メインメニューを開く

ケプラー438英語: Kepler-438)は、地球から470光年離れたこと座の方向にある恒星である。2015年ケプラー宇宙望遠鏡の観測により、地球に最もよく似た太陽系外惑星ケプラー438bが発見された[6]

ケプラー438
Kepler-438[1][2][3][4]
ケプラー438bの想像図
ケプラー438bの想像図
星座 こと座
視等級 (V) 11.199±0.02(Kバンド)[1]
分類 K型主系列星
軌道の種類 銀河系を周回する周回軌道
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 18h 46m 35.00s[1][2][2]
赤緯 (Dec, δ) +41° 57′ 03.9″[1][4]
距離 472.7+65.2
−74.98
ly
(145+20
−23
pc[1][3])
物理的性質
半径 0.52+0.038
−0.061
R[1][4]
質量 0.544+0.041
−0.061
M[1][4]
平均密度 5.52+1.53
−0.77
g/cm3[1]
表面重力 4.74+0.059
−0.029
cgs[1][4]
スペクトル分類 K[5]
光度 0.03795 L[5]
表面温度 3748±112 K[1][2][3][4]
金属量[Fe/H] 0.16±0.14[1][2][3][4]
年齢 4.4+0.8
−0.7
Gyr[1][3][4]
別名称
別名称
KOI-3284
KIC 6497146
2MASS J18463499+4157039
WISE J184634.98+415704.0
Template (ノート 解説) ■Project

恒星 編集

大きさの比較
太陽 ケプラー438
   

ケプラー438は質量半径共に太陽の半分しかない、スペクトル型がK型の主系列星であるとされている。表面温度は3748K(3475℃)と太陽(5778K)と比べて、非常に冷たい。ケプラー438は誕生から37~52億年が経過している考えられている。これだけ長い時間があれば、惑星ケプラー438b生命が存在する可能性がある。ケプラー438のハビタブルゾーン(液体の水が存在できる領域)は、ケプラー438から0.159~0.407AU離れた位置にある[5]

惑星系編集

惑星ケプラー438bは、地球の1.12倍という極めて地球に近い半径を持つ。ケプラー438bは前述のケプラー438のハビタブルゾーンの内側の縁付近を公転しているため、表面に液体の生命が存在する可能性が高いとされている。

ケプラー438の惑星[1]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 0.166+0.051
−0.042
35.23319+0.00025
−0.00029
>0.03+0.10
−0.03
89.86+0.14
−0.32
°
1.12+0.16
−0.17
 R

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m NASA Exoplanet Archive:Kepler-438b”. NASA (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e Extrasolar Planet Encyclopaedia:Kepler-438”. The Extrasolar Planet Encyclopaedia (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e Open Exoplanet Catalogue:Kepler-438”. Open Exoplanet Catalogue (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h TEPCat:Kepler-438”. TEPCat (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  5. ^ a b c Planetary Habitability Laboratory - HEC:Graphical Catalog Results”. Planetary Habitability Laboratory. 2015年10月14日閲覧。
  6. ^ NASA's Kepler Marks 1,000th Exoplanet Discovery,Uncovers More Small Worlds in Habitable Zones”. JPL Propulsion Laboratory (2015年1月6日). 2015年10月14日閲覧。

関連項目編集