グーテンベルク21

グーテンベルク21は、1998年に開始されたデジタル書店。代表は大和田伸。

概要編集

翻訳家の大出健が、本名の大和田伸の名前で1998年7月に開始したデジタル書店。提供作品数は2020年3月現在で約1200点[1]。所在地は東京都世田谷区。販売については当初は自社のホームページでテキストエキスパンドブック形式で販売していたが、2020年現在では、アマゾンKindleストアGoogle Play紀伊国屋書店Apple Booksなどの電子書籍配信サービスを利用している。

グーテンベルクの名前は15世紀に活版印刷の基礎を築いたとされるヨハネス・グーテンベルクからきており、グーテンベルク21は「21世紀のグーテンベルク」という意味である[2]。取り扱っている作品は古典が多いものの、他社で紙の本としては絶版になった作品など、まだ著作権が有効な作品も積極的に登録している。また、新たに翻訳された作品も多い。

脚注編集

外部リンク編集