グレン・L・マーティン・カンパニー

グレン・L・マーティン・カンパニーThe Glenn L. Martin Company、単にマーティンとも)は、1912年8月に設立されたアメリカの航空機メーカーである。設立者はグレン・ルーサー・マーティンGlenn Luther Martin)。

グレン・L・マーティン・カンパニー
The Glenn L. Martin Company
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタアナ
設立 1912年
特記事項:1961年合併によりマーティン・マリエッタ
テンプレートを表示

有名な機体は、第二次世界大戦中のB-26 マローダーである。1950年代から1960年代にかけて有人航空機の開発からは撤退してミサイルや宇宙開発関係の分野に軸足を移した。その後1961年にアメリカン・マリエッタと合併してマーティン・マリエッタになり、2006年現在はロッキードと合併して、ロッキード・マーティンとなっている。

マーティン社は後にそれぞれの会社を設立するドナルド・ウィルス・ダグラス(Donald Wills Douglas)、ローレンス・デイル・ベルLawrence Dale Bell)、ジェイムス・スミス・マクダネル(James Smith McDonnell)らの技術者が属していた。

後にボーイングを設立する ウィリアム・エドワード・ボーイングWilliam Edward Boeing)も飛行機事業にのりだすのにマーティン社の飛行機を購入することからはじめている。

製品編集

関連項目編集