グローバル・サプライ・システム

グローバル・サプライ・システム英語Global Supply Systems)は、2014年まで存在したイギリス貨物専用航空会社

グローバル・サプライ・システム
Global Supply Systems
GSS Boeing 747-400 KvW.jpg
IATA
XH
ICAO
GSS
コールサイン
JET LIFT
設立 2001年
ハブ空港 ロンドン・スタンステッド空港
航空連合 ノンアライアンス
親会社 アトラスエア・ワールドワイド・ホールディングス
保有機材数 3機
本拠地 イギリスロンドン
外部リンク http://www.gssair.co.uk[リンク切れ]
テンプレートを表示

概要編集

グローバル・サプライ・システムの名称は2001年1月31日から使用され、翌年(2002年)6月29日から運航を開始した。本社はロンドンにあったが、拠点としていた空港ヒースロー空港ガトウィック空港などではなく、スタンステッド空港であった。

貨物輸送用の機体として、当初はアトラス航空から借りたボーイング747-400Fを導入したが、その後、ボーイング747-8Fを導入して以降は、-400Fはアトラス航空に返却した。また、他の航空会社に対し、ウェットリースベースで貨物専用機材の提供を行った実績もあり、同国のブリティッシュ・エアウェイズ・ワールド・カーゴは、まさにその対象となった。

2014年1月、同社と契約を結んでいたブリティッシュ・エアウェイズ・ワールド・カーゴが、航空会社のメイン顧客として同年4月からその契約を解除した。それにより、グローバル・サプライ・システムはその後も新たな顧客を見つけられないまま、同年末に営業終了に追い込まれた。

現在、グローバル・サプライ・システムの株式は、イギリス政府とアトラス航空により保有されている。

運航していた機材編集

  • ボーイング747-400F(3機)
  • ボーイング747-8F(3機)

関連項目編集