グレアム・シャープ

スコットランドのサッカー選手

グレアム・マーシャル・シャープ英語: Greame Marshall Sharp1960年10月16日 - )は、スコットランドの元サッカー選手、サッカー指導者。元スコットランド代表。選手時代のポジションはFW

グレアム・シャープ Football pictogram.svg
Graeme Sharp 2018.jpg
名前
本名 グレアム・マーシャル・シャープ
ラテン文字 Greame Sharp
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 (1960-10-16) 1960年10月16日(61歳)
出身地 グラスゴー
身長 185cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW(CF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1980 スコットランドの旗 ダンバートン 40 (17)
1980-1991 イングランドの旗 エヴァートン 322 (111)
1991-1997 イングランドの旗 オールダム・アスレティック 107 (30)
1997-1998 ウェールズの旗 バンガー・シティ 12 (2)
代表歴
1982  スコットランド U-21 1 (1)
1985-1988  スコットランド 12 (1)
監督歴
1994-1997 イングランドの旗 オールダム・アスレティック(選手兼任)
1997-1998 ウェールズの旗 バンガー・シティ(選手兼任)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エヴァートンの黄金時代のストライカーとして知られている。さらにエヴァートンでは426試合159得点というディキシー・ディーンに次ぐ歴代2位、戦後の選手としては歴代1位の得点記録を有している[1]

クラブ歴編集

エヴァートン編集

1978年にダンバートンFCで選手になり、1980年に12万ポンドでエヴァートンFCに移籍。当初はトップチームに定位置を確保出来ず、初のシーズンは6試合出場に止まった。しかし、ハワード・ケンドールが監督に就任するとレギュラーとして起用され29試合で15得点、その後も活躍を続け、1970年以降勝利出来なかったアンフィールドでも1984年10月の試合で彼の得点で1-0とし勝利を記録した。

タイトルとしては、1984年のFAカップでは決勝で彼も得点を記録し優勝を記録した他、1985年と1987年にはイングリッシュ・フットボールリーグ優勝、そしてUEFAカップウィナーズカップ 1984-85で優勝を記録、「グレーテスト・エヴァー・チーム」と称されるエヴァートンの黄金時代の看板選手であった[2]

1986年にゲーリー・リネカーFCバルセロナに移籍すると、彼はポール・ウィルキンソンエイドリアン・ヒースワイン・クラークらとコンビを組んで得点を取った。その後200万ポンドでトニー・コッティが移籍してきて彼とコンビを組んだ。

マイク・ニューウェルが移籍してきてもレギュラーの座は譲らなかった。しかし得点力は1989-90シーズンは33試合6得点、一時期は首位を走っていたもののライバルのリヴァプールFCにタイトルを奪われ6位、翌1990-91シーズンは27試合3得点と落ち込み、彼を見出したケンドール監督が1990年11月に復帰してきたものの、最早構想外となった。エヴァートンはコッティとニューウェルを中心に攻撃を組み立てていく事になった。

オールダム・アスレティック編集

1991年、68年ぶりに1部に舞い戻ったオールダム・アスレティックAFCに50万ポンドで完全移籍。1991-92シーズンを17位で終えてプレミアリーグの初代メンバーとなった。翌シーズンも得失点差で残留しFAカップでは準決勝に進出した。しかし1993-94シーズンを以て降格した。

1994年11月、ジョー・ロイルがエヴァートンの監督に就任すると、選手兼任監督として指揮を執る事になり中位で終えた。オフシーズンにマイク・ミリガンを引き抜かれたのは痛く、翌シーズンは18位、1996-97シーズンには降格した。

バンガー・シティ編集

1997年にカムル・プレミアバンガー・シティFCの選手兼任監督に就任。カムル・クパンで優勝した。

代表歴編集

1985年から1988年にかけて12試合の代表出場経験がある。1986 FIFAワールドカップのメンバーにも選出されており、ウルグアイ代表戦で出場した[3]。代表では1得点も記録しており、マルタ代表からの得点である。

プレースタイル編集

2018年、ロビー・ファウラーがFourFourTwoから受けたインタビューの中で幼少期の憧れの選手の一人としてコメントしており、「シャープはファンタスティックなストライカーだ。ボールを持つ事も出来るし、ヘディングも得意で両足でシュートを打てる。さらにボールを散らすのも巧く、他の選手の方が得点に結びつきそうだったらボールを渡す選手だ。」と述べている[4]。エヴァートンではアンディ・グレイ、ヒース、リネカーとのコンビネーションで主に活躍し、1984-85シーズンは54試合30得点の記録を残した。

個人編集

サッカー以外の面ではリヴァプールにある出版社やラジオ局で働いている他、エヴァートンのアンバサダーとしても活躍している。

息子のクリス・シャープもサッカー選手[5]

タイトル編集

クラブ編集

エヴァートン

個人編集

監督編集

バンガー・シティ

参考文献編集

  1. ^ So Close... - Everton Football Club”. www.evertonfc.com. 2012年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月30日閲覧。
  2. ^ Greatest Ever Everton team”. evertonfc.com. 2012年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月23日閲覧。
  3. ^ Scotland vs. Uruguay”. National-Football-Teams. 2021年10月9日閲覧。
  4. ^ Robbie Fowler: "I was happiest in my career when I got the chance to re-sign for Liverpool in 2006"”. FourFourTwo (2018年5月24日). 2020年6月7日閲覧。
  5. ^ Chris Sharp”. transfermarkt. 2021年10月9日閲覧。

外部リンク編集