ケビン・サンダーソン

ケビン・サンダーソン(Kevin Saunderson、1964年9月5日 - )は、アメリカテクノミュージシャンDJである。

ケビン・サンダーソン

来歴編集

テクノシーンにおけるキーマンの一人とされ、ホアン・アトキンス[1]デリック・メイらと共にデトロイト・テクノ創始者に一人に数えられる。ニューヨーク州ブルックリン生まれ。後ミシガン州デトロイトに引越し、高校でアトキンス、メイと同級生となる。この間に音楽的影響を受け、音楽活動を開始する。 音楽活動初期は、他の2人と異なりボーカルが存在するバンド活動もしていた。Tronik HouseReese ProjectEssarayE-Dancerそして商業的に最も成功したInner Cityである。インナーシティでは『ワッチャ・ゴナ・ドゥ・ウィズ・マイ・ラヴィン』が注目を集めた。この曲は、ステファニー・ミルズのR&Bヒットのカバーである。現在はDJ活動、ソロ活動を行っている。また自身のレーベルKMSレコードも運営している。

関連項目編集

脚注編集