メインメニューを開く

グレッグ・レイク英語: Gregory Stuart "Greg" Lake1947年11月10日 - 2016年12月7日)は、イギリス出身のボーカリストベーシストギタリスト作詞家作曲家

グレッグ・レイク
Greg Lake
LL-Greg4-2.jpg
2005年
基本情報
出生名 Gregory Stuart Lake
生誕 1947年11月10日
出身地 イングランドの旗 イングランド ドーセット州プール
死没 (2016-12-07) 2016年12月7日(69歳没)
ジャンル プログレッシブ・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ベースギター
活動期間 1965年 - 2016年
共同作業者 ユニット・フォー
ザ・タイム・チェックス
ザ・シェイム
キング・クリムゾン
エマーソン・レイク・アンド・パーマー
エイジア ほか

略歴編集

1965年に初めて組んだバンド、ユニット・フォーを皮切りにザ・タイム・チェックスなど多くのローカルバンドで徐々に有力ギタリストおよびボーカリストとして頭角を現し、1967年ザ・シェイムに助っ人参加しデビュー・シングルを残した(この時期バンドのローディに1週間ほどロバート・フリップがいた)。翌1968年にはユーライア・ヒープの前身バンド、ザ・ゴッズに年頭から夏まで参加しライブで活動。秋にはザ・シェイムの発展バンド、シャイ・リムスのデビュー・シングルにアンディ・マカロックと参加した。なお、このシングルB面でロバート・フリップもリードギターで客演している。その後、ロバート・フリップに誘われキング・クリムゾン結成に参加した。

1969年にデビューを飾ったプログレッシブ・ロック・グループ、キング・クリムゾンにおいてはデビュー・アルバムの『クリムゾン・キングの宮殿』でベースボーカルを担当。セカンド・アルバム『ポセイドンのめざめ』ではピーター・ジャイルズがベースを担当した為に、ベースではなくギターを弾いている。その後、1970年エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)を結成。同バンドの人気上昇とともに、グレッグ・レイク自身も世界的な知名度を獲得していった(詳細はELPの項目を参照)。

1980年にELPが解散した後、ソロや他のミュージシャンとの活動を行い、1983年には一時的にエイジアのメンバーとなってカール・パーマーと合流し、伝説的な武道館公演を行っている(この公演の模様はライブ・ビデオ『エイジア・イン・エイジア』に収録されている)。

その後、しばらくソロ・アーティストとしての活動を行なっていたが、ELPを再結成させて、ワールド・ツアーを敢行。

2001年には、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのアメリカ・ツアーに参加。「クリムゾン・キングの宮殿」と「ラッキー・マン」を歌った。

2010年、ELPでの同僚であるキース・エマーソンとのコンビで北米ツアーを行う。このコンビでの来日公演も予定されていたが、エマーソンの病気によりキャンセルとなった。

同年7月、ロンドンでELP再再結成ライヴを1度だけ行うが、グループとしての活動継続は本人が否定した。

2013年にソロとして、来日公演を行う。

2016年12月7日、癌闘病の末に死去。69歳没[1]

音楽性編集

レコードにはプロデューサーとして彼のクレジットがあるが、キース・エマーソンのインタビューによると、「グレッグがこだわったので譲っただけ。楽曲の半分以上を書いて、アレンジも含めサウンドの中心である自分自身が、最もプロデューサー的役割を担っている」といったような主旨の発言もあった。

ELPのメンバーの中では、最もロック・ミュージックに影響を受けたメンバーである。エマーソンの演奏力がずばぬけていて、ベース奏者としては過小評価されている[要出典]が、キング・クリムゾンのリーダーであるロバート・フリップと、若い頃に同じクラシック・ギターの先生に教わり、ほぼ実力が均衡していたといわれる。また、クリムゾン離脱表明後のセカンド・アルバムでグレッグでは無くピーター・ジャイルズがベースを担当したのは、フリップ曰く「スタジオに入って初見でベースが弾けるため」とレコーディングでの合理性を説明している。

ベースに関しては、ロック的な奏法とジャズ風のベース・ランニングとを使い分けられた。ピック弾きであり、オルタネイト・ピッキングの名手である。

日本公演編集

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア』 - Greg Lake (1981年)
  • 『グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーアII - マヌーヴァーズ』 - Manoeuvres (1983年)
  • 『キング・ビスケット・ライヴ』 - King Biscuit Flower Hour Presents Greg Lake in Concert (1995年) ※1981年のライブ・アルバム
  • The Greg Lake Retrospective: From the Beginning (1997年) ※コンピレーション・アルバム
  • 『フロム・ジ・アンダーグラウンド Vol.1』 - From the Underground: The Official Bootleg (1998年) ※コンピレーション・アルバム
  • 『フロム・ジ・アンダーグラウンド Vol.2 - ディーパー・イントゥ・ザ・マイン』 - From the Underground 2: Deeper Into the Mine – An Official Greg Lake Bootleg (2003年) ※コンピレーション・アルバム
  • Greg Lake (2007年) ※2005年のライブ・アルバム
  • 『ソングス・オブ・ア・ライフタイム』 - Songs of a Lifetime (2013年) ※2012年のライブ・アルバム
  • 『ライヴ・イン・ピアツェンツァ』 - Live in Piacenza (2017年) ※2012年のライブ・アルバム

キース・エマーソン&グレッグ・レイク編集

  • 『ライヴ・フロム・マンティコア・ホール』 - Live from Manticore Hall (2014年) ※2010年のライブ・アルバム

グレッグ・レイク&ジェフ・ダウンズ編集

  • 『ライド・ザ・タイガー』 - Ride the Tiger (2015年) ※1989年-1990年の録音

キング・クリムゾン編集

エマーソン・レイク・アンド・パーマー編集

出典編集

  1. ^ エマーソン、レイク&パーマーのグレッグ・レイクが死去”. amass (2016年12月8日). 2016年12月8日閲覧。

参考文献編集

  • 『エマーソン・レイク・アンド・パーマー 衝撃のロック・トリオ伝』新興楽譜出版社、1977年2月。
  • 『キング・クリムゾン―至高の音宇宙を求めて』新興楽譜出版社、1981年6月。
  • 『UKプログレッシヴ・ロックの70年代』マーキー・インコーポレイティド、1996年6月。
  • シド・スミス『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』ストレンジ・デイズ、2007年7月。
  • 『キースエマーソン自伝』三修社、2013年4月。

外部リンク編集