グレーチング(英語: grating)とは、硬質の格子状の構造材。溝蓋みぞぶたどぶぶた)や工場などの操作歩道、その他床材やフェンス材など広範囲に使用される。素材は亜鉛メッキ)、ステンレスアルミニウムFRP製などがある。

格子蓋編集

 
鉄製(SS製)グレーチング

構造編集

一般には、道路排水路にかける格子蓋としてよく見かける。道路に使われるグレーチングは表面排水を目的とする。歩道や広場などに設置したグレーチング主部材の隙間に車椅子・シルバーカー・ベビーカーの車輪がはまり込んで危険、ハイヒールの踵が挟まり折れる苦情が多くなったことから、格子を細かくしたり、格子の形状を変えたり、デザイン的な要素を高めるなどの対策品も販売されるようになっている。また工場等で、グレーチングでは下が丸見えのため、来客者が通る通路はチェッカープレート(縞板)が使われたりしているが、グレーチングの空隙部分にカラフルな自然石やゴムチップ等の透水舗装材を充填し、有視開口部が無いにも関わらず従来の排水機能を保持することで、水以外の異物の通過を阻止できる製品も見かけるようになってきた。 日本のグレーチング製造メーカーは10社以上ある。 スチール製のグレーチング製造メーカーとしてはダイクレ、オカグレ、宝機材、石田鉄工、中部コーポレーションカネソウ、片岡産業、三重重工業、奥岡製作所、イズミ、カワグレ等がある。

歴史編集

広島県呉市にあるダイクレが、日本で初めてグレーチングを製造した。アメリカ軍艦船に使われていたグレーチングを元に製造したのが、日本のグレーチングの始まり。1953年昭和28年)に実用新案を取得し、製造を開始した。現在、ダイクレは4割のシェアを持ち、国内首位となっている。

岐阜県瑞穂市にある宝機材は、国内で初めて60kg鋼以上の高張力鋼(ハイテン鋼)を使用して軽量グレーチング「LSハイテングレーチング」を製造した。2008年平成20年)9月から販売を開始している。

三重県桑名市にあるホクセイは、1973年(昭和48年)に、国内で初めてステンレス製グレーチングの製造・販売を開始した。

新潟県三条市にあるカワグレは、2003年に車輪のはまり込みや、雨の日のスリップを低減できる全く新しい構造のユニバーサルデザイングレーチングを製造・販売した。

問題編集

主に亜鉛メッキを施した鉄材で造られていることから、リサイクル素材として窃取し転売したり、アウトドア焼肉バーベキュー用の網として持ち去り、使用後にそのまま放置する不心得者が後を絶たない。

格子の間隔が広いグレーチングの場合、上記のシルバーカーやハイヒールなどの他に自転車(特にロードバイク)等の細いタイヤが通過する際、溝にはまり、転倒事故を引き起こすこともある。盲人が使用する杖がはまる場合も有る。

格子状のため、グレーチングの上部を通過する際は接地面積が少なくなりがちになるため、舗装路面より滑りやすく、特に、雨天時などで濡れている場合はより滑りやすい。

グレーチング床編集

クレーチングは住宅ではバルコニーなどに利用される(グレーチングバルコニー)[1]

産業用では、汚染物質を室内に滞留・蓄積させずに排出させる一方向流方式のクリーンルームで、床全面にグレーチングを敷設して吸込口の箇所に使用していることが多い[2]

出典編集

  1. ^ グレーチングバルコニー等の建築面積の算入について”. 杉並区. 2020年8月7日閲覧。
  2. ^ 早わかりQ&Aクリーンルームの設計施工マニュアル編集委員会『早わかりQ&Aクリーンルームの設計・施工マニュアル』日本工業出版、2008年、82頁。

関連項目編集

外部リンク編集