ケニー・ダルグリッシュ

スコットランドのサッカー選手

サー・ケネス・マティソン・ダルグリッシュSir Kenneth Mathieson Dalglish MBE, 1951年3月4日 - )は、スコットランド出身のサッカー選手サッカー指導者

サー・ケニー・ダルグリッシュ
MBE
Football pictogram.svg
Kenny Dalglish 2009 Singapore.jpg
シンガポールでのダルグリッシュ(2009年)
名前
本名 ケネス・マティソン・ダルグリッシュ
Kenneth Mathieson Dalglish
愛称 ケニー、キング・ケニー
ラテン文字 Kenny Dalglish
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 (1951-03-04) 1951年3月4日(69歳)
出身地 グラスゴー
身長 177cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW(CF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1969-1977 スコットランドの旗 セルティック 204 (112)
1977-1989 イングランドの旗 リヴァプール 355 (118)
通算 559 (230)
代表歴
1971-1986 スコットランドの旗 スコットランド [1] 102 (30)
監督歴
1985-1991 イングランドの旗 リヴァプール
1991-1995 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズ
1997-1998 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド
2000 スコットランドの旗 セルティック (暫定)
2011-2012 イングランドの旗 リヴァプール
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
リヴァプール監督時代のダルグリッシュ(2011年)

1970年代から1980年代にかけてセルティックリヴァプールで活躍。イングランドとスコットランドの両リーグで100ゴールを挙げた最初の選手となり、1983年にはバロンドールの投票で第2位となった[2]。リヴァプールでは通算515試合172ゴールの成績を残した[3]

スコットランド代表としては、キャップ数、ゴール数ともに同代表史上最多(ゴール数はデニス・ローとタイ)の102キャップ30ゴールを記録している[1]

経歴編集

プロテスタントの家庭に生まれ、アイブロックス・スタジアムの近所で育ったダルグリッシュは幼いころからレンジャーズのファンであった。しかし、レンジャーズからの誘いはなく他クラブのトライアルにも落ち、レンジャーズの最大のライバルであるセルティックに入団することになった。1967年に契約、1969年にプロデビューを果たす。1971-72シーズンからレギュラーに定着。

1977年ハンブルガーSVに移籍したケヴィン・キーガンの後釜として、440,000ポンドという当時のイングランド史上最高額でイングランドリヴァプールに移籍[4]。2度の得点王を獲得し、7回のリーグ優勝と3回のチャンピオンズカップ優勝などに貢献(特に1978年チャンピオンズカップ決勝のブルージュ戦で決勝ゴールを決めた[5]。 1981年のリーグカップ決勝アストン・ヴィラ戦でもゴールを決め2-1での勝利に貢献した。)リヴァプールのサポーターからは愛され、キング・ケニー(King Kenny)のニックネームで呼ばれた。イアン・ラッシュがレギュラーを獲得してツートップを組む様になるとゲームメーカーとしてプレーした[4]

スコットランド代表では1971年から1986年までプレー。1974年のワールドカップ予選、1972年11月15日のデンマーク戦で代表初ゴールを決め、FIFAワールドカップには3大会連続(1974年1978年1982年)で出場した。1978 FIFAワールドカップではオランダ戦で、1982 FIFAワールドカップではニュージーランド戦でゴールを決めた。

1985年ヘイゼルの悲劇の直後に辞任したジョー・フェイガン監督に代わってリヴァプールの選手兼監督に就任。1985-86シーズンにはリヴァプールを初となるリーグとFAカップの二冠に導いた。1991年10月からはブラックバーン・ローヴァーズの監督を務め、1992-93シーズンに同クラブを久々の最上位リーグ昇格へ、1994-95シーズンは81年ぶりとなるリーグ優勝へ導いた。

ニューカッスルでは1月から途中就任し、チャンピオンズリーグ出場権内に導くが、夏のオフで独断で主力を放出し補強を断行すると、シーズン開始後から低空飛行を続け、解任された。このシーズンからニューカッスルが低迷期を迎えたことや、主力の放出でチームが弱体化したことから、未だにニューカッスルのサポーターには恨まれている。

2000年の一時期に古巣のセルティックの暫定監督を務めて以降現場からは離れていたが、2011年1月8日、退任したロイ・ホジソン監督に代わり、リヴァプールの監督に復帰した[6]。2010-11シーズン終了までの契約だったが、就任した時点で下位に低迷していたチームを最終的に6位にまで押し上げ、5月12日には2014年までの3年契約を結んだ[7]。2011-12シーズンはカーリングカップ優勝[8]FAカップ準優勝とカップ戦では結果を残したものの、リーグ戦では8位に低迷。3シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得られず[9]、シーズン終了後の2012年5月16日に解任された[10][11]

2013年10月、非常勤執行取締役としてリヴァプールに復帰[12]。2017年10月13日、クラブへの多大な貢献が称えられ、アンフィールドの「センテナリー・スタンド」が「サー・ケニー・ダルグリッシュ・スタンド」に正式に改称された[13]

個人成績編集

代表での成績編集

出典[1]


スコットランド代表国際Aマッチ
出場得点
1971 2 0
1972 2 1
1973 9 1
1974 11 4
1975 10 2
1976 6 3
1977 10 7
1978 10 3
1979 9 1
1980 8 1
1981 4 1
1982 8 4
1983 4 0
1984 3 2
1985 3 0
1986 3 0
合計 102 30

監督成績編集

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
リヴァプール 1985年5月30日 1991年2月21日 307 187 78 42 060.9
ブラックバーン・ローヴァーズ 1991年10月12日 1995年6月25日 196 103 46 47 052.6
ニューカッスル・ユナイテッド 1997年1月14日 1998年8月27日 78 30 22 26 038.5
セルティック (暫定) 2000年2月10日 2000年6月1日 18 10 4 4 055.6
リヴァプール 2011年1月8日 2012年5月16日 74 35 17 22 047.3
合計 673 365 167 141 054.2

タイトル編集

タイトル編集

  • リヴァプール
    • リーグ優勝 1978-79, 1979-80, 1981-82, 1982-83, 1983-84, 1985-86
    • チンピオンズカップ 1977-78, 1980-81, 1983-84
    • FAカップ 1985-86
    • リーグカップ 1980-81, 1981-82, 1982-83, 1983-84
    • ヨーロッパスーパーカップ 1977

個人タイトル編集

監督としてのタイトル編集

  • イングランドリーグ: 4回 (1985-86, 1987-88, 1989-90, 1994-95)
  • FAカップ: 2回 (1985-86, 1988-89)
  • リーグカップ: 1回 (2011-12)
  • チャリティ・シールド: 4回 (1986-87, 1988-89, 1989-90, 1990-91)
  • スコットランドリーグカップ: 1回 (1999-2000)
  • プレミアリーグ月間最優秀監督: 2回 (1994年1月、1994年11月)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Scotland - Record International Players”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2014年6月15日閲覧。
  2. ^ a b Ballon d’Or Winners-liveabout.com
  3. ^ Kenny Dalglish”. Liverpool FC. 2020年3月24日閲覧。
  4. ^ a b トヨタカップ 1984 公式パンフレット リヴァプール VS インデペンディエンテ P.27
  5. ^ Liverpool's European odyssey”. BBC. 2020年3月24日閲覧。
  6. ^ “Roy Hodgson exits Liverpool & Kenny Dalglish takes over”. BBC Sport. (2011年1月8日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/l/liverpool/9350630.stm 2011年1月8日閲覧。 
  7. ^ Kenny signs three-year deal”. Liverpool F.C. (2011年5月12日). 2011年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月12日閲覧。
  8. ^ “Cardiff City 2 Liverpool 2; Liverpool win on penalties”. The Daily Telegraph (London). (2012年2月27日). https://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/league-cup/9103560/Cardiff-City-2-Liverpool-2-Liverpool-win-on-penalties-match-report.html 2012年2月27日閲覧。 
  9. ^ Panja, Tariq (2012年5月17日). “Liverpool Fires Dalglish After Worst League Finish in 18 Years”. Bloomberg. オリジナルの2012年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120620150347/http://www.bloomberg.com/news/2012-05-16/liverpool-manager-dalglish-fired-after-worst-finish-in-18-years.html 2012年5月19日閲覧。 
  10. ^ “Kenny Dalglish sacked over Luis Suarez row – Sir Alex Ferguson”. BBC Sport. (2012年7月20日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/18920957 2018年10月4日閲覧。 
  11. ^ “Kenny Dalglish sacked as Liverpool manager”. BBC Sport. (2012年5月16日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/18073446 2017年3月29日閲覧。 
  12. ^ “Kenny Dalglish returns to Liverpool on board of directors”. BBC Sport. (2013年10月4日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/24407211 2017年3月29日閲覧。 
  13. ^ Liverpool FC officially unveil the Kenny Dalglish Stand”. Liverpool F.C.. 2017年10月13日閲覧。

外部リンク編集