メインメニューを開く

グレアム・アレクサンダー(Graham Alexander, 1971年10月10日 - )は、イングランド出身、スコットランド代表の元サッカー選手。最も得意とするポジションは右サイドバックであるが、守備的ミッドフィールダーも務めることが出来る[2]。プレミアリーグ史上3番目の高年齢でゴールを記録している選手である(2009-10シーズン現在)[3]ペナルティーキックのスペシャリストとして知られており、所属するクラブでもキッカーを務めた。

グレアム・アレクサンダー Football pictogram.svg
Graham Alexander 26-10-2013 1.jpg
2013年
名前
本名 Graham Alexander[1]
愛称 グレッザ
カタカナ グレアム・ロバート・アレクサンダー
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1971-10-10) 1971年10月10日(47歳)[1]
出身地 ウェスト・ミッドランズ州コヴェントリー
身長 178cm[1]
選手情報
ポジション 右サイドバック / 守備的ミッドフィールダー
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1995
1995-1999
1999-2007
2007-2011
2011-2012
スカンソープ・ユナイテッド
ルートン・タウン
プレストン・ノース・エンド
バーンリー
プレストン・ノース・エンド
159 (18)
152 (15)
354 (52)
154 (20)
18 (2)
代表歴2
2002-2009 スコットランドの旗 スコットランド 40 (0)
監督歴
2011–2012
2012–2015
2016-
プレストン・ノース・エンド(監督代行)
フリートウッド・タウン
スカンソープ・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。2011年8月27日現在。
2. 2009年12月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

クラブ経歴編集

アレクサンダーのキャリアは1980年代後半にスカンソープ・ユナイテッドのユースチームで始まった。1991年4月27日に行われた試合でマーク・ハインと交代で出場し、トップチームデビューを飾り、同年にプロ契約を結んだ。1991-92シーズンにスカンソープで右サイドバックのポジションを掴み、100,000ポンドでルートン・タウンに移籍するまで200試合以上に出場した[4]。ルートンでも在籍4年間でスカンソープ時代と同様の活躍を見せた。

1999年、バーンリープレストン・ノース・エンドが獲得に乗り出したが、アレクサンダーはプレストンに移籍することを選択した[5]ディープデイルでレギュラーとしての地位を確立し、キャプテンを務め、PKキッカーを任されるまでになった[6]。アレクサンダーはキャリアを通して大きな怪我を負うことはなかったが、2001-01シーズンのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦で肋骨を骨折し、数週間チームを離脱した[7]。プレストンでの8年間で400試合に出場し、400試合目となったのは2007年8月25日に行われたコルチェスター・ユナイテッド戦であった[8]。2004-05シーズンには、チャンピオンシップベストイレブンに選出されている。[6]

2007年の夏には複数のクラブがアレクサンダーに興味を示し、クリスタル・パレスからは50,000ポンドのオファーが届いたが、プレストンはそれを拒否し以下のような声明を発表した。

「彼はキャプテンであり、チームに不可欠な選手だ。我々が放出を認めない限り、選手がクラブを去ることはない。」[9]

2007年8月29日、9年前に獲得に乗り出したライバルクラブであるバーンリーへの移籍が発表された。アレクサンダーが移籍を選択した理由は、プレストンが複数年の契約を認めなかったことであるとされ[10]、バーンリーは2年間の契約を提示し、選手がそれを受け入れたので、200,000ポンドでターフ・ムーアへ移籍することになったのであった[11]。プレストンの会長であるデレク・ショウはアレクサンダーを失いたくはなかったとして以下のように述べた。

「我々はグレアムは特に放出したくはなかったが、ディープデイルでは1年間の契約を結んでいるだけなのに対し、バーンリーはそれより魅力的な2年間の契約を提示した。我々はグレアムに新たな契約を提示する用意があったし、彼はそれに値する選手だ。」[11]

200,000ポンドの移籍金は2007年の夏に100,000ポンド、2008年の夏に100,000ポンドと分割で支払われた[2]

2009年6月29日、バーンリーと新たに1年間の契約を結び[12]、8月15日には最年長でプレミアリーグデビューを果たした選手となった。2009年9月19日に行われ、3-1で勝利したサンダーランド戦でPKからプレミアリーグ初ゴールを記録した[13]2009年12月16日に行われたアーセナル戦で1-1となる同点ゴールを決め、リーグ戦通算100ゴールを達成した。

2012年4月28日チャールトン・アスレティック戦で84分にマックス・エーマーと交代して出場し、この試合が現役最後の試合となった。

代表経歴編集

アレクサンダーはイングランド出身であるが、父親の出身地であるスコットランド代表でプレイすることを選んだ[14]。初めて代表に招集される以前にアレクサンダーは、「正直に言うと、私にはサッカーを始めてから、プレミアリーグとスコットランド代表でプレイするという2つの目標がある。私にはスコットランドに支えられて育ったという思いがある。」と、述べていた[15]。その願いは2002年4月17日ピットドリー・スタジアムで行われたナイジェリア代表との親善試合で叶えられることになった[16]。1-0でフランス代表に勝利した試合で25キャップ目を記録し、2006年には毎年日本で開催されているキリンカップブルガリア代表に5-1、日本代表とは0-0で引き分け、タイトルを獲得した。

個人成績編集

2010年4月11日現在の記録 [17]
シーズン 所属クラブ 所属リーグ リーグ1 FAカップ リーグカップ シーズン通算成績
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1990–91 スカンソープ・ユナイテッド ディヴィジョン4 1 0 - - 1 0
1991–92 36 5 2 0 4 1 42 6
1992–93 ディヴィジョン32 41 5 2 0 4 0 47 5
1993–94 41 4 4 0 2 1 47 5
1994–95 40 4 4 1 2 0 46 5
1995–96 ルートン・タウン ディヴィジョン1 37 1 1 0 2 0 40 1
1996–97 ディヴィジョン2 45 2 4 0 6 0 55 2
1997–98 39 8 1 0 2 0 42 8
1998–99 29 4 2 0 7 2 38 6
1998–99 プレストン・ノース・エンド 10 0 - - 10 0
1999–00 46 6 6 3 5 1 57 10
2000–01 ディヴィジョン1 34 5 - 4 2 38 7
2001–02 45 6 3 1 2 0 50 7
2002–03 45 10 1 0 4 1 50 11
2003–04 45 9 3 0 1 0 49 9
2004–05 チャンピオンシップ 42 7 1 0 3 1 46 8
2005–06 40 3 2 1 1 1 43 5
2006–07 42 6 3 0 - 45 6
2007–08 3 0 - - 3 0
2007–08 バーンリー 43 1 1 0 1 0 45 1
2008–09 49 10 5 1 7 0 61 11
2009–10 プレミアリーグ 29 7 2 1 0 0 31 8

1 リーグ戦の出場試合数にはプレイオフも含む。

2 プレミアリーグが創設されフットボールリーグも改編された。

代表キャップ編集

キャップ数 開催日 開催地 対戦国 結果 大会 得点 開催国
01 2002年4月17日 ピットドリー・スタジアムアバディーン   ナイジェリア 1–2 親善試合 0   スコットランド
02 2002年5月16日 釜山アジアード競技場釜山広域市   韓国 1–4 親善試合 0   大韓民国
03 2002年5月20日 香港スタジアム香港   南アフリカ共和国 0–2 香港返還5周年記念大会 0   香港
04 2002年5月23日 香港スタジアム香港   香港 4–0 香港返還5周年記念大会 0   香港
05 2002年8月21日 ハムデン・パークグラスゴー   デンマーク 0–1 親善試合 0   スコットランド
06 2002年9月07日 スヴァンガスカロトフティル  フェロー諸島 2–2 UEFA EURO2004予選 0   フェロー諸島
07 2002年10月15日 イースター・ロードエディンバラ   カナダ 0–1 親善試合 0   スコットランド
08 2002年11月20日 エスタディオ・ムニシパル・デ・ブラガブラガ   ポルトガル 0–2 親善試合 0   ポルトガル
09 2003年2月12日 ハムデン・パークグラスゴー   アイルランド 0–2 親善試合 0   スコットランド
10 2003年3月29日 ハムデン・パークグラスゴー   アイスランド 2–1 UEFA EURO2004予選 0   スコットランド
11 2003年4月2日 テポナス・ダリュス & スタシス・ギレナス・スタジアムカウナス   リトアニア 0–1 UEFA EURO2004予選 0   リトアニア
12 2003年5月27日 タインカッスル・スタジアムエディンバラ   ニュージーランド 1–1 親善試合 0   スコットランド
13 2003年10月11日 ハムデン・パークグラスゴー   リトアニア 1–0 UEFA EURO2004予選 0   スコットランド
14 2004年3月31日 ハムデン・パークグラスゴー   ルーマニア 1–2 親善試合 0   スコットランド
15 2005年6月4日 ハムデン・パークグラスゴー   モルドバ 2–0 2006 FIFAワールドカップ予選 0   スコットランド
16 2005年6月8日 ディナモ・スタジアムミンスク   ベラルーシ 0–0 2006 FIFAワールドカップ予選 0   ベラルーシ
17 2005年8月17日 アーノルド・シュワルツェネッガー・シュターディオングラーツ   オーストリア 2–2 親善試合 0   オーストリア
18 2005年9月3日 ハムデン・パークグラスゴー   イタリア 1–1 2006 FIFAワールドカップ予選 0   スコットランド
19 2005年9月7日 ウレヴァール・スタディオンオスロ   ノルウェー 2–1 2006 FIFAワールドカップ予選 0   ノルウェー
20 2005年10月8日 ハムデン・パークグラスゴー   ベラルーシ 0–1 2006 FIFAワールドカップ予選 0   スコットランド
21 2005年10月12日 アレナ・ペトロールツェリェ   スロベニア 3-0 2006 FIFAワールドカップ予選 0   スロベニア
22 2005年11月12日 ハムデン・パークグラスゴー   アメリカ合衆国 1–1 親善試合 0   スコットランド
23 2006年3月1日 ハムデン・パークグラスゴー   スイス 1–3 親善試合 0   スコットランド
24 2006年9月6日 テポナス・ダリュス & スタシス・ギレナス・スタジアムカウナス   リトアニア 1–2 UEFA EURO2008予選 0   リトアニア
25 2006年10月7日 ハムデン・パークグラスゴー   フランス 1–0 UEFA EURO2008予選 0   スコットランド
26 2006年10月11日 オリンピスキ・スタジアムキエフ   ウクライナ 0–2 UEFA EURO2008予選 0   ウクライナ
27 2007年3月24日 ハムデン・パークグラスゴー   ジョージア 2–1 UEFA EURO2008予選 0   スコットランド
28 2007年3月28日 スタディオ・サン・ニコラバーリ   イタリア 0–2 UEFA EURO2008予選 0   イタリア
29 2007年5月30日 ゲルハルト・ハナッピ・シュターディオンウィーン   オーストリア 1–0 親善試合 0   オーストリア
30 2007年6月6日 スヴァンガスカロトフティル  フェロー諸島 2–0 UEFA EURO2008予選 0   フェロー諸島
31 2007年9月12日 パルク・デ・プランスパリ   フランス 1–0 UEFA EURO2008予選 0   フランス
32 2007年10月17日 ボリス・パイチャゼ・スタジアムトビリシ   ジョージア 0–2 UEFA EURO2008予選 0   グルジア
33 2008年3月26日 ハムデン・パークグラスゴー   クロアチア 1–1 親善試合 0   スコットランド
34 2008年8月20日 ハムデン・パークグラスゴー   北アイルランド 0–0 親善試合 0   スコットランド
35 2008年9月6日 ピリッポス2世アレナスコピエ   北マケドニア 0–1 2010 FIFAワールドカップ予選 0   マケドニア
36 2008年9月10日 ラウガーダルスヴェルルレイキャヴィーク   アイスランド 2–1 2010 FIFAワールドカップ予選 0   アイスランド
37 2008年11月19日 ハムデン・パークグラスゴー   アルゼンチン 0–1 親善試合 0   スコットランド
38 2009年3月28日 アムステルダム・アレナアムステルダム   オランダ 0–3 2010 FIFAワールドカップ予選 0   オランダ
39 2009年8月12日 ウレヴァール・スタディオンオスロ   ノルウェー 0–4 2010 FIFAワールドカップ予選 0   ノルウェー
40 2009年9月5日 ハムデン・パークグラスゴー   北マケドニア 2–0 2010 FIFAワールドカップ予選 0   スコットランド

脚注編集

  1. ^ a b c Hugman, Barry J. (ed) (2008). The PFA Footballers' Who's Who 2008–09. Mainstream. ISBN 978-1-84596-324-8. 
  2. ^ a b Alexander The Seventh
  3. ^ Football / All Time / English Premier League
  4. ^ Alexander eyes Iron tie
  5. ^ Graham Alexander is finally a Claret
  6. ^ a b Alexander Profiles
  7. ^ Alexander injury blow for Preston
  8. ^ 400Up For Grezza
  9. ^ Preston reject bid for Alexander
  10. ^ Grezza's Emotional Farewell
  11. ^ a b Burnley recruit PNE's Alexander
  12. ^ Alexander pens new Burnley deal
  13. ^ Burnley 3-1 Sunderland
  14. ^ Alexander the Great!
  15. ^ Alexander hoping for Scotland call
  16. ^ Graham Alexander - A Squad
  17. ^ Graham Alexander profile”. www.burnleyfootballclub.com (2009年5月7日). 2009年5月7日閲覧。

外部リンク編集