グレン・ウィリアムス

グレン・デビッド・ウィリアムスGlenn David Williams, 1977年7月18日 - )は、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州出身の元プロ野球選手(三塁手)。

グレン・ウィリアムス
Glenn Williams
Glenn Williams.jpg
ミネソタ・ツインズ時代
(2005年)
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ニューサウスウェールズ州ゴスフォード
生年月日 (1977-07-18) 1977年7月18日(40歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1993年
初出場 2005年6月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
五輪 2004年
WBC 2006年
オリンピック
男子 野球
2004 野球

目次

経歴編集

1993年8月17日にアトランタ・ブレーブスと契約。

2000年3月23日に放出され、3月26日にトロント・ブルージェイズと契約。

2004年アテネオリンピックオーストラリア代表に選出された。オフの10月15日にFAとなり、12月14日にミネソタ・ツインズと契約。

2005年6月7日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。6回表に代打として出場し、メジャー初安打を記録した。10月11日にFAとなり、11月23日にツインズと再契約した。

2006年開幕前の3月に、この年から開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオーストラリア代表に選出された[1]

2007年10月29日にFAとなった。また、11月には、「日豪親善 野球日本代表最終強化試合」のオーストラリア代表に選出された[2]

2013年第3回WBCではオーストラリア代表の打撃コーチを務めた。

2015年2015 WBSC U-18ワールドカップのオーストラリア代表コーチを務めた[3]

選手としての特徴編集

荒さは残るが、体格を生かした長打力が武器。オーストラリア代表では4番を打つことが多かった。

詳細情報編集

脚注編集

  1. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年3月22日閲覧
  2. ^ 日豪親善 野球日本代表最終強化試合 オーストラリア代表チーム 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年6月9日閲覧
  3. ^ U18 WORLD CUP ROSTER ANNOUNCED Baseball Australia (英語) (2015年8月24日) 2015年8月27日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集