グループRally

グループRから転送)

グループRally (Group Rally) は、国際自動車連盟 (FIA) が定める、ラリーに使用する競技車両のカテゴリーの総称である。2019年までの名称は『グループR』で、現在も一部には用いられている。

概要編集

FIAが発行する国際モータースポーツ競技規則 付則J項(国際競技車両規則)の部門Ⅰ(量産車両)に属し、「ツーリングカーまたは大規模量産プロダクションカー」と定義される。市販車を改造するという点ではグループAグループNと同じだが、改造範囲により大きく複数のレギュレーションに分かれている点が異なる。その点ではグループGT3/GT4に近い性質を持つ。

グループRallyは大別すると四輪駆動ターボのRally2・Rally2キットカー、二輪駆動のR3・Rally4・Rally5に分けられる。グループAの公認も取得することが前提条件であるため、ベース車両はシリーズ全体で25,000台、直接のモデルは連続する12ヶ月間で2,500台が生産されている4座席の量産車でなければならない。またそれに加えてVR(Varriant Rally、Rall2からRally5まで個別に存在)と呼ばれる、改造についてのグループR独自の公認の取得も求められる。VRもグループA書式で有効な公認=VO(Variants Option)を得ていることが前提である。また各VR公認を得ている部品は、ベース車両に無いものや他社ブランドのものでも使用が可能である[1]

ちなみに同じRがつくラリーカーのグループR-GTが存在するが、これは部門II(レーシングカー)のGTプロダクションカーを規定したものであり、グループRとは全く異なる規定である。またWRC最高クラスのワールドラリーカー(WRカー)のベース車両と改造(WRCキット変型)は、グループRallyではなくグループAの特例として公認を受ける。

WRCの下位クラスやFIA管轄の地域選手権ではたちまちメイン規定となり、マニュファクチャラーやプライベーターからグループGT3TCRに匹敵するほどの人気を集めている。日本では導入が遅れていたが、2015年に全日本ラリー選手権にR1〜R3(現R3~Rally5)車両が「RR車両」の名でJN5クラスに正式に導入され、加えて2019年にはR5(現Rally2)のJN1(旧JN6)クラス参戦も認可された。しかしいちはやくオサムファクトリーが輸入したシュコダ・ファビアR5は日本の車検制度の壁に阻まれ、日本の道路運送法に基づく登録番号票(=本ナンバー)が交付されなかったため、JAFの選手権である全日本ラリーを諦めるという一幕があった[2]。一般的に海外の車両は、ジュネーヴ条約加盟国で登録された車両に限り自動車カルネを用いて一時輸入すれば「締約国登録自動車」として登録国のナンバーのまま日本の公道を走行できる[3][4] し、またプジョー・208 R2やシトロエン・DS3 R3のように日本の本ナンバーを取得した上で全日本ラリーに参戦するエントラントも多かったが、ファビアの例は全日本エントラントのマシン選びに少なからず影響を与えることが予想される。

なお2017年に発足した日本スーパーラリーシリーズでは初年度から全てのグループRally車両の参戦が可能であり、加えてこちらは仮ナンバーでも参戦が可能である。またWRCの日本ラウンドであるラリージャパン、およびWRCのリハーサルイベントであった「セントラルラリー」もまた仮ナンバーでの参戦が可能であった。しかし海外からのエントラントのナンバーの処遇はどうするかといった問題や、仮ナンバーの車両が溢れることが公道規則適合車を用いるというラリーの精神に則っているものなのか、という点に関して疑問の声も上がっている。

略歴編集

2006年からJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)でグループN及びグループAの隙間を埋める形でグループR1〜R3が始まった。2011年にはグループN4の発展であるグループR4[5]、2013年にスーパー2000の後継カテゴリとしてグループR5が誕生して現在の形の原型が出来上がった。なおR5は構想段階では『R4T』という名称が用いられていた[6]

2015年にR4はFIA主催の欧州イベントから外されるなど段階的に廃止される一方、その代替として翌2016年にFIAワールドモータースポーツカウンシル(WMSC)にて共通コンポーネントを用いるR4キットカーが承認され、2018年からコンポーネントが発売されるようになった。

その後数字が若い方が戦闘力が低いのは車両クラス名・カテゴリ名と矛盾してわかりづらいということから、2020年にWRカーの『Rally1』を頂点とし、R5を『RALLY2』、R4キットカーを『RALLY2キットカー』、R2を『RALLY4』、R5を『RALLY5』というピラミッド構造の下に改名された(ただしR3だけは改名されない)[7]。 なおグループR時代に作成されたマシンについては、固有の名称は旧称のままになっているが、新型の開発により改名するケースもある(例:ファビアR5はエボリューションモデルで「ファビア Rally2 EVO」と改名されているが、旧型についてはそのままである)。

現行のクラス区分編集

車両クラス グループ NA排気量 過給排気量 気筒数 燃料 最低重量 駆動系式 主な該当選手権
RC2 Rally2 - 1,600cc 4気筒 ガソリン 1,230kg 四輪駆動 WRC2
WRC3
APRC
ERC
JRC(JN1)
Rally2キットカー
RC3 R3 R3D 2,000cc以下 6気筒以下 ディーゼル 1,150kg 二輪駆動 JWRC3
APRC3
ERC3
JRC(JN2)
R3T 1,620cc以下 4気筒以下 ガソリン 1,080kg
R3C 1,600cc超
2,000cc以下
1,067cc超
1,333cc以下
RC4 Rally4 Ra4C
Ra4B 1,390cc超
1,600cc以下
927cc超
1,067cc以下
1,030kg
RC5 Rally5 1,600cc以下 1,067cc以下 1,030kg
- 1,333cc以下 1,080kg
  • 車両クラスはプライオリティ(出走順など)に関わる区分。

グループRally2編集

旧名グループR5。スーパー2000に代わり2013年に誕生した規定で、WRカーに次ぐ戦闘力を持ったグループRally規定最強のマシン。かつてはこれを次期WRカーにするという構想も存在したほどで、事実狭くツイスティなコースでは大柄な現行WRカーを凌ぐ速さを見せることもある。かつてプライベーターからの絶大な人気を誇ったグループN/R4の衰退により、各国ラリーで最高峰マシンとして採用される例が増えている。またWRCでもワークスチームの参入が相次いだため、ワークスやプロドライバー向けのクラス(WRC2プロ→WRC2)が創設された。

FIA技術規則(J項)にはRally2車両の排気量に関する記述は一切無いが、WRC公式サイト では1.6リッターとされており、事実それ以外の排気量のRally2マシンは存在しない。なおWRカーのレース専用エンジン規格『GRE』と同じ排気量であるが、Rally2の場合は同一グループ内の市販車に由来するエンジンを用いることが義務付けられている。

 なおRally2に参戦するクルーに対しては、FIAがWRカーと同様の安全装備を義務付けている関係で、最新の安全装備が必要とされており、常にFIAから発行される安全装備に関するテクニカルリストに即した、ヘルメット・FHRデバイス・レーシングウェアの装着が必須である。

Rally2公認車両編集

シュコダ・ファビア R5/ EVO Rally2
2015年デビュー。2016年~2018年にエサペッカ・ラッピ、ポンタス・ティデマンド、ヤン・コペッキーとシュコダのワークスチームドライバーがWRC2を3連覇した。特に2018年はWRC2の13戦中11戦でファビアが優勝を奪ったほか、世界の28ものラリー選手権でファビアR5がチャンピオンに輝くなどRally2最強マシンとして世界中を席巻した。2019年のWRC2プロもカッレ・ロバンペラとともに製造者部門も含めて制覇するものの、ワークスチームはこの年限りで撤退した。日本でもクスコ福永修がファビアR5を使用しているが、日本では正式なナンバー取得はできないため全日本ラリー選手権には参戦不可[2] であり、APRCやJSRのような国際格ラリー限定となる。2019年には累計300台供給を達成。また同年エボリューションモデルのEVO Rally2が登場している。
フォード・フィエスタ R5
2013年デビューの、世界初のR5マシン。開発はMスポーツ。地域選手権向けのフィエスタ RS RRC同様プライベーターから高い人気を誇るが、2016年以降はシュコダ勢に押され気味である。2019年より開始されるWRC2プロにも参戦し、同年にはエボリューションモデルが登場した。
プジョー・208 T16 R5
2014年にデビュー。WRCを撤退したプジョーが作成したR5マシン。クレイグ・ブリーンがERCでは4勝を挙げるもののWRC2での優勝は0回に終わり、2017年以降は使用者が激減している。セバスチャン・ローブ・レーシングはこのマシンを使用していた。
シトロエン・DS3 R5
2014年デビュー。2015年のラリー・モンテカルロでステファン・ルフェーブルがWRC2優勝を果たすものの、優勝はこの1回のみであった。2017年にエボモデルが開発されるも、同年末にC3 R5がデビューしたため、以降は参戦台数が激減した。
ヒュンダイ・i20 R5
ステファン・サラザンらをテストドライバーとして起用し2016年にデビュー。心臓部にはジェネシスクーペのG4KFエンジンを1.6L化したものを収めている。2017年に韓国人ドライバーを地方のラリーで起用した他、2018年にはWRC2にヤリ・フットネンを起用しワークス参戦を果たすものの、最高順位は2位に終わっている。一年休止後、2020年にエボリューションモデル「i20 R5'20」を投入し、再びWRC2にワークス参戦を果たしている。その他WRカーで参戦しているティエリー・ヌービルダニ・ソルドが地元のラリーにスポット参戦する際はこのマシンを使用している。
フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5
2016年末にWRCを電撃撤退したフォルクスワーゲンが開発したR5マシン。同グループ内で市販車がプラットフォームを共有する、ファビアR5のノウハウがふんだんにフィードバックされている[8]。デビュー戦となった2018年の第12戦ラリー・カタルーニャでは2003年WRC王者のペター・ソルベルグを起用し、クラス3位でフィニッシュを果たした。翌年より世界中のプライベートチームに運用され、ラリー・スウェーデンではWRC2で1-3フィニッシュを達成した。
シトロエン・C3 R5
2017年末にフランスの地方ラリーで0カーとしてデビューしたシトロエン2台目のR5マシン。2018年のツール・ド・コルスで実戦デビューを果たし、ヨアン・ボナートがWRC2クラス2位でフィニッシュしている。しかし同年はシュコダワークスに圧巻され、WRC2での優勝は達成できなかった。2019年より開始されるWRC2プロにも参戦。開幕戦モンテカルロではボナートがWRC2で優勝。第2戦スウェーデンでは昨年WRCワークスドライバーであったマッズ・オストベルグがWRC2プロを制している。2020年からはPHスポーツがシトロエンのセミワークスとしてWRC2およびWRC3に参戦する。
プロトン・アイリス R5
2017年にイギリスのメラーズ・エリオット・モータースポーツ(MEM)が開発を表明したR5マシン。右ハンドル・左ハンドルの両仕様が存在する。エンジンはランサーエボリューションXの4B11を1.6L化したものを採用[9]。2018年のWRCデビューを目処に開発を進め、往年のWRC王者マーカス・グロンホルムをテストドライバーとして起用した。イギリス選手権で先行デビューを果たすものの開発不足により公認取得を延期。2019年3月にホモロゲーションを取得して発売し、国際ラリーへの出場は可能になったものの、WRC2やERCへの参戦は現時点ではなされていない[10]

正式な公認を取得していないRally2車両編集

三菱・ミラージュ R5
元ラリアート・スウェーデンのMパートABの開発したR5マシン。1.6L化したランサーエボリューションXの4B11エンジンを内蔵しており、元々は『Mitsubishi R5』と名乗っていた。ベースのミラージュはグループAの公認を取得していないため、WRC2/WRC3へのエントリーはできない。2015年にオランダ選手権でデビューして以降各国内選手権やAPRCなどでは公認車両として認められており、2016年イギリス選手権ではチャンピオンを獲得している。また日本でも2017年のラリー北海道に登場して2位表彰台に上がっている[11]
トヨタ・エティオス R5
パラグアイのトヨタチームが2016年に開発した、トヨタ史上初のR5マシン。かつてセリカロータス・エリーゼにも用いられていた2ZZ-GEを1.6Lターボ化して搭載している。パラグアイおよび南米選手権限定で参戦が可能[12]。2019年にはWRCラリー・アルゼンチンにも賞典外で参戦した[13]
オペル・コルサ R5
2017年にドイツのフォルツァーレーシングが開発したオペル・コルサベースにしたR5モデルマシン。正式名称は「フォルツァー・コルサ R5」。ラリーポルトガルで展示され、将来的なWRC参戦を見越してオペル本社と交渉を予定しているとのことであったが[14]、オペル側はR5に興味がないと一蹴している。

グループRall2キット編集

旧名グループR4キット。オレカの供給する共通コンポーネント(エンジン、駆動系、サスペンション)を量産車に組み込むもので、ベース車両についてグループAの公認を必要としない点が、他のグループRally規定とは一線を画す。また他のグループR車両は基本的に量産車メーカーが開発・公認を受けるのに対し、Rally2キットカーはプライベーターが独自に開発を行うのも大きな特徴で、これにより多様な車種の参入が可能となっている。なお量産車にコンポーネントを組み込むという発想自体はアルゼンチンの『マキシカー』やスペインの『グループN5』、APRCの『AP4』などがすでに存在しており、FIAのオリジナルというわけではない。

もともとはR4の代替として、R5(Rally2)とR3の間を埋めるための地域選手権限定の規則として発足した。後に各クラスの改名に合わせて"グループRally2キット"(RC2)に名称が改められている。ただしWRC2/3にはまだ参戦が認められていない。

Rally2キットで開発された車両編集

トヨタ・エティオス R4
オレカがR4キットを用いて最初に開発したマシン。ASMモータースポーツとの共同開発であり、テストドライバーはステファン・サラザンが務めた。南アフリカ国内選手権ではデビューウィンを飾っている[15]
ダチア・サンデロ R4
エティオスR4を開発したASMモータースポーツが作成。2020年モンテカルロに登場した[16]
フィアット・500X R4
フランスのミラノレーシングが開発。クロスオーバーSUVをベースとする珍しいグループRallyマシン[17]。2019年4月の地方選手権でデビューを果たし、2020年モンテカルロにも登場した。
ルノー・クリオ N5
スペインのRMCモータースポーツがルノー・スペインの援助を受けて開発したマシン[18]。WRC王者を父に持つF1ドライバーのカルロス・サインツJr.もテストドライブをしたことがある[19]。スペインの独自規格である「N5」としてスペイン国内選手権に参戦している。
アウディ・A1 R4
オーストリアのWIETチームが作製。2019年末時点で3度コースカーとして投入されているが、実戦ではまだデビューしていない[20]
ミニ・クーパー R4
ポーランドのEVOLVEモータースポーツが作成。2019年ラリー・フィンランドにてコースカーとして登場した[21]
トヨタ・ヤリス R4
同じくEVOLVEモータースポーツが作成。販売も行っているが、コースカーを含め実戦への投入はまだ無い[22]
スズキ・スイフトR +N5
スズキスペインが作成。ターマックイベントを中心にスペイン国内選手権に参戦させている[23]

グループR3/Rally4編集

 
シトロエン・C2 R2(2015年)
 
アバルト・500 R3T(2011年)

Rally4の旧称はグループR2。グループRにおける二輪駆動車のメイン。R3とRally4は技術的にかなり近く、参戦クラスも滅多に区別されない。なお後輪駆動車は2019年現在までトヨタ・GT86 CS-R3のみとなっている。

WRCではWRC3を主戦場としていたが、2019年に同クラスが廃止されて以降はJWRCにワンメイク供給されるフォード・フィエスタR2以外は、R1同様地域選手権や地元プライベーターの使用がメインとなる。

R3公認車両編集

Rally4公認車両編集

グループRally5編集

旧名はグループR1。グループRのエントリークラスで、安全装備以外はほぼ無改造である。WRCでは地元プライベーター以外が使うことは極めて稀である。

Rally5公認車両編集

グループR4編集

2012年にグループNスーパー2000の戦闘力の差を埋めるために誕生した規定。2013年までのグループN4ホモロゲーション取得車両をベースに、軽量化やサスペンション・冷却性能向上のためのキット装着・ボンネットの開口部の作成・ターボの変更・窓ガラスの変更などが可能である。従来のグループNとは異なり、変型(VO・VR)のための追加生産は必要としない。これにより1kmあたり1秒の戦闘力の向上が望まれたものの、実際には0.3秒程度のアップに留まった。加えてN4の改造範囲の拡大によりR4を区別する必要も無くなったことから、最終的に両者はR4に統合された[24]。これにより従来のR4は「VR4」、N4は「グループNR4」の名称で区別される[25]

2015年以降のVR4はFIAシリーズの主催の欧州イベントでのエントリーを不可とされ(ただしASN車両枠なら参戦可能)、2017年にはR4の名称・立場を全く異なる規定であるR4キットカー(現Rally2キットカー)に明け渡すなど、段階的に廃止されている。

R4公認車両編集

過去のクラス区分編集

2019年まで編集

グループ クラス 自然吸気排気量 過給排気量 気筒数 燃料 最低重量 駆動系式 主な該当選手権
R1 R1A 1,390cc以下 927cc以下 6気筒以下 ガソリン 980kg 二輪駆動 JWRC3
APRC3
ERC3
JRC(JN2)
R1B 1,390cc超
1,600cc以下
927cc超
1,067cc以下
1,030kg
R2 R2B 1,030kg
R2C 1,600cc超
2,000cc以下
1,067cc超
1,333cc以下
1,080kg
R3 R3C 1,080kg
R3D 過給のみ 2,000cc以下 ディーゼル 1,150kg
R3T 1,620cc以下 4気筒以下 ガソリン 1,080kg
R4 2,000cc以上 無制限 1,300kg 四輪駆動 APRC
JRS
(R4キットカー) 1,600cc 4気筒 1,230kg
R5 WRC2/WRC2プロ
APRC
ERC
JRC(JN1)
JSR

2014年まで編集

グループ クラス 排気量 最大気筒数 エンジン型式 燃料 最低重量 駆動系式 該当選手権
R1 R1A 1,400cc以下1 6気筒 自然吸気 ガソリン 980kg 二輪駆動 WRC3
JWRC3
R1B 1,400cc超
1,600cc以下2
1,030kg
R1T 1,400cc以下 ターボ TBA
R2 R2B 1,400cc超
1,600cc以下2
自然吸気 1,030kg
R2C 1,600cc超
2,000cc以下
1,080kg
R3 R3C 1,600cc超
2,000cc以下
1,080kg
R3D 2,000cc以下 ターボ ディーゼル 1,150kg
R3T 1,620cc以下 4気筒 ガソリン 1,080kg
R4 2,000cc以上 無制限 1,300kg 四輪駆動 WRC2
R5 1,400cc超
1,600cc以下
4気筒 1,200kg

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ Rally plus vol.11 2016年11月26日 三栄書房
  2. ^ a b オサムちゃんねる 2020シーズンに向けて Youtube 2020年1月21日
  3. ^ WRCラリー参戦マシンは競技用車両なのに、ナンバープレートが付いている理由 オートメッセウェブ 2019年12月10日
  4. ^ 逆に言うと、ジュネーヴ条約非加盟国の登録の車両は改めて日本での車両登録を受けない限り日本の公道を走行できず、その為にセントラルラリー愛知/岐阜2019に出場したヤリスWRC(エストニア登録)は仮ナンバーを付けての出場となった。
  5. ^ 11月3日世界モータースポーツ評議会ラリー関連の発表 RALLY PLUS
  6. ^ 2013年から新カテゴリー「R4T」発足へ
  7. ^ 車両グループの名称が変更、「R5」は「RALLY2」へ RALLY X
  8. ^ 最新VWポロGTI R5、フランスで4日間の初公開テストを完了 motorsports.com 2017年12月9日
  9. ^ プロトン・アイリスR5プロトタイプが実戦デビュー、左/右ハンドル両仕様でホモロゲーション取得へ Rallyplus 2017年11月25日
  10. ^ グロンホルムがプロトン・アイリスR5をテスト RallyXモバイル 2019年12月19日
  11. ^ R5規格に合わせて造られた三菱ミラージュが日本初登場。ラリー北海道で2位表彰台を獲得。 Motorsports.com 2017年9月19日
  12. ^ トヨタ・エティオスR5がパラグアイでデビューへ RallyXモバイル 2016年3月30日
  13. ^ MHのWorld Rally News:エティオスR5がアルゼンチンでWRC初参戦 Rallyplus.net 2019年4月10日
  14. ^ オペル・コルサR5コンセプトが初公開 RallyXモバイル 2017年5月19日
  15. ^ オレカのR4キットが2020年からWRCで使用可能に、今季のラリーフィンランドにコースカーとして登場 rallyplus.net 2019年6月28日
  16. ^ MHのWorld Rally News:モンテカルロで、ダチア・サンデロがWRCデビュー rallyplus.net 2020年1月21日
  17. ^ FIA R4キット装着マシン、ミラノ・レーシングがフィアット500Xをベースに製作 Rallyplus.net 2018年9月1日
  18. ^ オレカが開発中のR4キット、最初の購入者はスペインのチーム rallyplus 2017年10月12日
  19. ^ CARLOS SAINZ JR. DRIVING THE RENAULT CLIO N5 DRIVETRIBE 2018年8月
  20. ^ Audi A1 R4 eWRC-results
  21. ^ MINI COOPER R4 EVOLVE MOTORSPORT
  22. ^ YARIS R4 EVOLVE
  23. ^ ORECAさんのツイート 2019年7月19日
  24. ^ FIA、N4を改名しR4に統合
  25. ^ 世界デビューに向けて新型WRX STIが完成

参考文献編集

関連項目編集