ケニア・カルカセス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルカセス第二姓(母方の)はオポンです。

ケニア・カルカセス・オポン(Kenia Carcaces Opón、女性、1986年1月22日 - )は、キューババレーボール選手。オルギン出身。ポジションはウイングスパイカー。元キューバ代表

ケニア・カルカセス
Kenia Carcaces
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Kenia Carcasés Opón.jpg
基本情報
国籍  キューバ
生年月日 (1986-01-22) 1986年1月22日(31歳)
出身地 オルギン
ラテン文字 Kenia Carcaces
身長 189cm
体重 69kg
選手情報
所属 日本の旗 上尾メディックス
ポジション WS
利き手
スパイク 308cm
ブロック 306cm
 
獲得メダル
ワールドグランプリ
2008 横浜
テンプレートを表示

目次

来歴編集

キューバ代表のエースでポジションサイドアタッカー。2005年にキューバ代表に初選出され、同年のワールドグランプリ2005でデビューした。2006年世界選手権ワールドカップ2007北京五輪と国際舞台の経験を積む。

2010年のモントルーバレーマスターズではMVPを受賞し、同年の世界選手権ワールドグランプリ2011ではエースとしてチームを牽引した。

2005年には日本のV・プレミアリーグ久光製薬スプリングスでプレーし、キューバ人独特の跳躍力とパワーで活躍した。2013-14シーズンにスイスリーグのVBCチューリッヒで、2014-15シーズンにはブラジルリーグのオザスコでプレーした。

2017/18シーズンはV・プレミアムリーグの上尾メディックスと契約した[1]

日本で生活した際、茶碗蒸しプリンと間違えて食べてしまい、それ以降茶碗蒸しが嫌いになった。食生活に慣れず唯一最初に食べられたものはラーメンだった[要出典]

受賞歴編集

  • 2006年 第12回Vリーグ 敢闘賞、得点王、ベスト6
  • 2006年 日韓VリーグトップマッチMVP
  • 2006年 第55回黒鷲旗全日本バレーボール大会 黒鷲賞、ベスト6
  • 2010年 モントルーバレーマスターズ MVP、ベストスコアラー
  • 2010年 パンアメリカンカップ ベストスコアラー

所属クラブ編集

脚注編集

  1. ^ 選手入団のお知らせ”. 上尾メディックス. 2017年10月6日閲覧。

外部リンク編集