メインメニューを開く

グレゴリオ・デ・セスペデススペイン語: Gregorio de Céspedes1551年 - 1611年11月)は、イエズス会司祭宣教師

略歴編集

マドリード生まれ。1569年イエズス会に入会し、1575年ポルトガル領インドゴアで司祭となった。

1577年(天正5年)長崎に来着、大村日本語を学んだのち、岐阜大坂など各地で布教にあたった。1587年(天正15年)大坂の教会細川忠興正室細川ガラシャの入信を取り計らい、指導司祭となった。

同年の豊臣秀吉によるバテレン追放令平戸へ移った。1592年(天正20年)の文禄の役では小西行長軍に従軍朝鮮へ渡った。布教には至らなかったものの、記録に残るキリスト教宣教師として初めての朝鮮入りであった。

関ヶ原の戦いで忠興が豊前国を領すると、1601年(慶長6年)小倉にレジデンシア(Residência、住院、宣教師駐在所)を創設、ガラシャの命日には追悼ミサを執り行った。病を得て1611年(慶長16年)11月小倉で急死した[1][2]

脚注編集

  1. ^ 片岡瑠美子セスペデス 【Cespedes,Gregorio de】朝日日本歴史人物事典
  2. ^ セスペデス Cespedes, Gregorio deデジタル版 日本人名大辞典+Plus
[ヘルプ]