ケイティブレイブ

ケイティブレイブは、日本の競走馬。主な勝鞍は2017年の帝王賞、2018年の川崎記念JBCクラシック

ケイティブレイブ
2018年 JBCクラシック
2018年JBCクラシック
欧字表記 K T Brave
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2013年5月11日(7歳)
死没 (現役競走馬)
アドマイヤマックス
ケイティローレル
母の父 サクラローレル
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 岡野牧場
馬主 瀧本和義
調教師 目野哲也栗東
杉山晴紀(栗東)
競走成績
生涯成績 40戦12勝
中央:18戦3勝
地方:22戦9勝
獲得賞金 6億8570万2000円
中央:2億549万2000円
地方:4億8021万0000円
(2020年6月24日現在)
 
勝ち鞍
JpnI 帝王賞 2017年
JpnI 川崎記念 2018年
JpnI JBCクラシック 2018年
JpnII 兵庫チャンピオンシップ 2016年
JpnII 浦和記念 2016年・2019年
JpnII ダイオライト記念 2018年
JpnII 日本テレビ盃 2018年
JpnIII 白山大賞典 2016年
JpnIII 名古屋大賞典 2017年
テンプレートを表示

経歴編集

2歳 (2015年)編集

8月30日に芝でのデビュー戦となったが6番人気での8着と振るわず次戦からはダートに転向。2戦目9月12日の未勝利戦では12番人気の低評価ながら2着に好走、続く9月26日の未勝利戦では向こう正面で一気に先頭に立つと後続を突き放し、2着に5馬身差を付けて圧勝した[1]。その後条件戦を3走したが3着、5着、3着となり、この年を終える。

3歳 (2016年)編集

初戦となった1月17日の500万下競走は1番人気に応えて勝利した[2]ものの、続く2月21日のヒヤシンスSは4着、4月3日の伏竜Sは3着と勝ちきれない状態が続いた。

重賞初挑戦となった5月4日の兵庫チャンピオンシップではヒヤシンスSに勝利したゴールドドリームが1.3倍の圧倒的支持を受ける中で2番人気となったが、レースでは先手を取ると追ってきたゴールドドリームを直線で突き放し、7馬身差の圧勝で重賞初制覇を飾った[3]

7月13日のジャパンダートダービーでは前走と同じく先手を取ってレースを引っ張り、キョウエイギアには離されたもののゴールドドリームには再び先着する2着に逃げ粘った[4]

8月7日のレパードステークスでは逃げ切りを図ったがゴール手前でグレンツェントに差されてクビ差の2着[5]。1.7倍の支持を受けた9月17日のラジオ日本賞でも先手を取ったが、追い込んできたメイショウスミトモに交わされ2着となった[6]

続く10月4日の白山大賞典は2番手で競馬を進めて直線で先頭に立ち、後続の追走を振り切って優勝[7]。次走11月22日の浦和記念では1.7倍の1番人気に推され、2番手から向こう正面で先頭を奪うと、2着クリソライトを4馬身引き離して重賞連勝を飾った[8]

年内最終戦となる12月15日の名古屋グランプリでも圧倒的支持を受け先頭に立ってレースを進めたが、2番手に位置していた前年優勝馬アムールブリエに直線入り口で交わされ、同馬から3馬身差の2着に敗れた[9]

 
2016年兵庫チャンピオンシップ

4歳 (2017年)編集

年明け初戦となった2月1日の川崎記念では2016年最優秀ダートホースサウンドトゥルーに次ぐ2番人気に推されたが、逃げるオールブラッシュに突き放されて5着に終わった[10]。続く2月19日のフェブラリーステークスはここまで騎乗していた武豊コパノリッキーに騎乗するため鞍上が幸英明に乗り替わりとなり、11番人気での6着となった[11]

福永祐一を鞍上に迎えた3月30日の名古屋大賞典ではスタートから先手を奪うと、そのまま逃げ切り、ピオネロに1馬身半差をつけ交流重賞4勝目をマークした[12]。しかし5月20日の平安ステークスは3コーナーでいったんは先頭に立つも失速し5着に敗れる[13]

6番人気で迎えた6月28日の帝王賞は、スタートで躓いて今までの先行策とは一転して後方からのレースとなり、鞍上の福永が「もう終わった」と思う展開となった[14]が、直線で外から一気に脚を伸ばすと、前を行くアウォーディー、クリソライトを差し切り、最後は2着に1馬身3/4差をつけJpnI初制覇を果たした[15][16]

9月27日の日本テレビ盃では1番人気に推され、逃げるモーニンの2番手で競馬を進めて直線ではアポロケンタッキー、追って来たサウンドトゥルーとの4頭での叩き合いとなったが、外の2頭に交わされて3着[17]。続く11月3日のJBCクラシックでは中団に控えて直線で先頭に並びかけたが、外から追い込んできたサウンドトゥルーに差し切られ2着となった[18]

3番人気で迎えた次走12月3日のチャンピオンズカップではコパノリッキーが逃げる展開の中、1番人気のテイエムジンソクを追う形で先団に位置を取って直線で前を追ったが、前の2頭との差を詰められず、後方から追い込んできたゴールドドリームにも交わされ4着に終わった[19]。この年最後の出走となった12月29日の東京大賞典では1番人気に推されコパノリッキーを2番手から追走したが、直線ではコパノリッキーに差を開けられ、さらにサウンドトゥルーに差されて3着となった[20]

5歳 (2018年)編集

1月31日の川崎記念から始動し、好スタートからハナを奪うとそのまま先頭を譲らず、直線ではリードを保ったままゴールしてJpnI2勝目を飾った[21]。続いて2月18日のフェブラリーステークスに出走。本馬を管理する目野哲也調教師が定年を迎えるため、師の最後のGIとして臨んだ[22]が、逃げたニシケンモノノフが最下位、2番人気だった先行勢のテイエムジンソクも12着という速い流れとなり、3番手で競馬を進めたが11着に大敗した[23]

その後、2月末での目野調教師の引退に伴って杉山晴紀厩舎へと転厩した[24]

3月14日のダイオライト記念ではアポロケンタッキーと共に1倍台の人気に推されて先頭でレースを引っ張り、並んできたアポロケンタッキーを振り切って優勝。管理する杉山調教師にとっては初の重賞制覇となった[25]

次走の6月28日帝王賞でも1番人気となり、ハイペースで逃げるテイエムジンソクを先団から追走したが、直線で叩き合いとなったゴールドドリームにクビ差競り負けて2着に惜敗した[26]

次走は初の海外遠征となる9月9日のコリアカップへの出走を予定していた[27]が、招待が来なかったため10月3日の日本テレビ盃に出走。鞍上の福永が2週間前に落馬負傷したため復帰初戦となった[28]が1番人気に推され、2番手追走から直線で先頭に立つと、2着アポロケンタッキーに2馬身差を付けて勝利した[29]

 
2018年JBCクラシック

その後は京都競馬場で開催された11月3日のJBCクラシックに出走。中央での勝利は2016年1月の条件戦が最後と戦績が振るわないため、重賞馬サンライズソアオメガパフュームに次ぐ3番人気に留まった。レースでは中団に待機し、向こう正面から3コーナーにかけて前に進出すると、直線でサンライズソアを交わして先頭に立ち、追い込んできたオメガパフュームも振り切って優勝。JpnI3勝目を飾るとともに中央重賞初制覇を達成した[30][31]

続く12月3日のチャンピオンズカップではルヴァンスレーヴに次ぐ2番人気に推されたが、中団待機から直線でも伸びず11着に敗退[32]。鞍上の福永は「こんなに負ける馬じゃない」とコメントし、「直線で西日を気にしていた」ことを敗因の一つに挙げた[33]

年内最終戦として12月29日の東京大賞典に2番人気で出走、5番手で競馬を進めて直線で一旦は先頭に立ったものの、外からオメガパフュームとゴールドドリームに差されて3着となった[34]

なお、2018年JRA賞最優秀ダートホースの記者投票では1票を獲得している[35]

6歳(2019年)編集

年内初戦には3年連続の出走となる1月30日の川崎記念を選択し、単勝オッズ1.2倍の圧倒的な支持を受けた。道中は先団に位置を取って直線で先頭に並びかけたが、内のオールブラッシュとの間を割って伸びて来たミツバに差を開けられ、2馬身1/2差の2着となった[36]

その後、3月30日に行われるドバイワールドカップの出走馬に選出され、招待を受諾[37]。鞍上にジョアン・モレイラを迎えての参戦を予定していた[38]が、レース前日に疝痛を発症し出走を取り消した[39]。その後さらに腸捻転を発症。緊急手術を行い、成功したものの復帰は秋を予定していると発表された[40]

その後は長期休養を挟み、約8カ月振りの実戦として11月28日の浦和記念に出走[41]。鞍上には短期免許で来日していたクリストフ・スミヨンを迎える予定だったが、同騎手が前日の調教中に負傷したため、御神本訓史に乗り替わっての出走となった[42]。レースではスタートから押して3番手に位置を取り、2周目の向こう正面で先頭に並びかけ、4コーナーで先頭に立つとそのまま後続の追走を振り切り、2着に3馬身差を付けて優勝。復帰初戦を勝利で飾るとともに、2016年の優勝以来3年振り2度目の浦和記念制覇となった[43][44]

次走12月29日の東京大賞典ではゴールドドリームオメガパフュームと人気を分け合い3番人気で出走。好スタートから2番手を追走したが、直線半ばで逃げたアポロテネシーと共に失速し8着に敗れた[45]

7歳(2020年)編集

年明け初戦として4年連続の出走となる1月29日の川崎記念を選択、前年のJBCクラシック優勝馬チュウワウィザードが圧倒的支持を集める中で2番人気に推されたが、逃げの手を打ったレースでは2周目の3コーナーで早々に後退し6着に敗退。鞍上の森泰斗は「流れの割に頑張れなかったです」とコメントした[46]

次走は本馬を所有する瀧本和義オーナーの要望により、鞍上に初コンビとなる長岡禎仁を迎えて2月23日のフェブラリーステークスに出走することが決定[47]。同騎手はデビュー9年目でGI初騎乗となったが、長年調教で本馬に騎乗していることを踏まえての采配であった[48][49]。レースでは大きく人気を落とし、出走馬中最低人気の単勝オッズ142.6倍での出走となったが、ハイペースの中で中団に位置を取って直線では外から脚を伸ばし、優勝した1番人気のモズアスコットには2馬身半差を付けられたものの2着に入線。鞍上の長岡は1986年以降にデビューしたJRA騎手の中で史上7人目となる「中央GI初騎乗での3着以内」を達成した[50][注 1]。レース後、長岡は「調教段階から馬とコミュケーションを取ってきたことが(2着に)つながったと思う。乗せていただき感謝しています」とコメント。それでも「あそこまで行ったら、勝ちたかったです」と悔しさを露わにしたが、瀧本オーナーは「長岡くんが完璧な騎乗をしてくれた。私にとっては勝ったも同然です」と語った[53]

その後は前走に引き続きマイル戦となる5月5日のかしわ記念に出走、鞍上も再び長岡が務めることとなった。7頭立てながらモズアスコットやルヴァンスレーヴといったメンバーが揃い、単勝オッズは中央勢でのブービー人気となる5番人気に留まった。レースではモズアスコットを前に見る形で5番手に位置を取り、4コーナーで内ラチ沿いを回って進出したものの、スローでの逃げに持ち込んでいた6番人気ワイドファラオとの差を詰め切れず2馬身差の2着でゴール[54]。鞍上の長岡は「瀧本オーナーや杉山調教師、杉山厩舎の皆様には、こういう舞台に立たせて頂いた事を感謝しています。勝って恩返しをしたかったのですが、勝てなかった事が残念です」とコメントした[55]

次走は6月24日の帝王賞に5番人気で出走[56]。大外枠のスタートから序盤は後方に位置を取り、道中で位置取りを押し上げていったが、直線では伸びを欠き6着に敗れた[57]

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2015.08.30 小倉 2歳新馬 芝1800m(良) 8 1 1 023.30(6人) 08着 R1:53.7(38.3) -3.2 三津谷隼人 51 ストロングタイタン 482
0000.09.12 阪神 2歳未勝利 ダ1800m(稍) 15 1 1 106.2(12人) 02着 R1:54.5(38.5) -0.4 国分優作 54 スーパーライナー 478
0000.09.26 阪神 2歳未勝利 ダ1800m(重) 11 5 5 002.80(2人) 01着 R1:56.2(40.5) -0.9 国分優作 54 (カフジプリンス) 482
0000.10.17 東京 プラタナス賞 ダ1600m(不) 13 2 2 015.10(6人) 03着 R1:36.7(37.9) -0.1 津村明秀 55 エネスク 472
0000.12.05 中京 寒椿賞 ダ1400m(良) 13 6 9 004.10(2人) 05着 R1:25.6(39.1) -1.1 石橋脩 55 クリスタルタイソン 492
0000.12.19 阪神 樅の木賞 ダ1800m(良) 12 7 11 016.70(4人) 03着 R1:52.9(37.5) -0.3 国分優作 55 スマートシャレード 484
2016.01.17 京都 500万下 ダ1800m(良) 8 2 2 002.30(1人) 01着 R1:54.2(37.8) -0.2 国分優作 56 (クリノリトミシュル) 488
0000.02.21 東京 ヒヤシンスS OP ダ1600m(重) 14 8 14 041.60(7人) 04着 R1:35.8(36.1) -0.4 勝浦正樹 56 ゴールドドリーム 480
0000.04.03 中山 伏竜S OP ダ1800m(稍) 15 3 4 015.40(4人) 03着 R1:52.8(38.7) -0.4 勝浦正樹 56 ストロングバローズ 488
0000.05.04 園田 兵庫CS JpnII ダ1870m(良) 12 6 8 004.60(2人) 01着 R2:00.2(37.7) -1.2 川原正一 56 (ゴールドドリーム) 484
0000.07.13 大井 ジャパンDダービー JpnI ダ2000m(良) 12 8 13 004.80(3人) 02着 R2:06.6(39.8) -0.9 武豊 56 キョウエイギア 495
0000.08.07 新潟 レパードS GIII ダ1800m(良) 13 4 5 002.50(1人) 02着 R1:50.6(37.3) -0.0 武豊 56 グレンツェント 492
0000.09.17 中山 ラジオ日本賞 OP ダ1800m(稍) 9 3 3 001.70(1人) 02着 R1:50.7(37.9) -0.1 蛯名正義 54 メイショウスミトモ 484
0000.10.04 金沢 白山大賞典 JpnIII ダ2100m(良) 12 8 12 002.10(1人) 01着 R2:15.1(38.9) -0.2 武豊 55 アムールブリエ 491
0000.11.22 浦和 浦和記念 JpnII ダ2000m(重) 11 6 6 001.30(1人) 01着 R2:07.0(39.1) -0.7 武豊 55 クリソライト 489
0000.12.15 名古屋 名古屋GP JpnII ダ2500m(重) 12 3 3 001.50(1人) 02着 R2:42.4(38.9) -0.7 武豊 55 アムールブリエ 501
2017.02.01 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(良) 12 6 8 003.30(2人) 05着 R2:15.5(38.7) -0.9 武豊 56 オールブラッシュ 491
0000.02.19 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 8 15 044.1(11人) 06着 R1:35.6(36.3) -0.5 幸英明 57 ゴールドドリーム 498
0000.03.30 名古屋 名古屋大賞典 JpnIII ダ1900m(良) 9 5 5 004.50(3人) 01着 R2:02.5(40.5) -0.3 福永祐一 58 (ピオネロ) 502
0000.05.20 京都 平安S GIII ダ1900m(良) 16 8 16 008.40(4人) 05着 R1:56.5(38.8) -0.8 福永祐一 58 グレイトパール 504
0000.06.28 大井 帝王賞 JpnI ダ2000m(重) 16 2 3 008.20(6人) 01着 R2:04.4(36.5) -0.3 福永祐一 57 (クリソライト) 504
0000.09.27 船橋 日本テレビ盃 JpnII ダ1800m(稍) 11 8 10 002.30(1人) 03着 R1:53.0(37.3) -0.1 福永祐一 58 アポロケンタッキー 503
0000.11.03 大井 JBCクラシック JpnI ダ2000m(重) 13 8 12 004.30(3人) 02着 R2:04.7(37.6) -0.2 福永祐一 57 サウンドトゥルー 503
0000.12.03 中京 チャンピオンズC GI ダ1800m(良) 15 1 2 006.60(3人) 04着 R1:50.4(36.2) -0.3 福永祐一 57 ゴールドドリーム 512
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 16 6 12 003.50(1人) 03着 R2:05.3(38.0) -1.1 福永祐一 57 コパノリッキー 511
2018.01.31 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(稍) 10 6 6 002.70(1人) 01着 R2:14.9(37.1) -0.2 福永祐一 57 (アポロケンタッキー) 516
0000.02.18 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 1 2 015.40(5人) 11着 R1:37.7(39.4) -1.7 福永祐一 57 ノンコノユメ 516
0000.03.14 船橋 ダイオライト記念 JpnII ダ2400m(稍) 9 1 1 001.80(1人) 01着 R2:34.8(40.4) -0.3 福永祐一 56 (アポロケンタッキー) 511
0000.06.27 大井 帝王賞 JpnI ダ2000m(良) 15 2 2 002.80(1人) 02着 R2:04.3(38.8) -0.1 福永祐一 57 ゴールドドリーム 512
0000.10.03 船橋 日本テレビ盃 JpnII ダ1800m(稍) 12 5 6 001.90(1人) 01着 R1:52.5(36.4) -0.4 福永祐一 58 (アポロケンタッキー) 508
0000.11.04 京都 JBCクラシック JpnI ダ1900m(良) 16 4 8 004.30(3人) 01着 R1:56.7(37.0) -0.1 福永祐一 57 オメガパフューム 518
0000.12.02 中京 チャンピオンズC GI ダ1800m(良) 15 5 8 005.00(2人) 11着 R1:51.5(36.7) -1.4 福永祐一 57 ルヴァンスレーヴ 528
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 16 1 2 002.80(2人) 03着 R2:06.3(39.4) -0.4 福永祐一 57 オメガパフューム 514
2019.01.30 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(良) 11 2 2 001.20(1人) 02着 R2:15.5(39.9) -0.5 福永祐一 57 ミツバ 513
0000.03.30 メイダン ドバイWC G1 ダ2000m(良) 12 11 取消 J.モレイラ 57 Thunder Snow 計不
0000.11.28 浦和 浦和記念 JpnII ダ2000m(重) 12 1 1 004.60(2人) 01着 R2:05.4(37.6) -0.6 御神本訓史 58 アナザートゥルース 517
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(稍) 13 2 2 003.40(3人) 08着 R2:08.1(41.9) -3.2 御神本訓史 57 オメガパフューム 520
2020.01.29 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(不) 12 1 1 003.20(2人) 06着 R2:15.9(40.8) -1.8 森泰斗 57 チュウワウィザード 520
0000.02.23 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 8 15 142.6(16人) 02着 R1:35.6(35.6) -0.4 長岡禎仁 57 モズアスコット 524
0000.05.05 船橋 かしわ記念 JpnI ダ1600m(良) 7 4 4 012.10(5人) 02着 R1:39.0(36.0) -0.4 長岡禎仁 57 ワイドファラオ 521
0000.06.24 大井 帝王賞 JpnI ダ2000m(重) 14 8 14 021.60(5人) 06着 R2:06.3(36.9) -1.0 長岡禎仁 57 クリソベリル 520
  • 競走成績は2020年6月24日現在
  • 出典: [58][59]

血統表編集

ケイティブレイブ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

アドマイヤマックス
1999 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
ダイナシュート
1982 栗毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイマイン *ヒッティングアウェー
*ファンシミン

ケイティローレル
2006 栗毛
サクラローレル
1991 栃栗毛
Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
*ローラローラ Saint Cyrien
Bold Lady
母の母
*ビーマイファイア
Be My Fire
1986 栗毛
Be My Guest Northern Dancer
What a Treat
Fire and Ice Reliance
Glorifying
母系(F-No.) ビーマイフアイア系(FN:1-s) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×4=12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ [60]
  2. ^ [61]
  3. ^ [60]
  4. ^ [60]

注釈編集

  1. ^ さらにダートGIでは2014年の本レースを最低人気で制したコパノリッキー以来史上2例目の「最低人気での3着以内」[51]、また前日のダイヤモンドステークスを最低人気で制したミライヘノツバサと合わせて史上初の「中央重賞で2日連続最低人気馬が3着以内」という珍事も発生した[52]

出典編集

  1. ^ 【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)~ケイティブレイブ、アンシエルワープ、テイエムハヤブサが勝利 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  2. ^ 【3歳500万下】(京都4R)~ケイティブレイブが勝利 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ ケイティブレイブが7馬身差圧勝で重賞初制覇/兵庫CS・園田 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ 【ジャパンダートダービー】(大井)~キョウエイギア快勝、3歳ダート王に | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  5. ^ 【レパードS】ケイティブレイブ ラスト力尽きる | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  6. ^ 【ラジオ日本賞】(中山)~メイショウスミトモが外から差し切り連勝 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 【白山大賞典】(金沢)~ケイティブレイブ直線抜け出し重賞2勝目 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 【浦和記念】(浦和)~ケイティブレイブが快勝して重賞3勝目 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ アムールブリエが連覇達成で有終の美!/名古屋グランプリ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 【川崎記念】(川崎)~オールブラッシュが鮮やか逃げ切り、初タイトル奪取 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ フェブラリーS|2017年02月19日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ ケイティブレイブが逃げ切り重賞4勝目/名古屋大賞典netkeiba.com、2017年6月28日閲覧
  13. ^ “【平安S】ケイティブレイブ3角先頭の積極駆けも…グレイトパールに完敗の5着”. スポーツ報知. (2017年5月20日). http://www.hochi.co.jp/horserace/20170520-OHT1T50162.html 2017年6月28日閲覧。 
  14. ^ 【帝王賞】ケイティブレイブ直線一気で砂の王者 逃げるつもりが出遅れ…福永苦笑い | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  15. ^ ケイティブレイブが出遅れからの差し切りV! GI初制覇!/帝王賞・大井netkeiba.com、2017年6月28日閲覧
  16. ^ 【帝王賞レース後コメント】ケイティブレイブ福永祐一騎手、目野哲也調教師ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  17. ^ 直線の追い比べで強さ見せたアポロケンタッキー/日本テレビ盃回顧(斎藤修) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  18. ^ 【JBCクラシック】(大井)~サウンドトゥルーが差し切りV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI”. www.radionikkei.jp. 2019年3月23日閲覧。
  19. ^ 【チャンピオンズCレース後コメント】ゴールドドリーム R.ムーア騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  20. ^ 逃げて強さを見せたコパノリッキー/東京大賞典回顧(斎藤修) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  21. ^ 【南関東競馬】ケイティブレイブ 快逃V フェブラリーSで目野師 有終V目指す | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  22. ^ ケイティブレイブ目野師、中央GIラストチャンス「勝ちたい」/フェブラリーS共同会見 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  23. ^ フェブラリーSダイジェスト/勝ちタイムは1分36秒0(良) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  24. ^ 【引退調教師の転厩馬】目野哲也厩舎のケイティブレイブは杉山晴紀厩舎へ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  25. ^ 【ダイオライト記念】ケイティブレイブ重賞V7 杉山師うれしい重賞初勝利 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  26. ^ 接戦の5歳馬2頭は歴代チャンピオン級の実力/帝王賞回顧(斎藤修) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  27. ^ アポロケンタッキーは9・9コリアCに出走申請する|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2019年3月23日閲覧。
  28. ^ 福永祐一、10・3日本テレビ盃で復帰 G1・2勝のケイティブレイブに騎乗 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  29. ^ 【船橋・日本テレビ盃】復帰初戦・福永祐一騎手のケイティブレイブがV! 7着まで人気通りの決着 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  30. ^ 【JBCクラシック】ケイティブレイブが差し切り完勝! JpnI・3勝目/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  31. ^ 【JBCクラシック 勝負の分かれ目】ケイティブレイブの勝ち方を知っている福永騎手の自信に満ちた騎乗が光った。 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  32. ^ 【チャンピオンズC】ケイティブレイブまさかの11着 大敗に福永も「う~ん…」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  33. ^ 【チャンピオンズC・後記】11着ケイティブレイブ 敗因は西日?” (日本語). 東スポWeb - 東京スポーツ新聞社. 2019年3月23日閲覧。
  34. ^ 【東京大賞典全着順】3歳馬オメガパフュームがゴールドドリーム、ケイティブレイブら破る/地方競馬レース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  35. ^ 2018年度JRA賞競走馬部門 記者投票集計結果 JRA”. www.jra.go.jp. 2019年3月23日閲覧。
  36. ^ 【川崎記念全着順】ミツバ&和田竜二騎手がV 2着ケイティブレイブ、3着オールブラッシュ/地方競馬レース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  37. ^ 【ドバイワールドカップ】(メイダン) ケイティブレイブが招待受諾 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月30日閲覧。
  38. ^ 【次走】ケイティブレイブはモレイラ騎手でドバイワールドカップへ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月30日閲覧。
  39. ^ 【ドバイWC】ケイティブレイブが出走取消、疝痛のため | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月30日閲覧。
  40. ^ ドバイWC取消ケイティブレイブ 腸捻転の手術成功、秋の復帰目指す”. www.sponichi.co.jp. 2019年4月6日閲覧。
  41. ^ 【浦和記念】レース展望” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年11月27日). 2019年11月28日閲覧。
  42. ^ スミヨン騎手が負傷のため浦和記念で乗り替わり|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2019年11月28日閲覧。
  43. ^ 【浦和記念】ケイティブレイブが3馬身差V! 復帰初戦を勝利で飾る/地方競馬レース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年11月28日閲覧。
  44. ^ 【浦和記念】2番人気ケイティブレイブが2度目の制覇!” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  45. ^ 【大井・東京大賞典】ケイティブレイブ 満点騎乗も8着「反動あったのかも」”. www.sponichi.co.jp. 2020年2月23日閲覧。
  46. ^ kbn_ykw. “【川崎記念】森泰斗「流れの割に頑張れなかった…」ケイティブレイブは6着 | 競馬ニュースなら「競馬のおはなし」” (日本語). 2020年2月23日閲覧。
  47. ^ 2着ケイティ滝本氏「長岡は完璧」/フェブラリーS|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年2月23日閲覧。
  48. ^ 【フェブラリーS】ケイティブレイブはGI初騎乗となる長岡禎仁騎手との初コンビ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  49. ^ G1初挑戦の長岡が結果を出して恩返しへ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  50. ^ 中央競馬のためにならないツイート (2020年2月22日). “ツイート” (日本語). @horsedatac. 2020年2月23日閲覧。
  51. ^ netkeiba.com (2020年2月22日). “ツイート” (日本語). @netkeiba. 2020年2月23日閲覧。
  52. ^ netkeiba.com (2020年2月22日). “ツイート” (日本語). @netkeiba. 2020年2月23日閲覧。
  53. ^ 【フェブラリーS】最低人気ケイティブレイブ、大健闘の2着 長岡「あそこまで行ったら勝ちたかった」”. www.sponichi.co.jp. 2020年2月23日閲覧。
  54. ^ 【かしわ記念回顧】スローの逃げが叶ってワイドファラオ(斎藤修) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月6日閲覧。
  55. ^ 【かしわ記念レース後コメント】ワイドファラオ福永祐一騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月6日閲覧。
  56. ^ 競馬コラム「ケイバラプソディー」|極ウマ・プレミアム” (日本語). https://p.nikkansports.com/goku-uma/. 2020年6月25日閲覧。
  57. ^ 【帝王賞回顧】若い世代が台頭もクリソベリルが圧倒(斎藤修) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年6月25日閲覧。
  58. ^ 競走成績:全競走成績|ケイティブレイブ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月7日閲覧。
  59. ^ ケイティブレイブの競走成績 | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2020年6月25日閲覧。
  60. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ケイティブレイブ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年1月27日閲覧。
  61. ^ ケイティブレイブの血統表”. netkeiba.com. 2018年1月27日閲覧。
  62. ^ マイネルブルック | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。
  63. ^ ケイティラブ | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年3月23日閲覧。

外部リンク編集