メインメニューを開く

グレートスタントマン』(Hooper)は、1978年アメリカ合衆国アクションコメディ映画ハル・ニーダム監督、バート・レイノルズ主演。 ベテランのスタントマンを主人公に、アクション映画制作の裏側を描いた作品。1978年の北米興行収入トップ10の第6位[2]第51回アカデミー録音賞ノミネート[3]

グレートスタントマン
Hooper
監督 ハル・ニーダム
脚本 トーマス・リックマン英語版
ビル・カービイ英語版
原案 ウォルト・グリーン
ウォルター・スコット・ハーンドン
製作 ハンク・ムーンジーン英語版
製作総指揮 ローレンス・ゴードン
出演者 バート・レイノルズ
ジャン=マイケル・ヴィンセント
サリー・フィールド
音楽 ビル・ジャスティス
撮影 ボビー・バーン英語版
編集 ドン・キャンバーン
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年7月28日
日本の旗 1978年12月16日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $78,000,000[2]
テンプレートを表示

ストーリー 編集

ソニー・フーパーは長年ハリウッドで一流のスタントマンとして活躍してきたが、そんな彼も中年に差しかかり、年齢的に無理が見えてきていた。ある日、彼は新作のアクション映画の撮影で見事なスタントをやってのけるが、監督のディールは彼に冷たい態度をとる。

ある日、フーパーはスタント・ショーでスタント界の若手注目株スキーと出会い、対決することになる。彼の若さと美貌、技は会場を眩惑させるが、フーパーは熟練の技で圧倒し、勝利を収める。そんな2人の高レベルなスタントに魅了されたディールはシナリオにないアクション・シーンを付け加えたいと言い出し、車で峡谷を飛び越えるという極めて危険なアクション・シーンの撮影を要望してくる。フーパーは長年のスタントで痛めた背中の痛みを押してこの無理難題を引き受け、決死のスタントに挑む。

そして、見事スタントを成功させたフーパーの表情は晴れやかだった。実はフーパーは、このスタントを自身の最後の花道と決めていたのだ。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 ビデオ版
ソニー・フーパー バート・レイノルズ 田中信夫 玄田哲章
スキー ジャン=マイケル・ヴィンセント 富山敬 鈴置洋孝
グウェン サリー・フィールド 三浦真弓 桂玲子
ジョッコ ブライアン・キース 加藤正之
マックス・バーンズ ジョン・マーリー英語版   千葉順二
カリー ジェームズ・ベスト英語版   青野武
ロジャー・ディール ロバート・クライン英語版   仲木隆司
トニー アルフィー・ワイズ
本人 アダム・ウェスト 千田光男
演出:千葉耕市、翻訳:大野隆一

その他編集

劇中の撮影シーンで流れるBGMOld James Bonded Bourbon(ジェイムズ爺さんのバーボン)は、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の決勝進出者が最終決戦場に向かう場面で使用された(第3回-第15回)。

出典編集

  1. ^ LARRY GORDON ROLLS HIS DICE Taylor, Clarke. Los Angeles Times (1923-Current File) [Los Angeles, Calif] 08 Oct 1978: n35.
  2. ^ a b Hooper, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2012年6月24日閲覧。
  3. ^ The 51st Academy Awards (1979) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2011年10月6日閲覧。

外部リンク編集