グレンヴィル内閣

グレンヴィル内閣(グレンヴィルないかく、英語: Grenville ministry)は、グレートブリテン王国の内閣。ジョージ・グレンヴィルを首相とし、1763年4月16日から1765年7月13日まで続いた。先代首相ビュート伯爵パリ条約を締結したが、イギリスが七年戦争で多くの勝利を収めていた英語版ため、世論はパリ条約がフランス王国に寛容すぎたとしてビュート伯爵を激しく批判した。これによりビュート伯爵が辞任してグレンヴィルが後任となったが、グレンヴィル内閣の顔ぶれはビュート内閣のそれとほとんど同じだった。寵臣ビュート伯爵を追い落として成立した内閣だったため、国王ジョージ3世はグレンヴィル内閣を毛嫌いした[1]

グレンヴィル内閣が続いた2年間、13植民地の本国への不満が積もり、やがてノース内閣の在任期間中の1775年にアメリカ独立戦争が勃発した。内政でもジョン・ウィルクスの誹謗文書などの対処に追われた。

ジョージ3世は相変わらずグレンヴィルを嫌い、やがて彼を罷免して第2代ロッキンガム侯爵を首相に据えたが、結局ロッキンガム侯爵もジョージ3世に嫌われた。

内閣編集

役職 肖像 名前 在任
第一大蔵卿
財務大臣
庶民院院内総務
  ジョージ・グレンヴィル 1763年 - 1765年
南部担当国務大臣   イグリモント伯爵 1763年
  ハリファックス伯爵 1763年 - 1765年
  ヘンリー・シーモア・コンウェイ 1765年
北部担当国務大臣   ハリファックス伯爵 1763年
  サンドウィッチ伯爵 1763年 - 1765年
  グラフトン公爵 1765年
大法官   ノーティントン伯爵 1763年 - 1765年
枢密院議長   グランヴィル伯爵 1763年
  ベッドフォード公爵 1763年 - 1765年
  ウィンチルシー伯爵 1765年
王璽尚書   マールバラ公爵 1763年 - 1765年
海軍大臣   サンドウィッチ伯爵 1763年
  エグモント伯爵英語版 1763年 - 1765年
補給庁長官英語版   グランビー侯爵英語版 1763年 - 1765年
陸軍支払長官英語版   ホランド男爵 1763年 - 1765年
宮内長官英語版   ゴア伯爵 1763年 - 1765年

脚注編集

  1. ^ Whitely, p. 44.

参考文献編集

  • Whiteley, Peter. Lord North: The Prime Minister Who Lost America. The Hambledon Press, 1996.

関連図書編集

  • Browning, Reed. The Duke of Newcastle. Yale University Press, 1975.
  • Hibbert, Christopher. George III: A Personal History. Penguin Books, 1999.
先代:
ビュート伯爵内閣
グレートブリテン王国の内閣
1763年 - 1765年
次代:
第一次ロッキンガム侯爵内閣