グレムリン(Gremlin)は伝承上の生物。

概要編集

機械に悪戯をする妖精とされ、ノームゴブリンの遠い親戚にあたる。かつては、ベンジャミン・フランクリンの(ライデン瓶実験の際の)あげを手伝ったり、ヘクター・オクライドというスコットランドの者がジェームズ・ワット薬缶の蓋を蒸気で動かすことによって蒸気機関を発想させるなど人間に発明の手がかりを与えたり[1]、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになった。どの家庭にもグレムリンが一匹は住み着いているという。好物はチューイングガムらしい[要出典]

 井村君江によれば、科学力学に、[2] ローズマリ・エレン・グィリーによれば、技術、気象学工学航空力学に、詳しい[3]

グレムリンの正体、起源には諸説ある。そのひとつは、元々高い山の頂に暮らしていたグレムリンが、人類が高空飛行をするようになり、その飛行機械に興味を持ち、乗り移ったとされる。

ピーター・へイニングによれば、「第1次世界大戦時の英国空軍」が報告したという[4]工場にも出現することから、機械による霊体(エンティティ)である可能性もあるという。また第二次大戦中は東京に空襲をかけたアメリカ軍爆撃機の乗組員を悩ませた。機械コンピュータが原因不明で異常な動作をする事をグレムリン効果と言ったりする。またインドの北西戦線に駐留していた英国空軍の兵士たちの想像力の産物とも言われる。志願部隊のジョフリー・レナード・チェシャー大佐はその名をヨークシャー空港の航空機トラブルのさいに挙げている。またその名はチャールズ・グレイヴズ著『薄い青色の線』(The Thin Blue Line)(1941年)で描かれ、「パンチ」、「スペクテイター」、「ニューヨークタイムス」紙(1942~1943年)でも記事として取り入れられた[5]

R・E=グィリーよれば、頭部に角が生えた背の高さ6インチ(15cmほど)の小人で、黒い皮の長靴を履いている、あるいは人間そっくりで身長が1フート(約30cm)、皺くちゃの赤い上着と緑色の半ズボン姿である、また雄ブルテリヤーとの混血に見えたという[6]。キャロル・ローズによれば、姿は、身長50cm、体重8kg、毛のまばらなジャックウサギに似て渋面を浮かべている、赤い上着、緑のズボン、頭から角を生やし皮の飛行ジャケットとブーツを着ている、水かきのある足にひれのついた というものが報告され、上空3000メートルで活動する種類はスパンデュールと呼ばれ、「いずれにせよ羽を持たぬグレムリンは空を飛ぶためには飛行機に乗らねばならない」としている[7]

計器に指を突っ込んで指示を狂わせる、ガソリンを勝手に飲んでしまうといった悪戯をなす(米映画『トワイライト・ゾーン』にこの話が元となっている一編がある)。彼らの、目標の座標を狂わせる、滑走路を上下させる、燃料を使い尽くさせる、機体に穴を開ける、ケーブルを齧る、等の悪戯をする、という事例を書くキャロル・ローズの他、大した事故を起こさないため、人間と友好な接触をしたがっているかもしれないとするピーター・へイニングや、ローズマリ・E=グィリーなど、一般にそれほど悪意のある妖精ではないと言っている。また民間機がグレムリンのような声で誘導された、という[8]他、パイロットが無事に基地に集結できるように集団で手助けするという。

荒俣宏によれば、1942年からウォルト・ディズニーが挿絵を描き、空軍の大尉でもあったロアルド・ダールが「ペガソス」(Pegasus)名義で執筆したおとぎ話や、ジョークとしての読み物などによってアメリカ合衆国へ流通し、第2次世界大戦の最中ということもあってそれを契機に「都市伝説」として世界へ浸透したという[9]。C・ローズ『世界の妖精・妖怪事典』にフィフィネラという女性のグレムリンが紹介されている[10]が、荒俣によれば、ロアルド・ダール(著作権、などはウォルト・ディズニーが持つ)『グレムリンズ』(英語版の記事)の中に登場する、グレムリンの女性が「フィフィネラ」、男性をウィジェットという[11]

呼称編集

名の由来について 水木しげるは、グレンデルの転訛、「嘆き悲しむ」の意であるアングロ・サクソン語から、という説を引用し、「インド西北国境の爆撃機地」で飛行中隊によって語られた、そこで唯一読める本である「グリムの妖精物語」のグリム(grimには「陰鬱な」の意もある)と「ビール飲み」を指す「フレムリン」の合成語説を推している A・フランクリンによると王立空軍のプルーン大尉が「グリムと、「フレムリン醸造所英語版のエレファントエール(feremlin's elephant ale)」からとった、という「主張」を紹介した上で。Gremian(悩ませる)から作られた説を妥当としている[12]。キャロル・ローズは、士官食堂にあった本「グリムの妖精物語」、唯一飲めた「フレムリン醸造所のビール」の合成語とする[13]

また荒俣宏によれば、その言葉そのものは1920年代からイギリス空軍内で知られていたらしく、中東インド地中海の島々でしばしば起きた飛行機事故が「グレムリンの仕業」と呼ばれたらしい[14]

グレムリンに関する諸説・噂編集

またグレムリンはその成り立ちの段階から日本および黄色人種を起源とする説、20世紀初頭から出てきた新しい妖精である点、などから戦前の欧米から見た黄禍論(テクノロジーをもって発展する黄色人種に対する脅威論)の象徴とする説も根強くある。

水木しげるは、背中から翼を生やした人間大のサイズの妖怪として描き、戦闘機に匹敵する飛行速度を持ち軍用機を集団で襲うと説明する[15]

今日なお北米では航空機部品の納入時に、飴玉をひとつ同梱する習慣があるが、これは「どうかこの飴で満足して、大事な部品に悪戯をしないで欲しい」というグレムリンへのお供えであると考えられる。この話は、映画『グレムリン』、およびその続編の『グレムリン2 新・種・誕・生』でも紹介されている。

 グレムリンの人形などのグッズも販売されている。

 アト・ド=ヴリースによれば、グレムリンはビール瓶に入るとされ、飛行機へは瓶が入れられた[16]

派生編集

リチャード・マシスンはグレムリンを目撃した乗客の恐怖体験を描いた短編「二万フィートの戦慄(Nightmare at 20,000feet)」を1961年に発表。1963年にTVドラマシリーズ『ミステリー・ゾーン』で映像化[17]され、ジョージ・ミラー監督による1983年映画化では悪鬼のようなデザインのグレムリンによる破壊行動を直接的に描写した。ロバート・ブロックが手掛けたノヴェライズのグレムリンは下界が見えると背中から翼を伸ばし、雲の上に飛び去る。
また、映画『エイリアン』は太陽系外を舞台にしているが、脚本のダン・オバノンはグレムリン伝説に基づく物語を構想しており、他の未着手脚本と掛け合わせて初期稿が書かれた。

ファイティング・ファンタジー』シリーズで、小さな人間型の生き物で、洞窟をうろつき、昆虫などを食べると設定され、身長が最高で50cmの者と、15cmほどで、翼をもつものが出る他、ゲームなどでモンスターとして登場している。


脚注編集

  1. ^ 井村君江『妖精とその仲間たち』 140頁
  2. ^ 井村『妖精学入門』61頁
  3. ^ ローズマリ・エレン・グィリー『妖怪と精霊の事典』 150頁
  4. ^ ピーター・へイニング『図説 世界霊界伝承事典』 89頁
  5. ^ キャロル『世界の妖精・妖怪事典』 134頁
  6. ^ ローズマリ・エレン・グィリー『妖怪と精霊の事典』 150頁
  7. ^ キャロル『世界の妖精・妖怪事典』 134頁
  8. ^ 『妖怪と精霊の事典』150頁
  9. ^ 荒俣『世界ミステリー遺産』380~381頁
  10. ^ キャロル『世界の妖精・妖怪事典』 328頁 目に見えない女性のグレムリンで、照準を合わせる兵士をくすぐって邪魔するという
  11. ^ 『世界ミステリー遺産』373頁
  12. ^ A・フランクリン『図説妖精事典』152頁
  13. ^ C・ローズ『世界の妖精・妖怪事典』 134頁
  14. ^ 荒俣『世界ミステリー遺産』369頁
  15. ^ 水木しげる 『妖精画談』岩波新書 1996年 55頁
  16. ^ 『イメージ・シンボル事典』p229
  17. ^ ジェフ・ロヴィン『怪物の事典』 261頁

参考文献編集