトY・キーストーン
  • 代名詞:育てる者(ポケモンの育成)
  • 人気投票:7位(2005年)→8位(2011年)

人物編集

オーキド博士の孫でオーキド・ナナミを姉に持つ、優秀なポケモントレーナー。ゲーム版『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』・『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』のライバル及び、『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』・『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』の登場人物であるトキワシティジムのジムリーダー・グリーンをモデルとしている。一人称は「オレ」。図鑑所有者としての代名詞は"育てる者"だが、バトルの腕前もレッドに引けを取らない彼の好敵手(ライバル)である。

有名な博士を祖父に持つがゆえに「祖父の七光」と思われることを嫌い、7歳の時(作者談)からジョウト地方に留学し、タンバシティのジムリーダーシジマの下で約4年間修行していた過去を持ち、トレーナー自身も鍛えるという修行をしていた。そのため、ノーマルタイプの技である「きりさく」をゴーストタイプのポケモンに命中させたり、音で敵の動きを読んで攻撃を見切るといった、普通ではありえないほどの「超感覚」を手に入れている。第3章以降から第9章前よりカロス地方に留学してコンコンブルからメガシンカを継承した経験もあり、同地方のチャンピオンであるカルネとは彼女が「バトル巧みな天才子役」だったころからの古い友人である。

性格は至ってクールで冷静沈着であるものの、祖父であるオーキド博士を「お爺ちゃん」と呼び慕うお爺ちゃん子であり、オーキド博士のことになると感情が高ぶることもある。幼い頃や物語の当初は感情的、生意気な性格であった。初めはレッドのことをトレーナー歴が長いこともあって見下していたが、次第にお互い良いライバルとして意識し合うようになる。ブルーに対しては、初対面では良い印象を持っていなかったが、次第に仲間意識を持つようになる。また、ブルーの発言に対して突っ込みを入れることが多々あり、「うるさい女だ」と呆れながら言うことが、作中ではお約束の掛け合いとなっている。

イエローの「気」を高めることによってポケモンも同調し、手持ちポケモンは表に出さない力を解放してレベルを上げる能力を教えたのは彼である。第2章の時点でイエローの正体に気づいていたが、一夜明けてもポケモンを捕獲出来ず、さらに進化したラッタの姿を見て、驚きのあまり泣き出した彼女に驚愕していた。シルバーのことは第3章でワニノコの盗難容疑で身柄を確保しようとしていたが、第5章終盤ではシルバーがサカキの息子であることを明かされた際に、シルバーに前述の境遇を話してサカキを父親として受け入れ、誇りを持つように諭して「大地の奥義書」を渡した。それ以降はシルバーから敬意を持たれている。

美男子であり、作中でブルーから「いい男」と言われたこともあり、道中にグリーンのファンもいた。

他の図鑑所有者の中でも最も服装の入れ替わりが激しく、第1章では『ピカチュウ』でのライバルの服装。第2章ではその上からマントを羽織っていた。第3章では『赤・緑・青』におけるチャンピオン戦のライバルと同じジャケット姿。第5章・第6章では『ファイアレッド・リーフグリーン』でのライバルの服装。第9章ではシルバーの回想シーン内では、『ハートゴールド・ソウルシルバー』に登場するグリーンと同じ服装をしていた。第12章では第9章の服装の上に再びマントを羽織ったスタイルで登場した。

歴代図鑑所有者の中ではジムリーダーということもあって、最も登場の機会に恵まれており、レッドやブルーと違い、長期間登場しない間隔が短い。

劇中での活躍編集

第1章(赤・緑・青編)
レッドと共にオーキド博士からポケモン図鑑を渡され、ポケモンのデータを集めると同時に腕を磨く。ロケット団の幹部・キョウによるポケモンタワーの事件に巻き込まれても本人はとりわけ気に留めていなかったが、ロケット団がオーキド博士をさらい、マサラタウンを汚すと憤りを感じ、決着をつける為、ヤマブキシティのシルフカンパニーに向かう。そこで再度キョウと対峙し、ゴルバットの攻撃を受けるが、オーキド博士から貰ったペンダントのおかげで命拾いした。
レッドと協力してキョウを倒した後は、レッド・ブルーと共にロケット団の幹部であるナツメを撃破した。その後、無人発電所で四天王キクコと遭遇した(このエピソードは第2章で回想シーンという形で描かれた)。第9回ポケモンリーグに出場したが、僅差でレッドに破れ、準優勝となる。
第2章(イエロー編)
ポケモンリーグ後は武者修行を続けていた。レッドの失踪中、タマムシシティでキクコが差し向けた刺客を退けるとイエローのポケモントレーナーとしての腕を鍛え上げる。
その後独自に四天王の拠点スオウ島を突き止め単身で乗り込み、かつての敵だったキョウと組んで、四天王キクコとの戦いに挑み、辛くもキクコに勝利する。その後はレッド・ブルーと共にイエローの支援をし、最終的にワタルの野望を阻止することに成功した。
第3章(金・銀・クリスタル編)
手足の後遺症でジムリーダー就任を辞退したレッドに代わり、トキワシティの新ジムリーダーに就任。
ジムリーダー対抗戦では師匠であるシジマとバトルを繰り広げ、勝利する。その後ロケット団が仕組んだ暴走するリニアに閉じ込められたが、レッドによって救出されウバメの森に乗り込み、レッド・ブルーと共にイツキとカリンと交戦した後は、初代図鑑所有者の1人としてゴールド・シルバー・クリスタルを援護し、「仮面の男」ヤナギの野望を阻止することに成功した。
第5章(ファイアレッド・リーフグリーン編)
レッドと共にデオキシスを追う最中、オーキド博士がロケット団に捕われていることを知り、祖父を救うべく奮闘する。
イエローがグリーンの留守にしているトキワジムに訪れた際には、グリーンの立体映像が対応する様になっていて、控えのポケモン達が相手にすることになっている。
祖父が人質に取られたこともあり、レッドがデオキシスの実力を前に挫折していたことから、彼に呆れて他のメンバーで作戦を練ったり、サカキに乗りかかるなど、感情的になることが多かった。
ブルーと行動を共にすることが多く、ミュウツーを拘束具から解放する作戦の指揮をとり、決戦をレッドに託した。後にレッド達を追う途中、シルバー達と出会い、シルバーにサカキの気持ちを教え、彼を改心させた。事件解決後は三獣士のサキの手によって石化してしまう。
第6章(エメラルド編)
ハギ老人(このとき名誉艦長)らによって石化した状態でホウエン地方のバトルフロンティア内に運ばれる。
エメラルドジラーチへの願いにより復活した後は、他の図鑑所有者達と共に究極技を繰り出してガイルが出現させた強大な海の魔物を撃退し、バトルフロンティアの危機を救った。
第9章(ハートゴールド・ソウルシルバー編)
シルバーの回想シーン内にて登場。第5章の事件終息後に隠れ家に向かわせたシルバーのリングマとサカキの元へ向かうシルバーに付き添い、行方不明のサカキを探すシルバーに、サイドンから進化させたドサイドンを譲った。
第13章(オメガルビー・アルファサファイア編)
レッドの発言からカントー地方を離れていることが分かる。
ダイゴの回想シーンにて登場。
第12章(X・Y編)
ナナカマド博士からカロス地方で2匹の伝説のポケモンが復活したという情報を聞き、カロス地方に向かう。争いに終止符を打つ鍵となるポケモン・ジガルデを探そうとドサイドンで地中を探索していた途中、フレア団との戦いで負傷した旧友のカルネを助け、彼女からフレア団の暗躍を聞くことになる。その後15番道路で潜伏していたエックス達の話を聞き、リザードンとドサイドンに彼らの護衛を任せて自身はジムリーダー達の元に伝言を伝えると、ヒャッコクシティで再び合流して共にポケモンの村へと向かい、エックスや再会したカツラと共にフラダリの野望を打ち砕いた。

所有ポケモン編集

手持ちと控え共に第13章現在のメンバー。ポケモンにニックネームはつけていない。なおポケモン達は、グリーンがいなくても自主トレーニングを行う程にまで育てられており、主人から離れた状態でも十分に戦えるだけの力を持っている。

手持ち編集

リザードン編集

  • ヒトカゲ♂→リザード♂→リザードン♂←→メガリザードンY♂Lv.89
  • 特性:もうか←→ひでり 性格:ずぶとい 個性:しんぼうつよい
  • 初登場:第1話 VSミュウ
  • 技:"かえんほうしゃ"・"きりさく"・"そらをとぶ"・"だいもんじ"・"ブラストバーン"・"ほのおのうず"・"ほのおのパンチ"・"リフレクター"
祖父オーキドから譲り受けたヒトカゲが進化した。強力なほのおタイプの攻撃技に加え、飛行要員としても活躍する。グリーンの手持ちの中でも強力な個体で、エックスのサラメからは目標とされている。
偶発的な交換でピカチュウと勘違いし出したレッドの前に一番初めに登場した時は言う事を聞かなかったが、第3章と第5章ではレッドに力を貸している。
第5章でキワメの修行により、炎の究極技"ブラストバーン"を習得する。
第6章ではゴールドのバクたろう(バクフーン)・サファイアのちゃも(バシャーモ)と共に"ブラストバーン"を放った。
第12章ではメガシンカを習得しており、尻尾の炎の中にリザードナイトYを入れている。

ゴルダック編集

  • ゴルダック♂ Lv88
  • 特性:ノーてんき 性格:まじめ 個性:たべるのがだいすき
  • 初登場:第18話 VSキュウコン
  • 技:"アイアンテール"・"あなをほる"・"なみのり"・"ねんりき"・"ハイドロポンプ"・"はかいこうせん"
第1章から手持ちに加わっているポケモン。
バトルでは強力なみずタイプの技を使って戦う他、グリーンを乗せて水上を移動したり、"ねんりき"を使って人間の思考や敵を探ることも可能。

カイリキー編集

  • ゴーリキー♂→カイリキー♂Lv.80
  • 特性:こんじょう 性格:てれや 個性:いねむりがおおい
  • 初登場:第18話 VSキュウコン
技:"からてチョップ"・"きあいだめ"・"けたぐり"・"じごくぐるま"・"たたきつける"・"ちきゅうなげ"・"はかいこうせん"
第1章からの手持ち。レッドとの偶発的な交換によってゴーリキーから進化した。言う事を聞かなかったグリーンの他のポケモンと異なり、キュウコンに襲われたレッドの指示を聞き交戦していた。
バトルでは4本の腕と屈強な肉体から、生み出されるパワーを活かして戦う。

ハッサム編集

  • ストライク♂→ハッサム♂Lv.82
  • 特性:むしのしらせ 性格:すなお 個性:ひるねをよくする
  • 初登場:第18話 VSキュウコン
  • 技:"いあいぎり"・"きりさく"・"はがねのつばさ"・"みねうち"・"メタルクロー"
第1章からの手持ちで、シジマの下で修行していた頃には既に共にいた幼馴染みポケモン。火球を切り裂いたり、形無き敵を切り裂けるほどキレが鋭い。
第3章に登場した時には進化していた。本来ハッサムに進化するとすばやさは落ちるはずだが、グリーンのハッサムは進化前とさほど変わっていない。

ポリゴン2編集

  • ポリゴン→ポリゴン2Lv.78
  • 特性:トレース 性格:きまぐれ 個性:こうきしんがつよい
  • 初登場:第18話 VSキュウコン
  • 技:"かくばる"・"サイケこうせん"・"テクスチャー"・"テクスチャー2"・"でんじほう"・"トライアタック"・"リサイクル"
タマムシシティのゲームコーナーの景品で手に入れる。当初はグリーンの指示を聞かなかったが、レッドの影響でグリーンに懐いた。第3章に登場した時には既に進化していた。
電脳空間を自在に移動することができ、第2章では図鑑から図鑑への転送、第5章ではトレーナータワーのマザーコンピューターへの潜入といった活躍を見せ、オーキド博士とブルーの両親を助けた。

ドサイドン編集

  • サイドン♂→ドサイドン♂Lv.82
  • 特性:ひらいしん 性格:おっとり 個性:ちからがじまん
  • 初登場:第116話 VSハッサム
  • 技:"あなをほる"・"じしん"・"つのでつく"・"つのドリル"・"ふみつけ"・"メガホーン"・"がんせきほう"
トキワシティジムを襲撃した際に捕獲される。ジムリーダー対抗戦でグリーンの師・シジマのポケモンと交戦し、相性の悪さを覆して勝利する。
第9章のシルバーによる回想シーン内で、プロテクターを持たせて交換することでドサイドンに進化、その直後リングマを失ったシルバーの戦力の為に一時的に譲られたが、第12章でカロス地方に向かう前に第3の伝説のポケモンであるジガルデが地中に生息しているとの情報を受けて再び手持ちに戻っている。進化前に当たるワイのさいさいからは目標にされている。

控え編集

トキワシティジムのジムリーダーとなったグリーンの留守を預かっており、ジムに挑戦者がやってきた時にも独自に戦えるように鍛えられている。

ピジョット編集

  • ピジョット♂Lv.60
  • 特性:するどいめ 性格:がんばりや 個性:かんがえごとがおおい
  • 初登場:第18話 VSキュウコン
  • 技:"つばさでうつ"・"フェザーダンス"
第1章・第2章ではグリーンの手持ちとして随所に活躍する。第3章以降は控えメンバー。

キュウコン編集

  • キュウコン♂Lv.63
  • 特性:もらいび 性格:ひかえめ 個性:ぬけめがいない
  • 初登場:第18話 VSキュウコン
  • 技:"だいもんじ"
手持ちポケモンが入れ替わるというトラブルの最中にグリーンに捕獲された。その後第9回ポケモンリーグ決勝戦でのレッドとの戦いで"だいもんじ"を使い、そこから生じる上昇気流でレッドを追い詰めた。

ウィンディ編集

  • ウインディ♂Lv.61
  • 特性:いかく 性格:不明 個性:ちょっとおこりっぽい
  • 初登場:第116話 VSハッサム
第3章にて、トキワシティジムを襲撃した際に捕獲される。

ナッシー編集

  • ナッシー♂Lv.60
  • 特性:ようりょくそ 性格:のんき
  • 初登場:第116話 VSハッサム
第3章にて、トキワシティジムを襲撃した際に捕獲される。

フーディン編集

  • フーディン♂Lv.62
  • 特性:せいしんりょく 性格:のうてんき
  • 初登場:第116話 VSハッサム
  • 技:"なりきり"
トキワシティジムを襲撃した際に捕獲される。

バケッチャ編集

  • バケッチャ♂Lv.55
  • 特性:おみとおし 性格:せっかち
  • 初登場:エピソード27 カイロス、にらむ
第12章で初登場。"ワンダールーム"に閉じこめられた空間ごと、地中に引きずりこまれたカルネを発見した。

一時手持ち編集

フッシー編集

  • 特性:しんりょく 性格:おとなしい
  • レッド⇒グリーン
第1章でアクシデントにより、当時のレッドの手持ちと入れ替わった。また、第5章では一時的にリザードンと交換された。

ピカ編集

  • ピカチュウ
  • 特性:せいでんき 性格:なまいき
  • レッド⇒グリーン
第1章でアクシデントにより、当時のレッドの手持ちと入れ替わった。

ニョロ編集

  • ニョロボン
  • 特性:しめりけ 性格:ゆうかん
  • レッド⇒グリーン
第1章でアクシデントにより、当時のレッドの手持ちと入れ替わった。

ゴルバット編集

第1章でオーキド博士を探す為に連れて行った。
第2章では、キョウと再会した際に返していたが、彼が逸れた時の戦力であり、キクコのゴルバットを倒した。

ギャラ編集

  • ギャラドス
  • 特性:いかく 性格:さみしがり 個性:あばれるのがすき
  • レッド⇒グリーン
第3章でレッドがシロガネ山に行く際、自身のリザードンと交換で渡された。

脚注編集

  1. ^ 七色の誕生日占い:11月22日生まれのあなたの運勢」『七色の誕生日占い』。2018年8月4日閲覧。
  2. ^ SAGITTARIUS ZODIAC SIGN”. 2018年8月4日閲覧。
  3. ^ 蠍座に分類されることもある
  4. ^ “リフレクター”と同じ効果を持っており、ポケモンの技を受けてもヒビが入る程の硬さがある。なお、姉のナナミもこのペンダントを首にかけている。

外部リンク編集