メインメニューを開く

ケニー・バレルKenny Burrell, 1931年7月31日 - )はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズギター奏者。

ケニー・バレル
Kenny Burrell, 1977.jpg
ケニー・バレル
基本情報
生誕 (1931-07-31) 1931年7月31日(88歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市
担当楽器 ギター

バイオグラフィ編集

大学で音楽を学んだ後1951年ディジー・ガレスピー楽団に入りその後初レコーディング、デビューした。1955年ニューヨークで活動を始め、この頃ブルーノートのプロデューサーであるアルフレッド・ライオンの目にとまり、1956年3月にリーダー作をレコーディングした。以後、ブルーノートやヴァーヴ・レコードをはじめとする他のレーベルでも、ブルースに根ざしたプレイで活躍した。ピアニストのトミー・フラナガンは同じデトロイト出身の幼馴染であり、数多くの共演を残している。

歌も上手く、「Weaver Of Dreams」などのアルバムでその歌声を披露している。

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
  • Heritage(1980年5月録音)(Audio Source/Voss) 1980年
  • Listen to the Dawn(1980年12月録音)(Muse) 1983年
  • Groovin' High(1981年7月録音)(Muse) 1984年
  • Ellington a la Carte(1983年8月19日、20日録音) (Muse) 1991年(ライヴ)
    • A la Carte(1983年8月23日録音)(Muse) 1993年(ライヴ)
  • グローヴァー・ワシントン・ジュニアと共同名義, 『トゥゲザリング』 - Togethering(1984年4月録音)(Blue Note) 1985年
  • 『3ギターズ・アット・ヴァンガード』 - Generation (Blue Note) 1986年 (featuring the Jazz Guitar Band)
  • Pieces of Blue and the Blues(1986年録音)(Blue Note) 1988年 (featuring the Jazz Guitar Band)
  • Guiding Spirit: Recorded Live at the Village Vanguard (Contemporary) 1989年(ライヴ)
1990年代
  • Sunup to Sundown (Contemporary) 1991年
  • Midnight at the Village Vanguard (Evidence) 1993年
  • Then Along Came Kenny: Live at the Village Vanguard (Evidence) 1993年(ライヴ)
  • Lotus Blossom (Concord) 1995年
  • Live at the Blue Note (featuring the Jazz Heritage All Stars) (Concord) 1996年(ライヴ)
  • Love is the Answer (featuring the Boys Choir of Harlem) (Concord Concerto) 1997年
2000年代
  • Lucky So and So (Concord) 2000年
  • Blue Muse (Concord) 2002年
  • The Ralph J. Bunche Suite (UCLA Ethnomusicology) 2006年
  • 『オール・ブルース』 - 75th Birthday Bash Live!(2006年7月、8月録音)(Blue Note) 2006年(カルフォルニア州サンタクルーズ「Kuumbwa Jazz Center」におけるライヴ with the Gerald Wilson Orchestra)
  • Be Yourself: Live at Dizzy's Club Coca-Cola(2008年9月9日録音)(HighNote) 2010年(ニューヨーク市「Dizzy's Club Coca-Cola」におけるライヴ)
  • Tenderly: Solo Guitar Concert(2009年11月録音+2007年、2008年録音)(HighNote) 2011年(2009年11月録音はカルフォルニア州パサデナにおけるライヴ)
2010年代
  • Special Requests (and Other Favorites): Live at Catalina's (HighNote) 2012年(ライヴ)
  • The Road to Love (HighNote) 2015年(ライヴ with special guest: Barbara Morrison
  • Unlimited 1: Live at Catalina's (HighNote) 2016年(featuring the Los Angeles Jazz Orchestra)(ライヴ)

サイドメン作品(一部)編集

  • Bright's Spot/Ronnel Bright(1956)
  • Bass On Top/Paul Chambers(1957)
  • Kenny Burrell & John Coltrane(1958)
  • Chris In Person/Chris Connor(1959)
  • Chet/Chet Baker(1959)
  • Midnight Special/Jimmy Smith(1961)
  • Here's Love/Hank Jones(1963)
  • Fusion/Wes Montgomery With Strings(1963)
  • Soul Sauce/Cal Tjader(1964)
  • Sylvia Is!/Sylvia Syms With Kenny Burrell(1965)
  • Organ Grinder Swing/Jimmy Smith(1965)
  • Got My Mojo Workin'/Jimmy Smith(1965)
  • Quintessence/Bill Evance(1976)
  • Melodies Of Love/Salena Jones(1980)
  • Beyond The Blue Bird/Tommy Flanagan(1990)
  • Sentimental Journey/David Matthews Trio(1993)
  • Concierto De Aranjuez/Kenny Burrell & Stanley Gilbert Quartet(1995)
  • Dear Ella/Dee Dee Bridgewater(1997)
  • Portraits In Jazz And Clave/Ray Barretto(1999)
  • Fragrance/Kaoru Nakasone(1999)
  • Some Of My Best Friends Are...Guitarists/Ray Brown Trio(2002)