メインメニューを開く

グルバングル・ベルディムハメドフ

グルバングル・マリクグルイェヴィチ・ベルディムハメドフ[1]トルクメン語Gurbanguly Mälikgulyýewiç Berdimuhammedowロシア語Гурбангулы Мяликгулыевич Бердымухаммедов1957年6月29日 - )は、トルクメニスタン政治家。現在、同国の大統領を務めており、「庇護者」ならびに「守護者」を意味するアルカダグ(トルクメン語:Arkadag)の敬称で呼ばれている[2]

グルバングル・マリクグルイェヴィチ・ベルディムハメドフ
Gurbanguly Mälikgulyýewiç Berdimuhammedow
Gurbanguly.jpg

任期 2007年2月14日

出生 (1957-06-29) 1957年6月29日(62歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Turkmen Soviet Socialist Republic.svg トルクメン・ソビエト社会主義共和国アハル州ババラプロシア語版
政党 トルクメニスタン民主党

目次

経歴編集

ソビエト連邦トルクメン・ソビエト社会主義共和国の南部アハル州ババラプロシア語版の生まれ。1979年トルクメニスタン国立医科大学ロシア語版英語版を卒業、その後は歯科医師として活動した。

初代大統領であるサパルムラト・ニヤゾフ政権下では副首相を務めた。しかし、2006年12月21日に在任中のニヤゾフ大統領が死去したことに伴い、国家安全保障理事会英語版により大統領代行に就任。2007年2月11日大統領選挙ロシア語版英語版の結果、他の候補を大きく引き離す89.23%の得票率を獲得して同14日、同国の第2代大統領へと正式に就任した。またニヤゾフ前大統領が務めていたトルクメニスタン民主党議長の座も、同時にベルディムハメドフが引き継いだ。翌年の2008年から脱ニヤゾフ政策を打ち進め続けている。

2012年2月12日大統領選挙ロシア語版英語版では約97%の得票率を獲得し再選を果たす。同年4月にはエネルギー・工業大臣のヤルムハメト・オラズグルイェフトルクメン語版を『子息交通事故を起こす』失態を演じたことから「父親として行き届いていない」として解任させた[3]

2013年4月28日には乗馬レース中に落馬病院に搬送されたものの、トルクメニスタン国内ではほぼ報道されなかった[4]。同年9月11日に訪日し、同13日まで滞在。安倍晋三総理や明仁天皇と会談、会食し国際協力銀行経団連などの政財界関係者とも交流した[5]

2016年憲法英語版を改正し、大統領任期を5年から7年に延長。なお、この時の憲法改正では大統領選挙への立候補を70歳までに制限していた条項を撤廃しており、これはベルディムハメドフ自身の終身大統領英語版への布石ではないかとみられている[6]

2017年2月12日、9人の立候補により行われた大統領選挙英語版では97.69%の票を獲得し圧勝した[6]。同年10月、ロシアウラジーミル・プーチン大統領の65歳の誕生日を祝って自国産の犬(アラバイ犬英語: Alabai)をプレゼントしている[7]

2018年4月、同国のオリンピック委員会ロシア語版英語版委員長に再選[8]

2019年5月31日、同国に訪問したロシアのドミトリー・メドベージェフ首相へ、2年前のプーチン大統領の時と同じくアラバイ犬の子犬を贈呈している[9]

人物編集

家族編集

首都アシガバート米国大使館における外交通信英語版によれば既婚者であり、1人息子と3人のが存在する[10]

長男のセルダルトルクメン語版ロシア語版英語版はベルディムハメドフと同じく政治家で現在、アハル州の副知事に任命されている[11]

祖父の名はベルディムハメッド・アナエフロシア語版英語Berdimuhamed Annayev、トルクメン語:Berdimuhammed Annaýew)といい、当人は第二次世界大戦において活躍していた軍人1948年に死没。70年後の2018年にロシアから名誉勲章ロシア語版を授与されている。

政策編集

前任のサパルムラト・ニヤゾフ大統領時代は、個人崇拝を伴う強硬な独裁政治が行われており国民の権利は著しく制限されていた[12]が、ベルディムハメドフが大統領に就任して以降は、高齢者向けの年金の復活や閉鎖されていたアシガバート以外の病院再開、そしてオペラサーカス映画の解禁、インターネットの利用の解禁など脱ニヤゾフ化政策を進めている。ベルディムハメドフが脱ニヤゾフ化を進める背景としてニヤゾフによる頻繁な粛清で国家機構の人材不足が深刻になっていることが指摘されている。また、豊富な天然ガスをテコにした資源外交を活発化させている現政権としてはニヤゾフ政権の異常な体制を廃止することで国際社会での孤立化を回避する狙いもあると見られている。最近はニヤゾフの著書ルーフナーマも入手が困難になっており、ルーフナーマ公式ウェブサイトの削除も行われるなど、「脱ニヤゾフ」化への努力がみられる。また、経済的な理由もあるものの、2019年1月から、サパルムラト・ニヤゾフ前大統領が電気、ガス、飲料水については1993年から、食卓塩については2003年から無償供給としていた制度を止め、有償化した。有償化の理由をグルバングルィ・ベルディムハメドフ大統領は「政府活動の持続的拡大、資源の合理的利用、社会的補助制度の発展のため」と説明している[13][14]

しかしながら完全な民主化とは程遠く、秘密警察による監視は続いており、またかつてはニヤゾフの写真を用いていたアピールをベルディムハメドフのものに取り替えられて[15]行われるなど、新たな個人崇拝は現在も健在である。こうした動きに対し、国内の諸部族のバランスを取るため体制の安定が必要だという見方がある。ヒューマン・ライツ・ウォッチの調査では、ベルディムハメドフ本人や政権関係者によって全体主義が一貫されているとの結果報告があり、彼の親族も彼同様に絶大な権力を与えられているとされる[16]

日本とのつながりをアピールしている[17]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞は、ベルドイムハメドフとつづる。
  2. ^ Turkmenistan: President Gurbanguly Berdymukhammedov is awarded the status of Arkadag – protector Ferghana Information agency, Moscow 2015年9月5日
  3. ^ “子育てのまずさ理由に閣僚解任、トルクメニスタン大統領”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年4月14日). http://www.afpbb.com/article/politics/2871507/8785989 2013年5月4日閲覧。 
  4. ^ “トルクメニスタンの大統領がレース中に落馬、政府は沈黙”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年5月3日). http://www.afpbb.com/article/politics/2942003/10674972 2013年5月4日閲覧。 
  5. ^ ベルディムハメドフ・トルクメニスタン大統領の訪日(概要) | 外務省 - 2013年9月13日
  6. ^ a b “トルクメニスタン大統領選、現職が圧勝”. 産経新聞. (2016年2月13日). http://www.sankei.com/world/news/170213/wor1702130029-n1.html 2017年7月8日閲覧。 
  7. ^ プレゼントの子犬にキス 65歳誕生日, 毎日新聞(2017年10月12日), 閲覧日:2017年10月14日
  8. ^ President Gurbanguly Berdimuhamedov is re-elected the Head of National Olympic Committee Государственное информационное агентство Туркменистана 2018年4月22日
  9. ^ “メドベージェフ首相にトルクメニスタン大統領がプーチン大統領のと同じ子犬贈呈【動画】”. スプートニク. (2019年5月31日). https://jp.sputniknews.com/world/201905316315058/ 2019年6月1日閲覧。 
  10. ^ US embassy cables Turkmenistan president ‘not a very bright guy’ Turkmenistan ガーディアン 2010年12月2日
  11. ^ turkmenistan President’s son and presumed heir gets new top job Eurasianet 2019年4月1日
  12. ^ これはあくまでも「大統領令」であり、大統領令を閣議承認しないと施行できないため実際には地方の病院の閉鎖は行われていなかった。
  13. ^ 高橋淳 (2018年10月2日). “電気、天然ガス、飲料水、食卓塩の無償供給が2018年末で終了(トルクメニスタン)”. 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ). https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/10/dd53a2271db356c2.html 2019年3月9日閲覧。 
  14. ^ “トルクメニスタン、無料だったガス・電気・水道代がついに有料化へ”. AFPBB News (AFP). (2017年10月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3146212 2017年10月11日閲覧。 
  15. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、3 May 2017 11:49:42 UTC閲覧。
  16. ^ World Report 2014 World Report 2014 Turkmenistan Human Rights Watch 2015年1月28日
  17. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、3 May 2017 11:57:52 UTC閲覧。

参考文献編集