メインメニューを開く

ケルト音楽(ケルトおんがく)とは、レコード会社、音楽メディア、ジャーナリズムなどによって西ヨーロッパケルト人達の民族音楽から発展し、継承されていった幅広い音楽のジャンルを総称する音楽用語である。特にバグパイプ使用など、民族音楽色が濃いミュ-ジシャンが、このジャンルの代表格とされている。

目次

概要編集

厳密には、ケルト音楽と言われているものが文化的にケルト民族に起源を発するかどうかは定かではないが、広く用いられている言葉である。また口承された伝統音楽から、ポピュラー音楽まで、幅広い音楽を指すとされる。後者の場合は、ケルト人の民族文化の表層すら感じられない音楽も存在する。

ケルト音楽は、地域的にはブリテン諸島(アイルランドスコットランドウェールズコーンウォルなどを含む)から、フランスブルターニュスペインガリシア地方[1]アストゥリアス地方、北東ポルトガル、そしてカナダ(特にケープ・ブレトン島)やアメリカなどに住む、民族的にケルト人と区分される区域からの移住者が行う音楽まで広がりを見せる。そして通常ケルト音楽といえばスコットランド音楽アイルランド音楽を連想する事も多いが、これらはケルト音楽とカテゴライズされる以前に既にジャンルとして存在していた。70年代にクラナドやプランクシティが活躍したことから、ケルト音楽が音楽業界で徐々に認識されるようになってきた。ブルーアイド・ソウルのヴァン・モリソン、ポピュラーのシニード・オコーナー、アイリッシュ・パンクのポーグズらもアイルランド出身である。

代表的なミュージシャン・アーティスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://spainismusic.com/celtic-music-in-galicia/
  2. ^ CELTSITTOLKE Official Website”. www.beatshop.co.jp. 2018年6月29日閲覧。

関連項目編集