ケビ・アルマ・ラレテイ(Käbi Alma Laretei[1], 1922年7月14日[2] - 2014年11月1日[3][4])は、エストニアピアノ奏者[5][6]

タルトゥ出身。1936年にタリン音楽院に入学し、アイノ・コルブにピアノを学んだ。1940年にエストニアがソビエト連邦に占領されたのを受けてスウェーデンに亡命したが、スウェーデン国籍を持っていなかったことでストックホルム王立音楽院で学ぶことはかなわず、エドゥアルド・トゥビンに音楽理論、アニー・フィッシャーやマリア=ルイーザ・シュトループ=モレスコ等にピアノをそれぞれ師事。またスイスでエトヴィン・フィッシャーやパウル・バウムガルトナー等にピアノの指導を受けた。1945年からストックホルムで演奏活動を始める。1950年から1959年まで指揮者のグンナー・ステーンと結婚。1959年からイングマール・ベルイマンと再婚し、1969年に離婚した。

ストックホルムにて死去。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ skbl.se - Käbi Alma Laretei”. 2020年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月25日閲覧。
  2. ^ “Käbi Laretei, concert pianist - obituary”. Telegraph. (2015年1月27日). オリジナルの2015年1月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/0VocD 2015年1月27日閲覧。 
  3. ^ In memoriam: Käbi Laretei”. 2020年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月25日閲覧。
  4. ^ 命日を10月31日とする資料もある。(Kui Ingmar Bergman jättis Bibi Anderssoni ja valis Käbi Laretei”. 2020年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月25日閲覧。)
  5. ^ ケビ・ラレテイ - Discogs
  6. ^ ケビ・ラレテイ - インターネット・ムービー・データベース(英語)