グレプ・ユーリエヴィチ

グレプ・ユーリエヴィチロシア語: Глеб Юрьевич、? - 1195年3月17日)は、12世紀末のルーシのクニャージ(公)である。ドゥブロヴィツァ公(在位:1182年 - 1190年)、トゥーロフ・ピンスク公(在位:1190年 - 1195年)。

グレプ・ユーリエヴィチ
Глеб Юрьевич
ドゥブロヴィツァ公
トゥーロフ・ピンスク公
在位 ドゥブロヴィツァ公:1182年 - 1190年
トゥーロフ・ピンスク公:1190年 - 1195年

死去 1195年3月17日
トゥーロフ
配偶者 ロスチスラフ1世の娘
子女 ウラジーミル?
アレクサンドル?
ロスチスラフ?
家名 リューリク家
父親 トゥーロフ・ピンスク公ユーリー
母親 アンナ・フセヴォロドヴナ
テンプレートを表示

生涯編集

グレプはトゥーロフ・ピンスク公ユーリーアンナグロドノ公フセヴォロドの娘)との間に生まれた。1182年ドゥブロヴィツァ公国領を得た[1] 。グレプは史料上に記述が残る2人のドゥブロヴィツァ公のうちの1人である。1189年ロスチスラフの娘と結婚、1190年からトゥーロフ・ピンスク公国領を統治した。1195年トゥーロフで死亡した[1]

史料上に記述が残るもう1人のドゥブロヴィツァ公であるアレクサンドルは、グレプの子もしくは孫と考えられている。また、異説もあるものの、ステパニ公ロスチスラフはグレプの子とされている。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Войтович Л.3.5. ІЗЯСЛАВИЧІ. ТУРОВО-ПІНСЬКІ КНЯЗІ. ЧЕТВЕРТИНСЬКІ. СОКОЛЬСЬКІ(ウクライナ語).
    КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ(ウクライナ語)
先代:
ドゥブロヴィツァ公
1182年 - 1190年
次代:
アレクサンドル
先代:
スヴャトポルク
トゥーロフ・ピンスク公
1190年 - 1195年
次代:
イヴァン