メインメニューを開く

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』(ケイデンス オブ ハイラル クリプト オブ ネクロダンサー フィーチャリング ゼルダのでんせつ、英題:Cadence of Hyrule - Crypt of the NecroDancer Featuring The Legend of Zelda)は、カナダインディーゲームスタジオBrace Yourself Gamesが開発したNintendo Switchゲームソフト。発売元は、日本ではスパイク・チュンソフトが、日本以外では任天堂が担当している。

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・
ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説

Cadence of Hyrule - Crypt of the NecroDancer Featuring The Legend of Zelda
ジャンル ローグライクゲーム
アクションゲーム
音楽ゲーム
対応機種 Nintendo Switch
開発元 Brace Yourself Games
発売元 スパイク・チュンソフト日本の旗
任天堂
音楽 ダニー・バラナウスキー英語版
人数 1 - 2人
発売日 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2019年6月13日[1][2]
日本の旗香港の旗大韓民国の旗 2019年6月14日[3][4][5]
対象年齢 CEROB(12才以上対象)[3]
ESRBE(6歳以上)[1]
PEGI3[2]
USK6(6歳未満提供禁止)[6]
コンテンツ
アイコン
CERO:犯罪[3]
ESRB:Mild Fantasy Violence[1]
テンプレートを表示

概要編集

Brace Yourself Games開発による音楽ゲームの要素を含むローグライクゲームクリプト・オブ・ネクロダンサー』(以下「ネクロダンサー」と略記)と、任天堂が展開するアクションアドベンチャーゲームゼルダの伝説』シリーズ(以下「ゼルダシリーズ」と略記)とのコラボレーション作品。2019年3月20日アメリカで開催されたゲーム開発者向けイベント「Game Developers Conference 2019」で公開され、任天堂のアメリカ法人Nintendo of Americaが同日に配信したインターネット放送「Nindies Showcase Spring 2019」の中でも紹介された[7][8]

本作では、ゼルダシリーズの主要な舞台であるハイラル王国を救う戦いが展開される。ゲームシステムはネクロダンサーのものを踏襲しており、ランダム生成されたフィールドでゼルダシリーズのリミックス楽曲などのリズムに合わせて移動や攻撃・防御等を行う。操作キャラクターとして、ネクロダンサーからは主人公ケイデンスが、ゼルダシリーズからはリンクゼルダが登場する[7][9]

システム編集

本作は1人プレイと2人同時プレイに対応している。物語冒頭ではケイデンス1人を操作し、途中でリンクルートとゼルダルートのいずれかを選択することになる。選択後、1人プレイ時にはリンクまたはゼルダ、2人プレイ時にはケイデンスとリンクまたはケイデンスとゼルダを操作キャラクターとしてゲームが再開し、冒険を進めることで他のキャラクターも仲間に加わる。各地にあるワープ地点「シーカーストーン」では、操作キャラクターの変更を行うことができる。なお、ゲーム開始前の設定で「固定キャラクターモード」を選択すると最終ボス戦を除き特定のキャラクターだけでプレイ可能となる。

操作キャラクターがいるエリア内に敵がいない場合は自由に移動できるが、敵がいる場合はBGMのビートを刻むゲージ「ビートフォース」が画面上に表示され移動や攻撃などの行動が制限される。リズムに合わせて操作すれば行動が実行されるが、合わなければミスとなり操作がキャンセルされる。一方、敵も同様にリズムに合わせて行動をとる。なお、設定変更により、音楽ゲーム要素を排し一般的なローグライクゲームのようにする「ノービートモード」やビートの速度が2倍になる「ダブルタイムモード」にすることもできる。

装備アイテムは常時装備するものと選択して装備するものがある。常時装備アイテムは武器、スコップ、たいまつ、ゆびわ、ブーツの5つに大別され、それぞれ多くの種類がある。武器以外には耐久力が設定されており、使い続けたりダメージを受け続けたりするとゲージが減少し全て尽きると消滅する。また防具として、ケイデンスとリンクは盾、ゼルダは魔力を消費して発動させる「ネールの愛」を用いる。一方、選択装備アイテムはバクダン・弓矢などの武器や一部アイテムを収納するあきビンなど様々なものがあり、最大4つまでセットできる。

ライフが尽きるとゲームオーバーとなり、武器と防具を除く常時装備アイテムとルピー(通貨)が全て失われる。ゲーム再開前には、フィールド上の各区画で敵を全滅させた際などに手に入るダイヤの一定数と引き換えに「運命の巫女」からアイテムを入手でき、その後、任意のシーカーストーンの場所から再開する。

ゲームクリア時の結果は「リーダーボード」にアップロードされ、クリア時間とステップ数の2つの基準で順位付けされる。なお、前述のノービートモードに設定した際のクリア結果は通常のものと別集計となる。

登場キャラクター編集

操作キャラクター編集

ケイデンス (Cadence)
伊藤美紀(日本語版のムービーシーン)、Elspeth Eastman
ハイラル王国の神の力「トライフォース」により異世界(クリプト)から召喚された女性。王国を乗っ取った異人・オクターヴォの野望を阻止すべく冒険し、元の世界への帰還を目指す。
専用攻撃「シャベルストライク」は、魔力を消費して前方3x2のエリアの敵を攻撃し同時に壁を掘る。
リンク (Link)
声:Caitlyn Bairstow
ハイラル王家を守る勇者。神の力の一つ「勇気のトライフォース」を宿している。
専用攻撃「回転斬り」は、魔力を消費して1ビート以上溜めた後に周囲を一度に攻撃する。
ゼルダ (Zelda)
声:Stephanie Martone
ハイラル王家の姫。神の力の一つ「知恵のトライフォース」を宿している。
専用攻撃「ディンの炎」は、魔力を消費して発生させた炎を自由に操作し敵などに当てることができる。

仲間キャラクター・種族・民族編集

トリル (Trill)
リンクとゼルダの友達である妖精。冒険に同行し、折に触れて様々なアドバイスを送る。
ゾーラ族
ハイリア湖に住む半魚人のような種族。オクターヴォの所業により、一族の王子が眠りについている。
ゲルド族
砂漠地帯にある集落に住む民族。集落の屋敷の中には、オルガンを演奏している「ゲルド族の王子」がいる。
ゴロン族
黄土色の体色をした巨大な体躯を持つ種族。洞窟の中で1体がバクダンなどを販売している。作品内では他の同族は登場しない。
ダンペイ[注 1]
カカリコ村の墓守。村の外で倒れていたリンクまたはゼルダ[注 2]を見つけ自宅で寝かせる。
チンクル (Tingle)
「迷いの森」で眠っている緑色の衣を着た男性。森の中で進路を示す装置「チンクルたんちき」を手渡す。

敵キャラクター編集

オクターヴォ (Octavo)
声:イアン・ハンリン英語版
ハイラル王国を訪れ支配者となった音楽家。トライフォースの力が宿る楽器「黄金のリュート[注 3]の音色によりハイラル国王やリンク、ゼルダなどを眠らせる。
戦闘時にはフロア内を転移しながら様々な敵を召喚するほか、触れるとダメージを受ける剣型のマークが上から下へ流れてくる。
四獣奏 (four champions)
オクターヴォが「まほうの楽器」から創り出した怪物。各地のダンジョンの最奥で戦うことになる。
ウィズローボエ (Wizzroboe)
「氷の洞穴」のボスでオーボエの化身。ゼルダシリーズの魔導士の敵「ウィズローブ」に類似している。
転移しながら氷の結晶を放ち地面を凍らせる。氷の弾を発射する敵「アイスウィズローブ」もフロア内に多く出現する。
ギタアモスナイト (Bass Guitarmos Knights)
「砂漠のこう山」のボスでベースギターの化身。青色の1体と赤色の4体。ゼルダシリーズの石像の敵「アモス」に類似している。
巨大な5体が横に並びながら上下に動いて体当たりし、時折離れた場所から急襲する。
ゴーマラカス (Gohmaracas)
「闇の沼」のボスでマラカスの化身。ゼルダシリーズの単眼の敵「ゴーマ」に類似している。
画面上部で左右に動きながら、一直線上を攻撃するレーザーや触れると拘束される糸玉を発射する。また、小型の敵「幼生ゴーマラカス」を複数放出する。
グリオーケンシュピール (Gleeokenspiel)
「嵐の神殿」のボスでグロッケンシュピールの化身。ゼルダシリーズ1作目『ゼルダの伝説』などに登場する竜のボス「グリオーク」に類似している。
4つ首のそれぞれが火の玉や電撃を吐く。攻撃を続けると頭部が胴体を離れ独立して動き回る。
ガノン (Ganon)
未来のハイラル王国を支配する怪物。オクターヴォから黄金のリュートを奪い、リンクとゼルダが持つトライフォースも手にしようと画策する。
体の周囲にバリアを張り、オルガンを演奏しつつフロア内を転移する。一般の敵キャラクターも多数出現する。
戦闘はケイデンス、リンク、ゼルダの3人で臨むことになる。非操作キャラクターは他のキャラクターと同じ動きをするが、移動中にガノンの攻撃で氷漬けにされることがある。

開発編集

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の発売後、同作のファンの手によりゼルダシリーズを題材としたMODが作成され、ファンやBrace Yourself Gamesのスタッフの間で好評を博していた。このことを受け、ネクロダンサーのリズムアクション要素はゼルダシリーズと相性が良いと考えたスタッフは、コラボレーションに向けた企画を立案した[10]

ネクロダンサーはそれまで、日本で発売元を務めるスパイク・チュンソフトと組み、同社タイトルの『風来のシレン』シリーズや『ダンガンロンパ』シリーズなどとコラボレーションしていたが、最後のDLCとしてゼルダシリーズとコラボレーションしたいという話がまとまり、スパイク・チュンソフトが任天堂へ企画を持ち込んだ。そこで企画内のアイデアの豊富さを見た任天堂から「DLCではなく単体でゲームにできるのではないか」との話があり、また任天堂が元々ネクロダンサーを気に入っていて意気投合したことから本作の開発が開始された[10]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 日本語版以外では名前表記なし。
  2. ^ 物語序盤で選択したルートにより異なる。また、前述の「固定キャラクターモード」選択時には2人ともカカリコ村に登場しない。
  3. ^ 『クリプト・オブ・ネクロダンサー』でも同名で意匠が類似した楽器(Golden Lute)が登場するが、関係性は不明。

出典編集

  1. ^ a b c Cadence of Hyrule - Crypt of the NecroDancer Featuring the Legend of Zelda for Nintendo Switch - Nintendo Game Details” (英語). Nintendo of America. 2019年5月31日閲覧。
  2. ^ a b Cadence of Hyrule - Crypt of the NecroDancer Featuring The Legend of Zelda|Nintendo Switch download software|Games” (英語). Nintendo UK. 2019年5月31日閲覧。
  3. ^ a b c ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説”. 任天堂. 2019年6月14日閲覧。
  4. ^ 凱登絲勇闖海拉魯:死靈舞師地牢 薩爾達傳說 合作鉅獻” (中国語). 任天堂(香港)有限公司網站. 2019年6月16日閲覧。
  5. ^ 케이던스 오브 하이랄: 크립트 오브 더 네크로멘서 feat. 젤다의 전설” (韓国語). Nintendo Korea. 2019年6月16日閲覧。
  6. ^ Cadence of Hyrule - Crypt of the NecroDancer Featuring The Legend of Zelda|Nintendo Switch Download-Software|Spiele” (ドイツ語). Nintendo Deutschland. 2019年5月31日閲覧。
  7. ^ a b 『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』が、Nintendo Switchで発売決定!”. 任天堂 (2019年3月22日). 2019年3月22日閲覧。
  8. ^ 「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!”. Game*Spark (2019年3月21日). 2019年3月22日閲覧。
  9. ^ リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!”. Game*Spark (2019年3月21日). 2019年3月22日閲覧。
  10. ^ a b いかにしてネクロダンサーとリンクは出会ったか?『ケイデンス・オブ・ハイラル』開発者インタビュー【BitSummit 7 Spirits】”. Game*Spark (2019年6月11日). 2019年6月16日閲覧。

外部リンク編集