グルーヴ・メタル

グルーヴ・メタル
Groove Metal
様式的起源 ヘヴィメタル
スラッシュメタル[1]
デスメタル[2]
ハードコア・パンク
クロスオーバー・スラッシュ
文化的起源 1990年代前半
アメリカ合衆国ブラジル
使用楽器 ボーカルギターベースドラム
派生ジャンル ニュー・メタル[3]
関連項目
インダストリアル・メタルメタルコア

グルーヴ・メタルGroove Metal)とは、ヘヴィメタルのサブジャンルの一つ。ポスト・スラッシュネオ・スラッシュパワー・グルーヴや、単にグルーヴなどと呼ばれることもある。また、日本独自の呼称としてはモダン・ヘヴィネスがある。パンテラ[4]エグゾーダー[5]の音楽性を表す際によく用いられる。グルーヴ・メタルはスラッシュメタルの激しさと音楽性を取り入れている。また、多くのバンドは基本的にはミドルテンポで演奏しながら、時折ハイテンポにチェンジするという展開をとる[6]

目次

起源編集

パンテラが1990年に発表したアルバムカウボーイズ・フロム・ヘルはグルーヴ・メタルというジャンルを定義した作品だといわれることが多い[7]。Ian ChristeはセパルトゥラケイオスA.D.とパンテラを後のグルーヴ・メタルバンドに影響を与えることになるサウンドを作り出した存在とみている[2]。『カウボーイズ・フロム・ヘル』がリリースされた1990年と同じ年に発表されたエグゾーダーのデビュー作スローター・イン・ザ・バチカンもグルーヴ・メタルを作り出した最初期の作品の一つだと考えられている。プロングのTommy Victorはグルーヴ・メタルのアティチュードはバッド・ブレインズからきたものだと主張している[8]

他ジャンルへの影響編集

パンテラ (1980年代はグラム・メタルスピードメタルに分類される音楽性だった[6][7])やセパルトゥラ(元はスラッシュメタルデスメタルをプレイしていた[9])といったこのジャンルのパイオニアは90年代のニュー・メタルや2000年代メタルコアの基礎を作り上げたともいわれる[10][11][12]。ニュー・メタルはダウンチューニングしたリフやヒップホップから影響を受けたビート[13]、グルーヴメタルのリズム[3]を用いている一方で、ギターソロや複雑なピッキングは欠如していることが多いジャンルである[14]メタルコアは一般的なヘヴィメタルの特徴やブレイクダウンを強調している[15] 。ブレイクダウンとはモッシュを引き起こすスピードの遅いパッセージのことである[16]

バンド一覧編集

脚注編集

  1. ^ Jaffer, Dave. “Hour.ca - Music - Spin - Vigilance - Threat Signal”. Hour. 2010年6月21日閲覧。
  2. ^ a b Christe (2003), Sound of the Beast, p. 264, "As close to death metal as any other gold-selling record before it, Chaos A.D. stripped down Sepultura's sound into a coarse metallic loop. The CD sold half a million copies, and alongside Pantera the band forged a streetwise, death-derived groove metal that inspired an upcoming generation of mavens in the 1990s." 
  3. ^ a b Tompkins, Joseph (2009). “What's the Deal with Soundtrack Albums? Metal Music and the Customized Aesthetics of Contemporary Horror”. Cinema Journal 49 (1). doi:10.1353/cj.0.0155. http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/cinema_journal/v049/49.1.tompkins.html. 
  4. ^ Birchmeier, Jason. “Pantera biography”. Allmusic. 2009年2月11日閲覧。
  5. ^ a b Simmonds, Jeremy (2008). The Encyclopedia of Dead Rock Stars: Heroin, Handguns, and Ham Sandwiches. Chicago Review Press. p. 535. ISBN 978-1-55652-754-8. 
  6. ^ a b Best Pantera Albums”. About.com. 2012年5月18日閲覧。
  7. ^ a b Rivadavia, Eduardo. “Projects in the Jungle review”. Allmusic. 2010年6月13日閲覧。
  8. ^ Ramirez, Carlos. “Rediscovered Steel - Prong's 'Beg to Differ' - Noisecreep”. Noisecreep. 2010年7月10日閲覧。
  9. ^ a b Marsicano, Dan. “Best Sepultura CDs - Best Sepultura Albums - Best Albums by Sepultura - About.com”. About.com. 2012年5月2日閲覧。
  10. ^ Alternative Metal”. Allmusic. 2012年5月18日閲覧。
  11. ^ MTVNews.com: The Greatest Metal Bands of All Time: Pantera”. MTV. 2012年5月18日閲覧。
  12. ^ MTVNews.com: The Greatest Metal Bands of All Time”. MTV. 2012年5月18日閲覧。
  13. ^ Heavy Metal Genres”. About.com. 2012年5月18日閲覧。
  14. ^ Pieslak, Jonathan (2008). “Sound, text and identity in Korn's ‘Hey Daddy’”. Popular Music 27: 35–52. doi:10.1017/S0261143008001451. http://journals.cambridge.org/action/displayFulltext?type=1&fid=1584104&jid=&volumeId=&issueId=01&aid=1584100&bodyId=&membershipNumber=&societyETOCSession=. 
  15. ^ Breihan, Tom (11 October 2006). "Status Ain't Hood". "Live: Trivium, the Jackson 5 of Underground Metal". The Village Voice. Daily Voice. Retrieved 18 May 2012. "The best part of every metalcore song is the breakdown, the part where the drums drop out and the guitars slow their frantic gallop to a devastating, precise crunch-riff and everyone in the moshpit goes extra nuts."
  16. ^ Blush (2006), American Hardcore, p. 193, "Howie Abrams (NYHC scene): Mosh style was slower, very tribal – like a Reggae beat adapted to Hardcore. (...) It was an outbreak of dancing with a mid-tempo beat driven by floor tom and snare." 
  17. ^ Cooper, Lana. “Ankla: Steep Trails < PopMatters”. PopMatters. 2012年5月2日閲覧。
  18. ^ Rivadavia, Eduardo. “Conquer review”. Allmusic. 2010年6月13日閲覧。
  19. ^ Freeman, Phil. “Terra Incognita review”. Allmusic. 2010年6月13日閲覧。
  20. ^ Rivadavia, Eduardo. “Face Down biography”. Allmusic. 2010年6月13日閲覧。
  21. ^ Freeman, Phil. “Black Rivers Flow review”. Allmusic. 2011年12月23日閲覧。