ケニー・ギャレット

ケニー・ギャレットKenny Garrett1960年10月9日 - )は、アメリカのポスト・バップ・ジャズ・サックス奏者にしてフルート奏者であり、若い頃にデューク・エリントン・オーケストラとマイルス・デイヴィス・バンドのメンバーとして認められた。それ以降は、ソロ・キャリアを追求してきた。

ケニー・ギャレット
Kenny Garrett
Kenny Garrett (2013).jpg
ケニー・ギャレット(2013年)
基本情報
生誕 (1960-10-09) 1960年10月9日(60歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州デトロイト
ジャンル ジャズ、ポスト・バップ、フュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 アルト・サクソフォーン、ソプラノ・サクソフォーン、フルート
活動期間 1978年 -
レーベル アトランティックワーナー、Mack Avenue、Criss Cross Jazz
共同作業者 ファイヴ・ピース・バンドマイルス・デイヴィスウディ・ショウアート・ブレイキーマーカス・ミラー
公式サイト www.kennygarrett.com

略歴編集

ケニー・ギャレットは、1960年10月9日にミシガン州デトロイトで生まれた[1]。父親は趣味でテナーサックスを演奏する大工であった[1]。1978年にマーサー・エリントンの指揮の下、デューク・エリントン・オーケストラに加わったとき、サックス奏者としてのギャレット自身のキャリアが始まった[1]。ギャレットはまた、リーダーとしてのキャリアを築く前に、アート・ブレイキーマイルス・デイヴィスフレディ・ハバードウディ・ショウと共演および録音した[1]

1984年、ギャレットはクインテットのバンドリーダーとしてファースト・アルバム『Introducing Kenny Garrett』を、Criss Crossレーベルにてレコーディングした[2]。その年、彼はブルーノート・レコードがプロデュースしたアウト・オブ・ザ・ブルーの創設メンバーとなった[3]。1986年、ギャレットはアート・ブレイキーのザ・ジャズ・メッセンジャーズのメンバーになった。

彼はワーナー・ブラザーズ・レコードとレーベル契約し、1992年のアルバム『ブラック・ホープ』[1]を皮切りに8枚のアルバムを録音した[2] 。ギャレットの音楽は時々アジアの影響を示しており、2006年のグラミー賞にノミネートされたアルバム『ビヨンド・ザ・ウォール』ではその側面がとりわけ顕著である[2]

 
クリスチャン・マクブライド、ジョン・マクラフリン、ヴィニー・カリウタ、ギャレット(2008年)

ギャレットは、2008年頃にチック・コリアジョン・マクラフリンクリスチャン・マクブライドブライアン・ブレイド/ヴィニー・カリウタによる「ファイヴ・ピース・バンド」に参加した[1]。アルバム『ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』は2010年にグラミー賞を受賞した[4]

2011年、ギャレットはマサチューセッツ州ボストンバークリー音楽大学から名誉音楽博士号を授与された[5]。ギャレットは卒業生のために卒業式のスピーチも行った[5]

2012年、ギャレットは2012年のスタジオ・アルバム『Seeds from the Underground』で、最優秀トラディショナル・ジャズ・アーティスト/グループのカテゴリにてソウルトレイン・アワードにノミネートされた[6]。また、2012年には、グラミー賞の最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム部門と最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ部門でグラミー賞にノミネートされ[4]、最優秀ジャズ・アルバム部門にて、NAACPイメージ・アワードにノミネートされた[7]。2013年、ギャレットはサックス奏者・オブ・ザ・イヤー部門にてエコー賞を受賞した[8]

ギャレットのアルバム『プッシング・ザ・ワールド・アウェイ』は、2013年に最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム部門でグラミー賞にノミネートされた[9]

ギャレットはニュージャージー州グレン・リッジの居住者となっている[10]

栄誉編集

2011年:バークリー音楽大学の名誉音楽博士、卒業式のスピーチ担当[5]

影響編集

ギャレットは、「ワシントン・シティ・ペーパー」紙では「彼の世代で最も重要なアルトサックス奏者」[11]と、「ニューヨーク・タイムズ」紙では「チャーリー・パーカーに次ぐ、ジャズで最も称賛されているアルトサックス奏者の1人」と評された[12]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • Introducing Kenny Garrett (1985年、Criss Cross) ※1984年録音
  • 『ギャレット・ファイブ』 - Garrett 5 (1989年、Paddle Wheel) ※1988年録音
  • 『プリズナー・オブ・ラヴ』 - Prisoner of Love (1989年、Atlantic)
  • 『アフリカン・エクスチェンジ・スチューデント』 - African Exchange Student (1990年、Atlantic)
  • 『ブラック・ホープ』 - Black Hope (1992年、Warner Bros.)
  • Stars & Stripes Live (1994年、Jazz Door) ※1993年ライブ録音
  • 『トリオロジー』 - Triology (1995年、Warner Bros.)
  • 『追求〜コルトレーンに捧ぐ』 - Pursuance: The Music of John Coltrane (1996年、Warner Bros.)
  • 『ソングブック』 - Songbook (1997年、Warner Bros.)
  • 『シンプリー・セッド』 - Simply Said (1999年、Warner Bros.)
  • Old Folks (1999年、West Wind) ※with ジョン・スコフィールドマイケル・ブレッカーデヴィッド・フリーゼン
  • Casino Lights '99 (2000年、Warner Bros.) ※オムニバス・アルバム。モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブ
  • 『ハッピー・ピープル』 - Happy People (2002年、Warner Bros.)
  • 『スタンダード・オブ・ランゲージ』 - Standard of Language (2003年、Warner Bros.)
  • 『ビヨンド・ザ・ウォール』 - Beyond the Wall (2006年、Nonesuch)
  • 『スケッチズ・オブ・MD』 - Sketches of MD: Live at the Iridium (2008年、Mack Avenue)
  • Seeds from the Underground (2012年、Mack Avenue)
  • 『プッシング・ザ・ワールド・アウェイ』 - Pushing the World Away (2013年、Mack Avenue)
  • 『ドゥ・ユア・ダンス!』 - Do Your Dance! (2016年、Mack Avenue)

アウト・オブ・ザ・ブルー編集

  • 『アウト・オブ・ザ・ブルー』 - O.T.B. (1985年、Blue Note) ※with ミハエル・フィリップ・モスマン、ラルフ・ボーエン、ハリー・ピケンズ、ロバート・ハースト、ラルフ・ピーターソン
  • 『インサイド・トラック』 - Inside Track (1986年、Blue Note)
  • 『ライヴ・アット・マウント・フジ』 - Live at Mt. Fuji (1987年、Blue Note) ※with ミハエル・フィリップ・モスマン、ラルフ・ボーエン、ハリー・ピケンズ、ラルフ・ピーターソン、ケニー・デイヴィス

参加アルバム編集

ドナルド・バード

  • 『ハーレム・ブルース』 - Harlem Blues (1988年、Landmark)
  • 『ゲッティング・ダウン・トゥ・ビジネス』 - Getting Down to Business (1990年、Landmark)

チック・コリア

  • 『バド・パウエルへの追想』 - Remembering Bud Powell (1997年、Stretch) ※グラミー賞ノミネート
  • ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』 - Five Peace Band Live (2009年、Concord) ※グラミー賞受賞

マイルス・デイヴィス

  • 『アマンドラ』 - Amandla (1989年、Warner Bros.)
  • 『ライヴ・アット・モントルー』 - Miles & Quincy Live at Montreux (1991年、Warner Bros.)
  • 『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』 - Live Around the World (1996年、Warner Bros.)

マーカス・ミラー

  • 『ザ・キング・イズ・ゴーン』 - The Sun Don't Lie (1993年、Dreyfus)
  • 『テイルズ』 - Tales (1995年、Dreyfus)
  • 『ライヴ・アンド・モア』 - Live & More (1997年、GRP)
  • 『M²〜パワー・アンド・グレイス』 - (2001年、Telarc)
  • Dreyfus Night in Paris (2003年、Dreyfus Jazz) ※1994年ライブ録音。with ミシェル・ペトルチアーニビレリ・ラグレーンレニー・ホワイト
  • Panther/Live (2004年、Jazz Door)

マルグリュー・ミラー

  • Wingspan (1987年、Landmark)
  • 『ハンド・イン・ハンド』 - Hand in Hand (1992年、Novus)

マイク・スターン

  • ジーズ・タイムス』 - These Times (2004年、ESC)
  • 『オール・オーヴァー・ザ・プレイス』 - All Over the Place (2012年、Heads Up International)

ジェフ・テイン・ワッツ

  • Citizen Tain (1999年、Columbia)
  • Detained at The Blue Note (2004年、Half Note)

その他

出版物編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Skelly, Richard. “Kenny Garrett: Biography”. Allmusic. 2010年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c Nonesuch Records Beyond the Wall”. Nonesuch.com. 2021年2月9日閲覧。
  3. ^ Out of The Blue”. Blue Note Records. 2020年12月27日閲覧。
  4. ^ a b Awards Nominations & Winners”. Grammy.com (2017年4月30日). 2021年2月9日閲覧。
  5. ^ a b c Kenny Garrett Addresses Berklee's Largest Graduating Class | Berklee College of Music”. Berklee.edu. 2021年2月9日閲覧。
  6. ^ Soul Train Licensing Info”. BET.com. 2021年2月9日閲覧。
  7. ^ Kenny Garrett NAACP Image Award Nomination”. 2021年2月9日閲覧。
  8. ^ Music, Mack Avenue (2013年4月5日). “Kenny Garrett won the Echo Award for saxophonist of the year! Make sure to pick up "Seeds From the Underground."”. Twitter.com. 2021年2月9日閲覧。
  9. ^ Kenny Garrett”. Grammy.com (2019年11月19日). 2021年2月9日閲覧。
  10. ^ "The State of Jazz: Meet 40 More Jersey Greats", The Star-Ledger, September 28, 2003, backed up by the Internet Archive as of September 27, 2008. Accessed September 15, 2017. "Kenny Garrett -- Glen Ridge resident Garrett is a high-energy alto and soprano saxophonist who has played and/or recorded with Miles Davis, the Mercer Ellington Orchestra, Pharoah Sanders and Out of the Blue."
  11. ^ Jazz Setlist, May 31-June 8: The Unfestive Alley”. Washington City Paper. 2021年2月9日閲覧。
  12. ^ Ratliff, Ben (2013年8月25日). “A Young Jazz Singer Reminds Her Elders How It Was Done”. Nytimes.com. 2021年2月9日閲覧。

外部リンク編集