ケイト・ウィルヘルム

アメリカの小説家

ケイト・ウィルヘルムKate Wilhelm、旧姓Katie Gertrude Meredith (1928-06-08) 1928年6月8日 - 2018年3月8日)はアメリカ小説家SFミステリーファンタジーを主に著す。

ケイト・ウィルヘルム
Kate Wilhelm
誕生 (1928-06-08) 1928年6月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州トレド
死没 (2018-03-08) 2018年3月8日(89歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オレゴン州ユージーン[1]
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SFミステリーファンタジー
代表作 鳥の歌いまは絶え
主な受賞歴 ヒューゴー賞ネビュラ賞ローカス賞
配偶者 デーモン・ナイト
公式サイト http://www.katewilhelm.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

1928年、オハイオ州トレドに生まれる[2]。 彼女の作品はQuark, Orbit, Magazine of Fantasy and Science Fiction, ローカス, アメージング・ストーリーズ, アシモフズ・サイエンス・フィクション, エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン, Fantastic, OMNI, Alfred Hitchcock's Mystery MagazineそしてCOSMOPOLITANなど多くの媒体で発表された。

2人目の夫デーモン・ナイトと共に多くの作家を助け、クラリオン・ワークショップミルフォード・ワークショップの設立にも貢献した。

2002年にデーモン・ナイトが亡くなってからもワークショップは続け、また他のイベントでも同様に指導を続けている。

晩年はオレゴン州ユージーンに住んでいた。

2018年3月8日、Facebookにおいて、死去したことが息子リチャードによって告知された。89歳没[3]

受賞歴編集

作品編集

Barbara Hollowayシリーズ編集

Barbara Hollowayはオレゴン州ユージーンに住む弁護士。彼女は聡明かつ勇敢で、思いやりに溢れる人物である。周囲には父である引退寸前の判事Frank Hollowayなどのサポートを借り、彼女は正義のため真相を暴く。探偵物と法廷ドラマを含んだミステリーシリーズ。

  • Death Qualified: A Mystery of Chaos (1991)
  • The Best Defense (1994)
  • For the Defense also named Malice Prepense in hardbound editions (1996)
  • Defense for the Devil (1999)
  • No Defense (2000)
  • Desperate Measures (2001)
  • Clear and Convincing Proof (2003)
  • The Unbidden Truth (2004)
  • Sleight Of Hand (2006)
  • A Wrongful Death (2007)
  • Cold Case (2008)

チャーリー・ミクルジョン&コンスタンス・リードル編集

  • The Hamlet Trap (1987) 『炎の記憶』
  • The Dark Door (1988)
  • Smart House (1989)
  • Sweet, Sweet Poison (1990)
  • Seven Kinds of Death (1992)
  • A Flush of Shadows (1995)
  • The Casebook of Constance and Charlie Volumes 1 and 2 (1999)

その他長編と短編集編集

  • More Bitter Than Death (1962)
  • The Mile-Long Spaceship (1963)
  • The Clone (1965) - シオドア・L・トーマスと共著
  • Andover and the Android (1966)
  • The Nevermore Affair (1966)
  • The Killer Thing (1967)
  • Let the Fire Fall (1969)
  • The Year of the Cloud (1970) - シオドア・L・トーマスと共著
  • Margaret and I (1971)
  • City of Cain (1974) カインの市
  • The Infinity Box (1975)
  • The Clewiston Test (1976) 『クルーイストン実験』
  • Where Late the Sweet Birds Sang (1976) 『鳥の歌いまは絶え
  • Fault Lines (1977)
  • Juniper Time (1979) 『杜松の時』
  • Listen, Listen (1981)
  • A Sense of Shadow (1981)
  • The Winter Beach (1981)
  • Oh, Susannah! (1982)
  • Welcome, Chaos (1983)
  • Huysman's Pets (1985)
  • Crazy Time (1988)
  • Children of the Wind (1989)
  • Cambio Bay (1990)
  • And the Angels Sing (1992)
  • Naming the Flowers (1992)
  • Justice for Some (1993) 『ゴースト・レイクの秘密』
  • The Good Children (1998)
  • The Deepest Water (2000)
  • Skeletons: A Novel of Suspense (2002)

日本語翻訳書編集

  • 『カインの市』(City of Cain, 1974)、日夏響訳、サンリオSF文庫、1978年
  • 『クルーイストン実験』(The Clewiston Test, 1976)、友枝康子訳、サンリオSF文庫、1980年
  • 『杜松の時』(Juniper Time, 1979)、友枝康子訳、サンリオSF文庫、1981年
  • 鳥の歌いまは絶え』(Where Late the Sweet Birds Sang, 1976)、酒匂真理子訳、サンリオSF文庫、1982年
  • 『炎の記憶』(The Hamlet Trap, 1987)、藤村裕美訳、東京創元社〈創元推理文庫〉、1993年、ISBN 978-4488286019
  • 『ゴースト・レイクの秘密』(Justice for Some, 1993)、竹内和世訳、福武書店〈ミステリ・ペイパーバックス〉、1994年、ISBN 978-4828840659
  • 『翼のジェニー - ウィルヘルム初期傑作選』、伊東麻紀/尾之上浩司/佐藤正明/増田まもる/安田均訳、アトリエサード発行、書苑新社発売、2016年、ISBN 978-4883752416 ※日本オリジナル短編集
  • 『鳥の歌いまは絶え』、酒匂真理子訳、東京創元社〈創元SF文庫〉、2020年、ISBN 978-4488783013

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]. 2021年11月21日閲覧
  2. ^ 尾之上浩司「解説」『翼のジェニー』アトリエサード、2016年、243頁
  3. ^ Kate Wilhelm (1928-2018)” (英語). Mike Glyer's news of science fiction fandom (2018年3月10日). 2018年3月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 渡邊利道「解説」『鳥の歌いまは絶え』創元SF文庫、2020年、386-387頁

外部リンク編集