メインメニューを開く

グレンデールのホウィック男爵英語: Baron Howick of Glendale)は、連合王国貴族男爵位。

ベアリング財閥の一門で植民地行政官のイヴリン・ベアリング英語版1960年に叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

初代クローマー伯爵イヴリン・ベアリングの三男チャールズ・イヴリン・ベアリング英語版(1903-1973)は、第5代グレイ伯爵チャールズ・グレイ英語版の娘メアリー・セシル・グレイと結婚したため、グレイ伯爵家の本邸だったホウィック・ホール英語版を彼女とともに相続した[1]。また彼は南ローデシア総督英語版(在職1942-1944)やケニア総督英語版(在職1952-1959)など植民地行政官職を歴任した[2][3]。その功績で1960年2月8日勅許状によって連合王国貴族ノーサンバーランド州におけるホウィックのグレンデールのホウィック男爵(Baron Howick of Glendale, of Howick, in the County of Northumberland)に叙された[2][3]

初代男爵の死後、その一人息子であるチャールズ・イヴリン・ベアリング英語版(1937-)が2代男爵を継承した。2016年現在も彼が当主である[3][4]

本邸はノーサンバーランドにあるホウィック・ホール英語版。家訓は「好意をもって国王を守れ(De Bon Vouloir Servir Le Roi)」[3]

グレンデールのホウィック男爵 (1960年)編集

系図編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Earl Grey and the Grey Family” (英語). Howick Hall Gardens. 2019年3月24日閲覧。
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “Charles Evelyn Baring, 1st Baron Howick of Glendale” (英語). thepeerage.com. 2016年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Howick of Glendale, Baron (UK, 1960)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月19日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Charles Evelyn Baring, 2nd Baron Howick of Glendale” (英語). thepeerage.com. 2016年2月19日閲覧。

関連項目編集