メインメニューを開く

グレート・ディベーター 栄光の教室

グレート・ディベーター 栄光の教室』(原題:The Great Debaters)は、2007年制作のアメリカ合衆国の映画

グレート・ディベーター 栄光の教室
The Great Debaters
監督 デンゼル・ワシントン
脚本 ロバート・エイゼル
原案 ロバート・エイゼル
ジェフリー・ポロ
製作 トッド・ブラック
ケイト・フォート
ジョー・ロス
オプラ・ウィンフリー
製作総指揮 デヴィッド・クロケット
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 デンゼル・ワシントン
フォレスト・ウィテカー
音楽 ピーター・ゴラブ
ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 ヒューズ・ウィンボーン
製作会社 ワインスタイン・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年12月25日[1]
日本の旗 劇場未公開
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $30,236,407[3]
テンプレートを表示

1930年代に全米討論選手権で優勝したテキサス州のワイリー大学のディベート部と彼らを指導した黒人教師メルヴィン・トルソンの実話を映画化したドラマ。デンゼル・ワシントン主演・監督。日本では劇場未公開。

目次

あらすじ編集

1935年、人種差別が色濃いテキサス州マーシャル。黒人が通うワイリー大学の教授メルヴィン・トルソンは、差別のない世の中を実現させるための学生の育成の一環として、ディベート部を学内に起ち上げる。トルソンは部員の選考に入り、サマンサ、ヘンリー、ハミルトン、それに学園長の息子のジェームズ・ジュニアの4人が選ばれた。

トルソンは彼らに徹底したディベート・テクニックや偉人たちの言葉の使い方を教え込む。やがて彼らは頭角を表し、大学対抗の大会で勝利を重ね、黒人の大学ではもはや敵無しとなり、白人の大学にも名前を轟ろかせ、ついにハーバード大学とのディベートの機会を得る。

その前夜、ジェームズ・ジュニアは町中でトルソンを見かけるが、その雰囲気がいつもと違っていることを不審に思い、密かに後をつける。するとトルソンはある場所へ向かった。そこには多くの黒人労働者が集まっていた。実はトルソンには労働組合の幹部というもう一つの顔があり、黒人労働者に運動を起こさせるため、密かに彼らに知識を与えていたのだ。

そこへ警察が突入、トルソンは逃げ延びるが、拷問を受けた仲間から漏れた情報で逮捕される。この一件でトルソンは教員免許も剥奪され、ディベート部にも主張が過激すぎると圧力がかかってくる。メンバー達は指導者のトルソンを欠いたままディベートにのぞむことに。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ The Great Debaters – Official Site”. Thegreatdebatersmovie.com. 2012年10月12日閲覧。
  2. ^ The Great Debaters (2007) - Financial Information - The Numbers
  3. ^ The Great Debaters”. Box Office Mojo. 2016年5月12日閲覧。

外部リンク編集