ケルキュオーン古希: Κερκυών, Kerkyōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してケルキュオンとも表記される。主に、

  • ブランコスの子
  • アガメーデースの子
テーセウスとレスリングで戦うケルキュオーン。画家アイソーンen)によるアッティカ赤絵式キュリクス(一部)。スペイン国立考古学博物館所蔵。

が知られている。以下に説明する。

ブランコスの子編集

このケルキュオーンは、ブランコスとニュムペーのアルギオペーの子[1]。あるいはヘーパイストスの子[2]。あるいはアムピクテュオーンの娘とポセイドーンの子で、トリプトレモスと異父兄弟、娘アロペーの父[3][4]

ケルキュオーンはエレウシースで旅人にレスリングの試合を強い、負けた者を殺していた。しかしテーセウスアテナイに向かう途中にケルキュオーンを殺した。テーセウスはレスリングの技で殺したとも[1][5][6]、武器で殺したともいわれる[2]

またケルキュオーンは娘アロペーが密かにポセイドーンの子ヒッポトオーンを生んだので、怒ってアロペーを殺した。エレウシースにはケルキュオーンの娘アロペーの墓と、ケルキュオーンがレスリングに使った競技場が残っていたという[6]

アガメーデースの子編集

このケルキュオーンは、アルカディアー地方の王ステュムパーロスの子アガメーデースの子で、ヒッポトオスの父である。アルカディアー地方の王権はトロイア戦争に参加したアガペーノールの手に渡ったため、ケルキュオーンは権力を持つことはなかったが、アガペーノールが帰国しなかったとき息子のヒッポトオスが王となった[7]

脚注編集

  1. ^ a b アポロドーロス、摘要(E)1・3。
  2. ^ a b ヒュギーヌス、38話。
  3. ^ パウサニアス、1巻5・2。
  4. ^ パウサニアス、1巻14・3。
  5. ^ プルタルコス「テーセウス伝」11。
  6. ^ a b パウサニアス1巻39・3。
  7. ^ パウサニアース、8巻5・4。

参考文献編集