メインメニューを開く

ケイト・ショートランド(Cate Shortland、1968年8月10日 - )は、オーストラリアの脚本家映画監督である。ニューサウスウェールズ州テモラ英語版出身である。

ケイト・ショートランド
Cate Shortland
Cate Shortland
生年月日 (1968-08-10) 1968年8月10日(50歳)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリア ニューサウスウェールズ州テモラ英語版
職業 映画監督・脚本家
ジャンル テレビ・映画

2004年に『15歳のダイアリー英語版』で長編映画の監督デビューする。第57回カンヌ国際映画祭ではある視点部門で上映された[1]

長編監督2作目『さよなら、アドルフ』は2012年シドニー映画祭英語版でオーストラリア・プレミアとなった[2]。2012年8月にロカルノ国際映画祭でグランプリを獲得した。第85回アカデミー賞外国語映画賞のオーストラリア代表作品である[3]

主な監督作品編集

参考文献編集

  1. ^ Festival de Cannes: Somersault”. festival-cannes.com. 2009年12月3日閲覧。
  2. ^ Lore” (英語). Sydney Film Festival 2012. 2013年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月9日閲覧。
  3. ^ Alexandra Spring (2012年9月7日). “Australian film Lore up for an Oscar” (英語). Vogue. オリジナルの2012年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120909013815/http://www.vogue.com.au:80/culture/art/australian+film+lore+up+for+an+oscar,19719 2012年9月7日閲覧。 

外部リンク編集