ケニー・クラーク=フランシー・ボラン・ビッグ・バンド

ジャズ・ビッグバンド

ケニー・クラーク=フランシー・ボラン・ビッグ・バンド[1]Kenny Clarke/Francy Boland Big Band)は、アメリカのドラマーであるケニー・クラークベルギーのピアニストであるフランシー・ボランが共同で率いるジャズビッグバンド。彼らはアメリカ国外で結成された最も注目に値するジャズ・ビッグバンドの1つであり、海外生活者やツアー中のアメリカ人と並んでヨーロッパのトップ・ミュージシャンをフィーチャーしていた[2]

ケニー・クラーク=フランシー・ボラン・ビッグ・バンド
Kenny Clarke/Francy Boland Big Band
出身地 フランスの旗 フランス パリ
ジャンル ジャズ
活動期間 1960年 - 1980年
レーベル アトランティック・レコードMPSレコード

略歴編集

アメリカのドラマーであるケニー・クラークベルギーのピアニストであるフランシー・ボランが、1960年にパリでバンドを始めた[3]。セクステットがオクテットとなり、ヨーロッパのミュージシャンとアメリカのジャズ海外生活者を組み合わせたビッグバンドへと拡大した[3]。デビュー・アルバム『ジャズ・イズ・ユニヴァーサル』は1962年にリリースされた[3]

バンドは、スタン・ゲッツズート・シムズデレク・ワトキンスフィル・ウッズとコラボレーションを行った。

参加メンバー編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ジャズ・イズ・ユニヴァーサル』 - Jazz Is Universal (1962年、Atlantic)
  • 『クラーク=ボラン・ビッグ・バンド』 - Handle with Care (1963年、Atlantic)
  • Now Hear Our Meanin' (1965年、Columbia)
  • Swing, Waltz, Swing (1966年、Philips)
  • Out of the Folk Bag (1967年、Columbia)
  • 『サックス・ノー・エンド』 - Sax No End (1967年、SABA)
  • 17 Men and Their Music (1967年、Campi)
  • Jazz Convention Volume 1 (1968年、KPM Music)
  • Jazz Convention Volume II (1968年、KPM Music)
  • Jazz Convention Volume III (1968年、KPM Music)
  • Live at Ronnie’s Album 1: Volcano (1969年、Rearward/Schema)
  • 『アット・ロニー・スコッツ・クラブ』 - Live at Ronnie’s Album 2: Rue Chaptal (1969年、Rearward/Schema)
  • 『オール・ブルース』 - All Blues (1969年、MPS)
  • 『オール・スマイルズ』 - All Smiles (1969年、MPS)
  • 『モア・スマイルズ』 - More Smiles (1969年、MPS)
  • 『ラテン・カレイドスコープ』 - Latin Kaleidoscope (1969年、MPS)
  • More (1969年、Campi)
  • 『フェイセス』 - Faces (1969年、MPS) ※『17 Men and Their Music』再発盤
  • 『フェリーニ712』 - Fellini 712 (1969年、MPS)
  • 『オフ・リミッツ』 - Off Limits (1971年、Polydor)
  • Change of Scenes (1971年、Verve) ※with スタン・ゲッツ
  • The Second Greatest Jazz Big Band in the World (1971年、Black Lion)
  • 『ノーヴェンバー・ガール』 - November Girl (1975年、Black Lion) ※with カーメン・マクレエ、1970年録音
  • Clarke Boland Big Band en Concert avec Europe 1 (1992年、Tréma) ※1969年録音

[4]

映像作品編集

  • Live in Prague 1967 (2008年、mpro Jazz) ※DVD

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ケニー・クラーク/フランシー・ボラン・ビッグ・バンド」「クラーク=ボラン・ビッグ・バンド」等の表記もある。古くは「クラーク=ボラーンの双頭バンド」というのもある。
  2. ^ Berendt, Joachim (1976). The Jazz Book. Paladin. pp. 366–367 
  3. ^ a b c Kenny Clarke-Francy Boland Big Band”. AllMusic. 2019年7月4日閲覧。
  4. ^ Encyclopedia del Jazz: Kenny Clarke accessed September 20, 2016

ソース

外部リンク編集