グロリア (1980年の映画)

グロリア』(Gloria)は、1980年アメリカ映画である。ジョン・カサヴェテス監督・脚本。ニューヨークを舞台にしたハードボイルドアクション映画ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞。

グロリア
Gloria
監督 ジョン・カサヴェテス
脚本 ジョン・カサヴェテス
製作 サム・ショウ
出演者 ジーナ・ローランズ
ジュリー・カーメン
音楽 ビル・コンティ
撮影 フレッド・シュラー
編集 ジョージ・C・ビラセア
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年10月1日
日本の旗 1981年2月14日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $4,059,673[1]
テンプレートを表示

リュック・ベッソン監督の1994年の映画レオン』と設定やストーリー展開が重なる部分があり、同作の「原型」とも言われている[2][3]

1999年にシャロン・ストーン主演でリメイクされている。

目次

ストーリー編集

サウス・ブロンクスのあるアパートにライフル銃を持った男たちが集まり、ジャック・ドーン(バック・ヘンリー)の一家が住む部屋を取り囲んだ。ジャックは組織の会計係を担当していたが、FBIに情報を洩らしたために報復されることとなった。6歳のフィルらはものものしい事態の中でうろたえるだけ。そこへ同じフロアに住むグロリア・スウェンソン(ジーナ・ローランズ)がドアをノックした。コーヒーを借りにジャックの家を訪ねて来たのだが、その異様な空気を敏感に感じ取り、フィルを預かってくれという突然の願いを聞き入れる。さらにジャックは詳細の秘密を記したノートをフィルに託した。子供嫌いのグロリアが、いやがるフィルをつれて部屋に戻った瞬間、ジャックの部屋では大爆発が起きる。アパートを脱出した2人は組織から追われることとなる。

ひとまずリバーサイド・ドライブのグロリアの姉の部屋に身を隠す2人だったが、組織の手が伸びてくる。エマニュエル・ウンガロのファッションをまとったグロリアはショーガール出身で、組織のボス、トニー・タンジーニの情婦だったのである。昔の仲間を敵にまわすはめになった彼女は少年を守ることに全てを賭ける気持ちになった。銀行から持ち金をすべて引き出し、フィルを連れてタクシー、地下鉄、バスを利用して、ニューヨーク中を、身を隠す場所を求めて逃げ回る。自分に冷たくあたるグロリアを「ブタ」と呼び、なじまなかったフィルも完全に頼る存在になっていた。高級ホテルに最後の本拠地をかまえた時には、フィルはグロリアを母のように慕っていた。

この逃避行に決着をつけることを考えたグロリアは、遂にボスのタンジーニに連絡をつけた。そしてフィルに「3時間待って私が戻ってこなかったら、ピッツバークヘ行きなさい。そこで待っているから」と告げると、例のノートをもってタンジーニのマンションへと向かった。グロリアは3時間たっても戻らず、フィルはひとリピッツバーグへ向かった。不安な面持ちで約束の墓地を歩き回るフィルの前にやがて、1台のタクシーが止まる。

キャスト編集

日本語版
1984年2月20日 TBS月曜ロードショー』TV初放送。※DVD未収録
演出:小林守夫、翻訳:岩本令、調整:前田仁信、解説:荻昌弘

脚注編集

  1. ^ Gloria (1980)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月25日閲覧。
  2. ^ 映画 グロリア”. allcinema. 2012年4月25日閲覧。
  3. ^ 日本の『子連れ狼』にヒントを得たといわれており、北野武クエンティン・タランティーノの「突発的拳銃アクション」の原点でもある(斉田育秀『映画のグルメ』五曜書房、p.103)

関連項目編集

外部リンク編集